« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

ココロを大掃除して、明るい2008年にする秘訣

ココロを大掃除して、明るい2008年にする秘訣

今年一年を振り返ってのことを書こうと思ったのですが、内容的にまずいものもあるので(笑)、本田晃一さんのすばらしいメルマガの内容を紹介します。

こーちゃんのメルマガはおすすめですよ。
登録はこちらから出来ますよ。
http://www.hondakochan.com

紅白もおわったことだし、寝る前に布団の中でもいいので、すこし思い返してみてくださいね。


---------------------------

いよいよ2007年も終わってしまいます。
大掃除は終わりましたでしょうか?
今年もやっぱり僕はこれからです(爆)

今年最後のブログは、この時期にお伝えしたい

 ”ココロをピカピカに掃除しよう!”

です。

ココロを掃除して、ココロを軽く、そして明るくして、
新年を迎えて頂けたら良いんじゃないかな~と思って、
今年最後のメルマガを書きます。

ココロがネガティブな感情を感じたり、重い時、その裏に隠された気持ちに
気付いてあげると、オセロを引っくり返すように、ココロが晴れる時が
あります。

たとえば、大切な人を失うと悲しいという感情がわきます。
でもそれは、それだけ大切で好きな人がいたという証拠です。
大切でなければ、悲しいなんて思いません。
悲しいと感じるのは、大好きだからです。
自分が感じた「好き」とか「大切」と言う感情にもう一度スポットライトを
当てて、自分は素晴らしいなぁとつぶやいてみましょう。

イライラした時、それは意欲があるからです。
例えば、僕が渋滞にはまった時、とてもイライラしました。
なぜなら、どうしても行きたい場所があるからです。
どうしても行きたいと思わなければ、イライラしません。
イライラするのは意欲がある証拠です。
そこまで意欲がある自分は素晴らしいなぁとつぶやいてみます。

怒ったとき、それは何かを守りたいからです。
守りたいとも思わなければ、怒りもでてきません。
そこまでして守りたいものがある自分は素晴らしいと
つぶやいてみてください。

誰かと比べて落ち込んだとき、それは上を向いている証拠です。
上を目指そうとも思わなければ、比較することもないでしょう。
上を向いている自分を褒めて下さい。

嫉妬を感じたとき、それは、なりたい自分がいるからです。
”なりたい自分を先にやっている人”を見ると、つい嫉妬します。
なりたい自分がない人は、嫉妬すら感じないでしょう。
なりたい自分がいる、ステキな自分を素晴らしいとつぶやいてみましょう。

「やる気になれないなぁ」と思ったとき。
大丈夫
本当にやる気になれない時は、やる気が無いことにすら気がつきません。
やる気になれないと感じたのは、やる気になり始めた証拠です。
自分の力を優しく受け入れてみましょう。

人は何か変化して成長しようとする時、ネガティブな感情と
ポジティブな感情が訪れます。
ただ、面白いことに、ネガティブな感情とポジティブな感情を
同時に感じることはできません。

ネガティブな感情を感じたとき、

 そもそも自分はどうしたいんだろう?

  優しくつぶやいてみましょう。


本来の自分の意欲に気が付いてあげましょう。

ちょっとでも、ココロが軽くなって、ちょとでも変化を感じたら、
おぉ、凄いぞとつぶやいてみましょう。

今年1年自分と出会った方々の顔を思い浮かべて
「ありがとう」とココロの奥底でつぶやいてみましょう。

ちょっと優しい気持ちになれたら、
2008年は優しさと素晴らしい出会いに満ち溢れた1年となることでしょう。

2008年が、あなたにとって、素晴らしい、明るい1年となりますように。


---------------------------

2007年に感謝して、これから迎える2008年をたのしみましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2007

