« March 2008 | Main | May 2008 »

April 30, 2008

レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳

レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳─ (単行本)
本田 直之 (著)

今年度、4月から新しくやり始めたことがいくつかある。

レバレッジ・オーガナイザー という手帳を毎日つけるのもその一つ。

小学生のころから夏休みは計画だけはばっちり立てるのだが、計画倒れになる性格が、1500円の手帳を買っただけで可能になる

のか?

三日坊主なので、せめて7日やればすごいと自分をほめようと思っていた。

できれば14日、あわよくば21日やり続ければ習慣化するらしいので4月末のゴールデンウイークまで続けることを当面の目標にや

ってきたが、びっくりですね。

レバレッジ・オーガナイザー 見事に続いてます。
基本は毎朝、毎晩ちょっとチェックするだけなのであまり時間を取らずに済むのがいいのかな。

もちろん、この手帳だけでなく、コーチングやしあわせノートなど一緒に取り組む仕組みを作ったからというのもあるけれど、

普通の手帳と違ったのも事実。

個人的に役に立ったというか、つけていてなるほどなあとおもったのは、時間割。

おそらくサラリーマンなら一番ばかにして実践しないところ。

レバレッジ・オーガナイザーのポイントというか、行動は
1)中長期、具体的には10年後のゴール設定
2)生活パターンを変えるための時間割の作成
3)習慣・考え方を変えるための習慣チェックリストの作成
4)コントロールを変えるための日々のタスク管理
という4つの流れです。

1)はみんなできても、2)の時間割ができないんだろうな。自分も最初ばかにしていたけれど、実際にやってみると自分の行

動がよく分かる。細かいことよりも、自分の動きが俯瞰的に理解できて、意外な発見があった。

特に、稼働時間を見直すのがポイント。起床時間と睡眠時間はそれなりに一定に保っていたつもりだったが、記録をつけてみて

けっこう夜更かししているなー、というのがわかった。一日の生産性と睡眠時間はやはり相関があるのもわかった。睡眠時間が5

時間を切ると明らかに悪くなっている。
早寝早起きとうより、早起き早寝の励行は大事だ。

それと「可処分時間」という考え。一応、ふぃあなんしゃるプランナーのはしくれとして、お金の使い方は理解しているつもり

だったが、時間の使い方はちょっと甘かった。アウトプットを意識したインプットの時間と、個人のプライベートの割合を大切

にしたいと思う。

ちょうど、『「残業ゼロ」の仕事力』(吉越浩一郎)を読んだところなので、早朝と夜の時間の使い方、自分への時間の投資な

ど考え直すいいタイミングだ。来月の時間割スケジュールを変更する箇所がでてきたということで、これだけでも【レバレッジ

・オーガナイザー】の効力発揮というところか。

ダイエットでも勉強でも生活パターンを変えるには、それなりのモチベーションやエネルギーがいるが、そういう意味でもこの

手帳はコストパフォーマンスが高いなーというのが正直な感想。

個人的には、この手帳だけではちょっとものたりないので、しあわせノートを書いている。さらに、しあわせノートには、ラッ

キー、ハッピーなことだけでなく、読んだ本やメンターの教えでちょっとしたことをひとつ書いている。
今月はメンターからのメールや、『愛と癒しの365日(鈴木秀子)』や『道を開く(松下幸之助)』、『きっと、よくなる(

本田健)』などから、パッとひらいて目に止まったフレーズを書き留めている。

ちなみに今日は、”時間は命、安売りしない”

まさに、ゴールデンウイークで今後の予定を考えていたところにドンピシャのタイミング。さすがにいいところを選ぶなーと自

画自賛したい・・・


で、話はレバレッジ・オーガナイザー にもどりますが、いい感じで続いているので、しばらく続行予定です。

1カ月して、もう少しというか、自分なりに改良点が見いだせたので。

まずは、ゴールデンウイークをだらけないように、しっかりと時間を有効に使いましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2008

「仕組み」仕事術のその後と勝手な希望

今年は4月から新たな取り組みをいくつか継続中。

新しい仕事やビジネス。
仕事の新たな仕組み作り。
若手への仕事のやり方を通したかかわりあい。
システムトレード
コーチング・カウンセリング
レバレッジオーガナイザー
しあわせノート(笑)

この「継続中」、すなわち止めていないということに書いている本人がびっくりですね。GWで中だるみしないようにしないと。

新たな仕組みとしては、「仕組み」仕事術を読んで、いくつか実施中。

「仕組み」仕事術の中身自体はすでに知っている、一部は実践中と最初はあまり気にしていませんでした。

ただ、いくつかシンクロがあって取り組むことにしてみました。読み返せば、著者のやり方はさすがにすごいと感じる点が多々あったんですね。

著者の仕組化の取り組みはかなり徹底されている。そのあたりを少し見習いたいと思ったことも一つ。

おそらく読んだ多くのサラリーマンがそんなことは知ってるよ、と思って実践していないんだろうな。

セミナーに出て実践する人は1割。
そして、継続する人がその中の1割。
結果的に100人に1人しか成功しない、というのもうなずける話ですね。
日本には億万長者が100万人はいるそうですが、1億人の100分の1ですね。

ということもあって、本書を参考に、データ管理、共同作業など仕組み化を取り入れてます。そしてシステムトレードも。今のところ継続中です。

●データ管理
これは基本中の基本だけどもう一度見直し。
本書で書かれいた以下のようなことを実施中。
・PCは一台をとことん使う
・なんでも放り込む
・フォルダを細かく分けすぎず、ファイル名にルールをつくる
・「その他」フォルダを作る
・バックアップも仕組化

仕事用のノートパソコンもレッツノートの新型に買い替え。今の自宅用と比べるとさすがに速くて快適。
年収10倍シリーズの勝間さんもレッツノートっていったなあ。これで4代目。

デスクトップとも併用していたけれど、デスクトップはバックアップマシンと割り切り、レッツノートを徹底活用中。

フォルダ分けやファイル名のルールはすでに実践していましたが、さらに文書をpdf化し、どんどんほうりこんでいっています。

もちろん、バックアップも定期的にして、このあたりは頭を使わず最低限の時間でこなしてますね。
空いた時間は、いわゆる「大切だけど緊急でない」仕事へ回している。時間に余裕があるとアイデアも出てくるし人と会う時間もできて、いい方向にまわっている感じです。


●共同作業
自分の作業より、今回の試みは会社の若手への適用です。

自分が使っていた業務の雛型、定型フォーマットなど使い方とあわせて、レバレッジの考え方などをさらーとインプットしてみました。

これまで学んだ時間の使い方、人間感情や行動心理学、いろんな複合技で残業、残業で悩んでいる若手がどう変わるのか?

忙しくしすぎている彼に、そもそも仕事の内容、仕事のやり方を少し見直してみるように促してみました。


効果はテキメン。
もともと自分が時間管理に苦労したのでツボは抑えていたと思うが、残業がめっきり減った。

もちろん、新たにできた時間でクリエイティブな結果を残してもらわないと困りますが、仕事のやり方が変わったのは明らかですね。
やり方を学ぶのは本当に大切なことだと痛感した次第です。今後もどんどん業績を上げてくれることを期待します。

同時に、自分も若い時にこういうことを教わっていればなあと、やや残念な気持ち。


●お金の仕組化
「仕組み」仕事術の著者の泉さんは、ファイナンシャル教育機関の経営者。お金も当然仕組化しています。

お金に関しては昔から天引き貯金が一番といわれていて、サラリーマンでも金融資産のある人は計画的にお金を残していますね。

私も、ファイナンシャルプランナーの資格をとったころから、天引きだけでなく、小遣いの1/3は投資に回す生活を続けています。

これは本当に意識していない。何も考えず投資に回しています。少額でも積もれば積もるものです。

オフショアファンドや海外投資など、ややこしい投資はむかしから仕組化しており、実際の作業はほんの少し。
(自分が手を出したくても出せないんですけどね)

