May 11, 2008

情熱大陸「勝間和代さん」と永代経

先程、情熱大陸を見ました。
普段、この時間はあまりてれびを見ないのですが、たまたま新聞を見たら「勝間和代さん」の特集だったので。

今本屋に行けばベストセラーがずらり、ですよね。本や雑誌では日常生活や仕事の仕方など呼んだことはあったのですが、やはり文字と映像ではちがいますね。

30分の番組でしたが、やはりすごい人なんだなーと思いました。
一番印象に残ったのは、「自分の子供が、孫が大人になった時、日本が幸せな国であってほしい」ということ。
(若干ニュアンスは違ってるかもしれませんが、、、、)

これは私も同じですねー。
地球は未来の子孫たちからの借り物であると、以前あるメンターから教わりました。借り物である以上、きちんとした状態で返さないとね。どうも、今の日本はその考えがちょっとたりないかも。

勝間さんのいう効率化で、自分のやりたいことをしながら、地球や環境に、人間環境によくなればいうことなしですよね。

どんどん効率化して、自分にとって大切な時間を増やし、精神的にも経済的にも安定した人生を歩んでいきたいですね。

ちなみに、今日は永代経でした。
ご先祖の遺徳を偲び、私たち自身が聞法に励んで、今度はその法灯を子孫に伝えていく行事なのですが、子供や孫が日本に住んでよかったなー、うまれてきたよかったなーという世の中であればいいなーと願ったところだったので、勝間さんの発言を聞いてちょっとしたシンクロを感じました。

ちなみに永代経について
『永代経』とは、よく聞かれますが、そのような名前のお経があるのではありません。「永代に渡ってお経が読まれる」という意味から、そうよばれているだけです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2008

本田健メンタープログラム第7期

本田健メンタープログラム第7期

アイウエオフィスから、「本田健メンタープログラム第7期」の資料が届きました。
この手の資料は無料だったのに、今回からは2000円必要とのこと。

なんでも、1000人近く希望しているとか。確かに紙ひとつ、気を使っているから、なんでも無料で配るのはよくないんだろうなー、と納得。この資料、2000円で高いとみるか、安いとみるか。人それぞれでしょう。
というか、メンタープログラムに申し込もうという人が2000円けちるとは思えないので、最初の振り分けなんでしょうね。すごーく、上手です。

実際何人申し込むのかわかりませんが、400人申し込んで40人採用なら競争率10倍か。すごいなー。実際はそれほど申し込まないかな?

この申し込む、応募する、とうのはとても、わくわくどきどきするものえす。

ベストセラーとなった、「夢をかなえるゾウ」でもガネーシャの最後の課題で出てきましたね。

応募する。

本当に自分のセンターに近いものほど怖いです。

どうでもいいのはこわくない。男女関係を思うと理解できますね。ふられてもどうでもいい子なら気にしない。ふざけ半分で告白できる。でも、本命の娘ならに・・・・・ふられたら嫌だから、告白しない・・・・かもしれない。

このわくわくどきどき、久しぶりに体験してみようかな。

自分のコンフォートゾーンを、いまいちどチェックするいい機会ということかもしれないね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2007

本田健の2007年最初のセミナー! 「豊かさの感性を高める」セミナー in 大阪」

いよいよ明日は 「豊かさの感性を高める」セミナー in 大阪」ですね。
http://www.aiueoffice.com/Main.cfm?PID=Seminar

本田健ちゃんの2007年最初のセミナー!です。

ワクワクドキドキ。

~ライブで「幸せと豊かさ」の感性をお伝えします~

といっているように、ライブならではのQ&Aが楽しみです。

Q&Aについては明後日の

本田健があなたの質問にお答えする「Q&A会」 in 大阪
~2007年1月 あなたの「お金」の疑問をクリアーにしよう~

もあるのでそちらも楽しみです。


セミナーでは次のようなテーマを扱います。
★好きな事をやってそれをお金に結びつけるための法則。
★人生と社会の法則。
★お金の本質とその法則。
★お金のIQ・EQを高める法則。
★豊かさの源泉につながり、お金の流れを引き込む秘訣。
★自分の現在地を知り、今後の方向性を明確にする。
★幸せな小金持ちになるための実践的法則。

