« 情熱大陸「勝間和代さん」と永代経 | Main | 理系のための人生設計ガイド »

May 21, 2008

捨てる神あれば拾う神あり

今、いくつかの私塾にはいって勉強しています。

継続するかどうか、お金や時間の都合もあって悩みどころです。短期間の結果を取るか、人脈や将来性をとるか、この感情の揺れを楽しんでいるところもあるのかな。

また新しくメンタープログラム第7期なるものも応募したけれど、
「結果は20日になったら連絡します」とあったけど、連絡ないので落選か。。。

私塾で学ぶというのは、ある意味依存が入ってしまうので、そのようなことはもう必要ない、ということかもしれません。インプットよりアウトプットしなさいということかも。

『夢をかなえるゾウ』で印象に残ったのが応募するということ。
応募してからの自分の内面の思いや感情のゆれがけっこうおもしろかった。落選ということでそれほど落胆していないのが意外に不思議。まあ、自分なりに今年やっていくのはかわらないで。

でも、やっぱりちょとさみしいなかー、なんておもっていたらあるメールが。

以前、応募したとある昼食会に招かれることになりました。

抽選倍率から考えるとこちらのほうが難しいはず。捨てる神あれば拾う神あり、なんだなーと。

別にアイウエオフィスが捨てたわけではないけれど、今の自分にはこちらのほうが必要なんだということでしょう。今の私の辞書に偶然という言葉はないので。

やっぱり応募する、自分の意思を表明するのは大切だと思いました。応募してないと、こういうてんかいになっていないでしょうから。

で、あとは日程調整。食事のためだけに、東京まで出かけるなんて、数年前は考えられなかったけど今はよくあること。

こういうふうに考えている自分に正直あきれる。でも、なんとかなるはず。楽しみですなー。

結果はこのブログがどこかのサイトにのせることにしよう。(OKが出ればの話ですが)


|

« 情熱大陸「勝間和代さん」と永代経 | Main | 理系のための人生設計ガイド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/41282749

Listed below are links to weblogs that reference 捨てる神あれば拾う神あり:

« 情熱大陸「勝間和代さん」と永代経 | Main | 理系のための人生設計ガイド »