4月からは、投資の一部も仕組化ということでFXはシステムトレードでたんたんと取引を開始。

ただ、日本株についてはまだまだ仕組化できていない。
本当はこちらも淡々と取引したいんですが、まだまだ感情の揺れを楽しんでいる部分があります。淡々と取引するのが実はつまらないからですね。


泉さんには、できれば「仕組み」仕事術ではなく、「仕組み」資産形成術の本も書いてもらいたいですね。
でも実践してもつまらんのでしょう。

それと、あとは「仕組み」仕事術がひと段落した後ですね。いわゆる「考える系」の仕事。
どうしても個人の資質によるところが「作業系」の仕事よりも大きいと思いますが、この考える仕事をどう仕組み化していっているのか?ファイナンシャルアカデミーではどうしているのか、是非聞いてみたいし、自分の仕事に生かしてみたいですね。

というわけで、仕組み化継続中。

レバレッジオーガナイザーやしあわせノートも継続中。
今年は正月の気合はすぐに失せたが、新年度の4月からの取り組みはなかんかいい感じで続いている。

ゴールデンウイークで調子が狂わないように、生活リズムを狂わせないようにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2008

0322康師伝控股(ティンイー)と1138中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント)

0322康師伝控股(ティンイー)の配当のお知らせが、きました。

これは1ドル台でかえたラッキー銘柄です。そのころは頂益でした。すでに上昇分は売却済みで、のこっているものはタダと言うことですね。これは、中国に行ったときにスーパーに多く並んで、現地の人もこのラーメンはおススメといっていたからかった銘柄です。

やはり現地の情報は大切?

さて、配当ですが1株当たり配当(香港ドル)0.0834でした。

配当利回りは約4%でした。いいですね。最近、株価がボックスなので、もう少し上昇したら全部売ってしまってもいいかもです。

でも、いくら下がっても損しないというのは本当に精神的に良いですね。

で、中国株ひさしぶりに証券会社にログインしてみたら、昨秋の半分くらいになってます。中国株は儲かっていると思ったのに、そんなに儲かってなかった・・・・ショック。

とりあえず、大学院の授業料として50万ひつようだったので、1138中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント)を2000株うりました。
中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント)も買ったときは5ドルそこそこだったんですね。
ここ数ヶ月株価は上下を繰り返しているようで、ちょうどいい値段だったので売却しました。授業料ゲットです。

あと、中国株もぱっとしないですが、大体の銘柄はまだプラスになっていますが、ウェイガオ・グループ・高股分、
チャンマオ・バイオケミカル・常茂生物化学工程 なんてかなり値下がりしてますね。こりゃいかん、ということでちょっと中国株ほったらかしすぎていました。すこしリバランスしないといけないなーとおもう今日この頃です。


中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント)の情報です。
銘柄コード 01138
会社名(英語) China Shipping Development Co. Ltd.
会社名(中国語) 中海発展股分有限公司
銘柄名(略式名) 中海発展(チャイナ・シッピング・デベロプメント)
設立日
上場日 1994年11月11日
主たる上場取引所 香港メインボード(H株)
株価指数 H株指数採用銘柄
業種 海運
事業内容 石油、石炭、ドライバルクの海上輸送
部門別売上高 1.石油輸送(55.150%)
2.石炭輸送(35.660%)
3.その他ドライバルク輸送(9.190%)
地域別売上高 1.国内(58.570%)
2.海外(41.430%)
取引先
代表者 Li Shaode(李紹徳)
従業員数 5,179名
本店所在地 香港
URL http://www.cnshippingdev.com
単元株数 2,000 日本円時価総額 1,096,556百万円 発行済株式数(単位:株) 3,326,000,000
1株当たり利益
(香港ドル) 1.4599 1株当たり純資産
(香港ドル) 5.1607 1株当たり配当額
(香港ドル) 0.5340
PER 17.3985 PBR 4.9218 配当利回り(%) 2.1024

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2008

しあわせノート

今日から4月、新年度ですね。
新社会人を見ると、すごーく新鮮な感じがしていいですね。

4月1日は正月と並んでなにかをはじめるのにいいチャンス。

ということで、「しあわせノート」をつけることにしました。

しあわせノートってごぞんじでしょうか?