どれもこれも確実にうけとめて自分のものとして持ち帰りたいものばかりです。

明日は、お手伝いもするので5時おきで早めに行きます。

いつもと違い、会場の後方に座り、みんなのエネルギーも楽しもうと思います。
また、スタッフの動き方、考え方ももばっちり盗んできます。


セミナー後のパーティ、健ちゃんとの二次会は楽しみにしていたのですが、
神戸で別件があるので残念ながら欠席です。

新しい出会いもあると思うし、今からたのしみです。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

March 27, 2006

ハッピーライフセミナー

今日は友人のセミナー講師のお手伝いをしてきました。

「ハッピーライフセミナー 会場はこちら」という紙を持って道路に立つのが最初は恥ずかしかったです(笑)

でも、本当に皆さん素敵な人が来てくれてすばらしいセミナーでした。

関西圏はともかくとして、東京、岐阜、名古屋、岡山など遠方からもおこしいただきました。

これまでセミナーに参加してきましたが、スタッフとしての参加は初めてでした。

スタッフについて、あまり考えていませんでしたが、奥がふかいです。これまで、セミナー後のアンケートでスタッフのことを書いたことはありませんでした。次回のセミナーは4月の本田健さんのセミナーですが、スタッフの動きをよく見ておこうと思います。また、受け取ったことは素直にアンケートなどで伝えていこうと思います。

セミナーの醍醐味は講師から教わることはじつは半分くらいと思っています。
参加された方との交流が残りの半分です。今回も濃い人たち(笑)から多くのことを学びました。ありがとうございます。

特に印象に残ったのは、9ステッパーの人たちの健康法です。「病気にならない生き方」という本を読んだ直後だったし、今本田さんがメキシコでそのような両方をしていることも知っていたので興味ありました。そのあたりのことを実体験も交えて食事、運動など教えていただきました。

一日6リットルも飲んでいるそうです。
明日から水を飲もうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2005

若い投資家だけの最強の株運用法スロー投資入門

若い投資家だけの最強の株運用法スロー投資入門
suro-tousi
価格: ¥1,470 (税込)

書籍データ
単行本: 221 p ; サイズ(cm): 19
出版社: アールズ出版 ; ISBN: 4901226959 ; (2005/04)


出版社/著者からの内容紹介として、
「短期で大儲け」の風潮に真っ向から挑むスロースタイル&ローリスクの資産形成術。どんな低迷相場でも着実に利益を重ねてきた投資記録をすべてオープンにした実践的入門書。
と書いてあります。

カバーには、損切りなんて必要ない。徹底した買い下がりで、損切りは無用。バブル崩壊後15年、長期下落・低迷相場の環境で、評価損にも損切りゼロ。年平均37%の利食い率を継続。勝率100%は当たりまえ。お金がない、経験が少ない若い投資家に恩恵は絶大の最強の株式運用法だ。とかかれておりどんな方法だろうとついつい手に取ってしまいました。

基本は、特別な銘柄選びにこだわらず、ポイントは、「安値ゾーン狙い」たった一点という徹底した投資法です。
「安値ゾーン狙い」と「徹底した買い下がり」で、値下がり銘柄を少しずつ買い集めたら資産が着実に増えると言うものです。
そして、お金が無い20-30代の人に勧めています。
お金と時間があればこの投資法もいいと思います。

自分としては、キャッシュポジションの問題、つまり買い下がりのお金が続かなくなることと、精神的な問題で難しいのではと思います。

今はバリュー株投資や成長株投資なども勉強しているので、どうせなら資産に裏づけがあって安値の株を狙う、とか、成長バリューの株に投資して短期間で資産を増やすなど組合わせるともっと良いのではと感じます。

ただし、著者は地震の取引成績を出版社に提出しており、本の内容が間違いなことまで示しています。
実績はすばらしいと思います。投資法ではなくこの本で学んだことは、きちんと投資記録ノートをつけるということです。

著者は下記のような記録を克明につけています。

1.保存台帳

2.投資整理表
 ・どんこ(取引整理表)
 ・利食い実績一覧
 ・保有銘柄明細
 ・保有銘柄買い平均値

3.成績表
 ・年間損益推移表
 ・資産チェック表

1は投資記録の蓄積、2は常に身近においておき、3は年に一度見直す、と言うものです。


何事も現在地の把握から始まります。

今、自分がどこにいるのか、どういう状態にあって、どこを目指しているのか?

著者がきちんと成績を上げているのもこういう地道な作業があってこそと思います。

投資手法はいろいろありますが、勝ち組の方はきちんと記録をつけていると教わったことがあります。
私も自分なりに記録をつけていますが、短期の記録だけでなく長期の記録もつけていくようにしようと思いました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)