« 0322康師伝控股(ティンイー)と1138中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント) | Main | レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳 »

April 26, 2008

「仕組み」仕事術のその後と勝手な希望

今年は4月から新たな取り組みをいくつか継続中。

新しい仕事やビジネス。
仕事の新たな仕組み作り。
若手への仕事のやり方を通したかかわりあい。
システムトレード
コーチング・カウンセリング
レバレッジオーガナイザー
しあわせノート(笑)

この「継続中」、すなわち止めていないということに書いている本人がびっくりですね。GWで中だるみしないようにしないと。

新たな仕組みとしては、「仕組み」仕事術を読んで、いくつか実施中。

「仕組み」仕事術の中身自体はすでに知っている、一部は実践中と最初はあまり気にしていませんでした。

ただ、いくつかシンクロがあって取り組むことにしてみました。読み返せば、著者のやり方はさすがにすごいと感じる点が多々あったんですね。

著者の仕組化の取り組みはかなり徹底されている。そのあたりを少し見習いたいと思ったことも一つ。

おそらく読んだ多くのサラリーマンがそんなことは知ってるよ、と思って実践していないんだろうな。

セミナーに出て実践する人は1割。
そして、継続する人がその中の1割。
結果的に100人に1人しか成功しない、というのもうなずける話ですね。
日本には億万長者が100万人はいるそうですが、1億人の100分の1ですね。

ということもあって、本書を参考に、データ管理、共同作業など仕組み化を取り入れてます。そしてシステムトレードも。今のところ継続中です。

●データ管理
これは基本中の基本だけどもう一度見直し。
本書で書かれいた以下のようなことを実施中。
・PCは一台をとことん使う
・なんでも放り込む
・フォルダを細かく分けすぎず、ファイル名にルールをつくる
・「その他」フォルダを作る
・バックアップも仕組化

仕事用のノートパソコンもレッツノートの新型に買い替え。今の自宅用と比べるとさすがに速くて快適。
年収10倍シリーズの勝間さんもレッツノートっていったなあ。これで4代目。

デスクトップとも併用していたけれど、デスクトップはバックアップマシンと割り切り、レッツノートを徹底活用中。

フォルダ分けやファイル名のルールはすでに実践していましたが、さらに文書をpdf化し、どんどんほうりこんでいっています。

もちろん、バックアップも定期的にして、このあたりは頭を使わず最低限の時間でこなしてますね。
空いた時間は、いわゆる「大切だけど緊急でない」仕事へ回している。時間に余裕があるとアイデアも出てくるし人と会う時間もできて、いい方向にまわっている感じです。


●共同作業
自分の作業より、今回の試みは会社の若手への適用です。

自分が使っていた業務の雛型、定型フォーマットなど使い方とあわせて、レバレッジの考え方などをさらーとインプットしてみました。

これまで学んだ時間の使い方、人間感情や行動心理学、いろんな複合技で残業、残業で悩んでいる若手がどう変わるのか?

忙しくしすぎている彼に、そもそも仕事の内容、仕事のやり方を少し見直してみるように促してみました。


効果はテキメン。
もともと自分が時間管理に苦労したのでツボは抑えていたと思うが、残業がめっきり減った。

もちろん、新たにできた時間でクリエイティブな結果を残してもらわないと困りますが、仕事のやり方が変わったのは明らかですね。
やり方を学ぶのは本当に大切なことだと痛感した次第です。今後もどんどん業績を上げてくれることを期待します。

同時に、自分も若い時にこういうことを教わっていればなあと、やや残念な気持ち。


●お金の仕組化
「仕組み」仕事術の著者の泉さんは、ファイナンシャル教育機関の経営者。お金も当然仕組化しています。

お金に関しては昔から天引き貯金が一番といわれていて、サラリーマンでも金融資産のある人は計画的にお金を残していますね。

私も、ファイナンシャルプランナーの資格をとったころから、天引きだけでなく、小遣いの1/3は投資に回す生活を続けています。

これは本当に意識していない。何も考えず投資に回しています。少額でも積もれば積もるものです。

オフショアファンドや海外投資など、ややこしい投資はむかしから仕組化しており、実際の作業はほんの少し。
(自分が手を出したくても出せないんですけどね)

4月からは、投資の一部も仕組化ということでFXはシステムトレードでたんたんと取引を開始。

ただ、日本株についてはまだまだ仕組化できていない。
本当はこちらも淡々と取引したいんですが、まだまだ感情の揺れを楽しんでいる部分があります。淡々と取引するのが実はつまらないからですね。


泉さんには、できれば「仕組み」仕事術ではなく、「仕組み」資産形成術の本も書いてもらいたいですね。
でも実践してもつまらんのでしょう。

それと、あとは「仕組み」仕事術がひと段落した後ですね。いわゆる「考える系」の仕事。
どうしても個人の資質によるところが「作業系」の仕事よりも大きいと思いますが、この考える仕事をどう仕組み化していっているのか?ファイナンシャルアカデミーではどうしているのか、是非聞いてみたいし、自分の仕事に生かしてみたいですね。

というわけで、仕組み化継続中。

レバレッジオーガナイザーやしあわせノートも継続中。
今年は正月の気合はすぐに失せたが、新年度の4月からの取り組みはなかんかいい感じで続いている。

ゴールデンウイークで調子が狂わないように、生活リズムを狂わせないようにしよう。

|

« 0322康師伝控股(ティンイー)と1138中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント) | Main | レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/40997506

Listed below are links to weblogs that reference 「仕組み」仕事術のその後と勝手な希望:

« 0322康師伝控股(ティンイー)と1138中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント) | Main | レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳 »