« 本田健 大阪1日セミナー「大好きなことを仕事にする」 | Main | ポジティブ自立?人間関係の力は4つのタイプ »

February 01, 2008

海外の無料のゴールドカード

無料のゴールドカードのアクティベーションが、またやってきました。

以前、無料のゴールドカードについて説明したことがありました。

Abbey International銀行という銀行のオフショアゴールドという口座にはなんと、VISAゴールドデビットカードが年会費無料でついてきます。無料でゴールドカードをもてるということで、海外投資がはやった、03年にカードを作りました。

5000ポンドほどあずけないといけないんですが・・・・。

しかも当事は海外に口座を持つのが大変でした。パスポートの認証とか英語の証明書とかね。

なんでこんなにしんどい思いをしてまでゴールドカードもたねばいけないのか?と思ったりしました。

結果的に、色々海外投資を勉強することになり、ファイナンシャルプランナーになれたり、日本株、中国株、オフショアファンドなど怪しい?投資も経験しよかったわけですが。

でも今冷静に思えば、当時、ポンドやユーロ、豪ドルでFXやっておけばよかったですよね。

で、この無料のゴールドカードですが、日本のカードと違って、VISA カードが届いたら、カードに貼られているシールに記載されている電話番号に「自分」で電話をかけて、カードのActivation(有効手続き)をする必要があります。

これは、不正防止のためですが、海外へ電話しないといけないのが結構つらいです。

イギリスなんで時差もあるので夜中に電話しましたよ。

国際電話を自宅からかけるなんて、このときくらいかな。

幸い、わかりやすい英語を話す方だったので、無事アクティベーと出来ましたが、国際電話は緊張します。
国際学会のように、話すことが決まっている専門分野なら問題ないのですが。

ちなみに、このゴールドカードは確かに金色です。

日本国内でも円での引出し可能ですが、手数料がかかるし、為替レートも悪いので、まず使いません。

でも、未使用だと、次回からカードを送ってくれないので、たまーに、使います。

めったに使わないし、日本では使いづらいので止めてもいいのですが、財布に一枚くらい金色のカードがあってもいいだろうと思い、お守り代わりに入れています。

無理にゴールドカードを持つ必要なんてないのです。
でも、やっぱりかっこいい?

それにしても、日本の金融機関と違って海外の銀行はシビアです。

使わない客(銀行にとって意味のない客)には冷たいのです。

03年当事は日本では口座残高が1円でも無料で通帳持てましたが、いまは金融機関によっては残高でサービスに差をつけるようになってますね。少しは進歩したということでしょうか。

まあ、これでしばらく英語はなす機会がないので安心です。ではおやすみなさい。

|

« 本田健 大阪1日セミナー「大好きなことを仕事にする」 | Main | ポジティブ自立?人間関係の力は4つのタイプ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/17923050

Listed below are links to weblogs that reference 海外の無料のゴールドカード:

« 本田健 大阪1日セミナー「大好きなことを仕事にする」 | Main | ポジティブ自立?人間関係の力は4つのタイプ »