« 9月の日本株の成績 | Main | 中国出張その1 »

September 30, 2007

9月の中国株の成績

9月の中国株の成績


中国株も日本株に習って月末にチェックしています。


日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

B株についてはもうすべて売却してしたので、計算が簡単になりました。
中国株はUWGだけです。

もちろんオフショアでの中国株ファンドや海外の口座でもやっていますが、
メインの個別株売買はUWGだけみておけばよくなったのですっきりですね。


日本株と同様、中国株でもなにも動くことが出来ませんでした。

日本株と違って、こわくて買えないのではなく、キャッシュがありませんでした。

でも、信用取引が無いから、中国株はこれまで順調だったのかもしれませんね。

今思えば、お宝が安値で落ちていました。
自分の株価が下がっていって、怖くなるより、買い増ししたい。
日本株と違ってそのように思う銘柄がいくつかもつことができているのが、強みですね。


日本株はダメダメでしたが、中国株はよかったですね。
今月は+11.6%でした。

日本株と比べると順調ですね。しかし、いざと言うときのためにキャッシュは残しておきたいし、
キャッシュをおいておくともったいない。

Q先生いわく、暴落のときは値下がりした株をうって、ほしい株を買い増しするチャンスだと。
本当にその通りですね。

値下がりした株を売るチャンスだったんですね。

ただ、今回のことで、マイナス銘柄は一つだけですね。

ウェイガオ・グループ 威高股分を思い切って買いましたが、大きく下げています。
一時期はかなり値を下げ、心配になりましたが、いまは大丈夫でしょう。

それにしても、ティンイー康師伝控股 、グアンシェン・レール広深鉄路、
トラベルスカイ・テック中国民航信息網絡 、チャイナ・シッピング・デベロプメント中海発展
など、昔かって、結構値上がりして売った銘柄がすごいことになっていますね。

ほんの少しだけ記念に持っていますが、それらの評価もかなりのものです。
今思えば買い増ししておけば、、、、

なんて、過去のことはくよくよ言っても仕方ありません。
日本株の負けをなんとか、中国に頑張ってもらいましょう。

9月だけでなく、10月も北京に行くので、いい情報仕入れてきましょう・

|

« 9月の日本株の成績 | Main | 中国出張その1 »

Comments

ビジネスクラスだそうですが、写真がたてよこ逆ですよ。中国のDVDこぴーできますか?
http://dvd.365happy.biz/ DVDコピー |DVD Shrink(シュリンク)の使い方

Posted by: DVD Shrink(シュリンク) | October 12, 2007 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/16617184

Listed below are links to weblogs that reference 9月の中国株の成績:

« 9月の日本株の成績 | Main | 中国出張その1 »