メンターから教わった、ノートに毎日の些細な楽しいこと、うれしいことを書きとめておくノートのことです。

桜が綺麗に咲いていた。
友人に誕生日のお祝いメールを送った。
友人の初めてのセミナーに花を送った。
挨拶が元気がいいねとほめられた。
素敵なカフェを見つけた

ちょっとしたうれしいことをかきとめておきます。

人間は日頃ネガティブなメッセージを知らず知らず受けています。
気分が落ち込んだとき、おいしいお茶でものんで、リラックスしてしあわせノートを見てみましょ。

書きながら幸せになれる。
思い出しながら幸せになれる。
なんてハッピーなノートなんでしょう。

先日、『きっと、よくなる!』を読み返したのがきっかけです。
大切にしまっていた、アイウエオフィス特製「しあわせノート」についに書き込みました。
2005年に買っておいたものです。
セミナーに参加して買ったけどもったいなくて、使ってなかったんですね。

せっかくなので、今日からいっぱい幸せを書き込んでいこう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳

レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳─ (単行本)
本田 直之 (著)

# 出版社: 東洋経済新報社 (2008/3/28)
# ISBN-10: 4492043020
# ISBN-13: 978-4492043028
# 発売日: 2008/3/28
# 商品の寸法: 21.2 x 15 x 1.8 cm

アマゾンの書評がおもしろかったので買ってみました。
本屋さんで見てから買いましょ、とわざわざ書いてくれていたのに、あえてネットで買ってみました(笑)

で、なんじゃこりゃー、と最初に思いました。たぶん、ネットで買った人はそう思うのでしょう。

著者も最初に、
「本書はスケジュール帳ではありません。
自分で人生をコントロールし、ゴールへの最短距離を目指すための
目標・行動管理を継続するためのツールです。」
と書いています。

この手のツールは、セミナーなど自己啓発や自己投資を積極的に行っているにもかかわらず、思っているほど結果が出てこない方に最適だと思います。(これって自分のこと?)

成果が出ない人にもいくつかタイプがありますが、継続できない人。まさにぴったりです。

セミナーなどにお金と時間を費やしている人の多くは、書くことによって目標を明確化することまではされていると思います。そのあとがなかなか続かないという人は、本書に書かれてある、
1)生活パターンを変える
2)習慣・考え方を変える
3)コントロールを変える
を仕組みを使って、つまりこのレバレッジオーガナイザーをつかって、変えていきましょう。

ただのノートとばかにするのはいいですが、¥1500払って買った人、是非つづけてみましょう。
まずは3日。三日坊主を脱出すれば、つぎは7日。21日続ければ習慣になるといわれています。

新年度もはじまったことですし、正月の目標をすでに挫折しかかっている人、是非一緒にやってみましょう。

『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』を読んだ方は、組み合わせてみるといいとおもいます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2008

金子社長に会えなかったけど自由が丘の賢者に・・・

パソコンがまたまた不調です。

さきほどもいきなり、バチンと音がしてとまってしまいました。

先週後半の東京の話しをめずらしく長くかいたのに。そんなときに限ってダウンするんですね。ショック。

・ダヴィンチの総会にいって金子社長に話を聞こうと思っていたけれど、結局参加できませんでした。
・かわりにものすごいヒーラーに会いました。
・そのときの内容がすごかったのですが、まあ、パソコンが止まるということはあまりオープンにするなということなのでしょう。(2回書くのもたいへんだし)まあ、でもやはりあっち系人はすごいな、と思ったしだいであります。

なんでも3月31日から4月1日の変わり目は大切なときらしくわたしも瞑想しておりました。

4月からは新しいことも始めるのでワクワクたのしみですね。

4月からもえいえいおーです(*^^*)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »