« 天外伺朗さんにあった! | Main | MAN社のファンドもピンチ? »

October 08, 2008

ノーベル賞と自分の「好き」

目や耳からインプットする情報は大切です。

株価が下落、不況だといって、心の中まで不況になってはいけません。

今が絶好の買い場です・・・(投資は自己責任で)

ダビンチ一万円わってたんですね。しりませんでした。あー、ショックですね。

しかし、理系研究者としてはうれしいニュースです。

南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏の3名が、ノーベル物理学賞を同時受賞されました。

本当におめでとうございます。資源のない日本が技術立国を目指すうえで、どれだけ若い人に勇気や夢や希望をあたえることでしょう。毎日素晴らしいニュースを流してほしいものです。

♪がんばれニッポン、頭のいい国ニッポン

それにしても、いつも思うのは、ほんとうに認められる研究をする人は、こころから研究が好きなんだなーということ。

業績の面ではもちろん競争していますが、ひとと争わず、比べず、あせらず、あきらめず、信念を貫く。

これを長年継続できる人が最後には大きな勲章を手にするんだなーと。

3人を見ていて思うのは、恩師を大切にし、若い人の栄誉をたたえ、お互いが相手を尊重していること。
自分以上に恩師の先生が受賞されたことをたいへん喜ばれていたのがとても印象的でした。

どちらかというとあまりお金にならない分野だけど、研究が好きなんだろうな、と容易に類推できます。
辛くて苦しい時もあるけど、基本的に好きなことをやっているから苦にならない。
どんな時も自分らしく自分の内なる心に従う。できそうでなかなかできないね。

やはり、自分の「好き」を大切にしよう。
好きなことをやっているとパワーが出ます。好きなことをやっている人の周りには、やはり人が集まってきます。

好きでしょうがない、ワクワクしてたのしい。毎日そうやって、仕事をする生活ってどんなに素敵でしょう。

幸せな経済自由人は、おそらく世界不況とは無縁でしょう。
大好きな仕事と大好きな人たちに囲まれる。
楽しいから、肉体的につらくても精神面は充実しています。
お客さんの笑顔を見たくて、ついつい一生懸命やってしまう。
楽しいから、みんなでワイワイやって継続すr。
結果、お金も付いてくる。

世の中でいう、成功するって実は簡単なことなのかもしれないですね。

自分の「好き」を大切にする。

自分の心の声を静かにじっと聞いてみることが必要なのかもしれないですね。

自分の、本当に「好きなこと」をやっていますか?

日常忙しくてそんなことできない、という人も、5分でいいので、実践してみてください。

人生、変わるかもしれませんよ。

|

« 天外伺朗さんにあった! | Main | MAN社のファンドもピンチ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/42728958

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル賞と自分の「好き」:

« 天外伺朗さんにあった! | Main | MAN社のファンドもピンチ? »