今年の中国株の成績

今年の中国株の成績


中国株も日本株に習って月末にチェックしています。


日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

今年の中国株はほったらかしではなく、例年に比べ売買しました。
それでも、日本株にくらべたら微々たる物です。

成長している市場はとりあえず、ほったらかしでもその恩恵のおこぼれにあずかることが出来ます。

今年でB株についてはもうすべて売却してしまいました。

今年でトータル、中国株は1.5倍になりました。

2倍、3倍になったものもあれば、思いのほか上がらず損切りしたものもあります。
そんな銘柄に限って、売った後で急騰したりして、、、

2008年は北京オリンピックまでは好調と予想されていますが、さてどうでしょうか。

大型株が2、3倍になることはないでしょうが、中国市場が大きくなる中で、小型の成長株は2倍、3倍のものは
どんどんでてくるとおもいます。

ただし、その銘柄がなにか、しぼりこめません。
絞り込めむことができれば、すばらしいパフォーマンスになるのでしょうが、
なかなか絞り込めず、複数買えば、トータルでの成績が悪くなってしまう。

悩ましいところですね。

現在10銘柄で、そのうちの4銘柄は値上がりしてただの分なのでほっとくとして
あとの6銘柄をしぼりこむか?

なかなかどれも良さそうですが、最近はぱっとしません。

それどころか、まだ買いたい銘柄が増える一方です。

今年前半はもう少し、資金をいどうさせるかな。いままで売り時をあまり気にしてませんでしたが、ある程度キャッシュに変えておくほうがいいかもしれないですね。そして暴落したときに、安くで拾う、そんなことが出来たらいいですね。

来年は、今年以上に、今年の日本株の分まで儲けさせてもらいましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2007

今年の日本株の成績

今年の日本株の成績

もうドタバタしてこちらのブログはほったらかしになっていましたね。

日本株もほったらかしで、大きく評価を減らしました。

なんだかんだで、年初の半分になってしまいました。大損です。

今年一年は、信用取引でいろんな考えを試してみました。
自分がどのような売買が向いているんだろう?とおもいながら
結局損をしながら向き、不向きを確認していきました。

痛い思いしないと学ばないですね。

結果的に、損切り、損失を少なくするのが苦手ということです。
きちんと決められたことを出来ずに、欲をかいたり、もしかして?と期待したりして損失を拡大するのが多かったです。

色んな手法があり、それなりに効果もあるのも事実ですが、サラリーマン兼学生の身では、頻繁なトレードは難しいです。
しかし、やはり今の自分ではかけた時間と利益はある程度相関があります。
リアルトレードも楽しいけど、来年はシステマティックに自分がいないところでたんたんと売買を実行できるようにしないといけないです

ね。

日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。


としてきましたが、今年は大きくマイナス。マイナスを取り戻すのは難しいですね。
かといって、一発逆転なんて難しそう。

セミリタイヤ計画が大きく崩れましたねー。ピンチです。

一昔前のダヴィンチや今年のフルスピードみたいな銘柄の発掘が必要でしょう。

中国株への集中もほどほどにして、来年こそ日本株がおいしいかもしれませんね。

正月休みは、来年の取引について考えて見ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2007

本田健「きっと、よくなる!2」小冊子

本田健さんの「きっと、よくなる!2」小冊子が届きました。

ラッキー

健さんの著作シリーズが200万部を越えたことに感謝の気持ちを込めて、この「きっと、よくなる!2」のダイジェスト小冊子を、限定88,888部製作し、新刊の出版に先立ちプレゼントいたします、というプレゼントに応募して、見事?当選して冊子を30冊いただきました。

8万冊もあれば楽勝、と思っていましたが、3000人も待っているそうです。貴重な小冊子なんですね。

幸せな小金持ちの小冊子は100万部でしたっけ?送料もすべて本田さんもちのため、1億円使ったそうです。

でも、結果的に200万部のベストセラーになってかえってきたのだから、本当にすごいですね。与える、好きなことをする、すべて自分でやっているから、本当にすばらしいです。

早速私も知人、友人にくばります。

来年、健さんが帰国されたとき、神戸、東京、名古屋で講演会が行われます。早速申し込みましたよ。

いまから楽しみですね。全国のセミナー仲間に会えるのも、いまからワクワクです。

思い返してみれば、幸せな小金持ちの小冊子が、今の私を変えました。どこから手に入れたのか?今となってはわかりませんが、この小さな本が大きく人を変えていくんですね。

そして、同じような友人たちと知り合い、みんなで成長し合っていく。すばらしい世界をみせてくれて、すばらしいコミュニティをつくってくれた本田健さんとその仲間たちに感謝です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »