« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

6月の日本株の成績


6月の日本株の成績

早いものでもう6月ですね。
今年も半分終わり。汗

資産計画の見直しをせまられそうです(笑

順調な方はよりよくするため、
予想と違う方(私です!)どう挽回するか、ゆっくりかんがえましょう。


年初に立てた計画、目標を達成するためにはかなりやばい状況ですね。

厳しいけれど、現実を見ることも大切ですね。

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。

今月は大ぼけをかましてしまい超反省モードです。

日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

去年は年初からマイナスが続いていましたが、やや盛り返しました。
4月は -3.3%、
5月は 3.01%でようやくプラス。
が。
6月は -17% 大ミスをやらかして、大幅マイナスです。
発注はくれぐれもあせらないようにしましょう。

また、昼間仕事をしているサラリーマンは、あせって発注しないことですね。


先月から取引回数増やしていますが、やはり頻繁なトレードは性に会っていないのかもしれないです。

信用取引ではやはりながらは禁物ですね。

あと、通信速度。遅いモバイルではだめです。

ある程度余裕のある取引をしようと思います。

どうしても日中に取引できるわけではないので、指値をしても思うように行かないです
昼間を仕事をしろ、ということでしょう。


来月からはは、コツコツ利益を積み重ねていきます。
ちいさくても、利益を積み重ねます

「選択と集中」を実行し、幸せな小金持ちになりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2007

伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー


伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー (単行本(ソフトカバー))
土井 英司 (著)
商品の詳細

* 単行本(ソフトカバー): 192ページ
* 出版社: 草思社 (2007/4/17)
* ISBN-10: 4794215851
* ISBN-13: 978-4794215857
* 商品の寸法: 18.4 x 13.2 x 2 cm

アマゾンの伝説バイヤー、土井さんの本です。

セミナーなどで2回ほどお話しさせていただきましたが、基本的にネガ自です(笑
というのは冗談ですが、熱い方です。

もちろん、冷静な方ですが、ビジネス書に関しては本当熱いです。
周囲にエネルギーがもれてきます(笑
このような情熱が一番大切なんだなーと痛感するしだいです。

この本では今まで知らなかった若い頃の土井さんの話が印象深かったですね。


今、会社の中で大変しんどくて何で俺がこんな仕事を?とおもっている20代のビジネスマンに読んでもらいたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2007

NHKスペシャル 30代の“うつ”

30代の“うつ”
~会社で何が起きているのか~

さきほど、NHKスペシャルを見ました。
残業で疲れてかえっているのに、見てしまうということはなにか因縁めいたものがあるのでしょうか?

私の職場ではいわゆるメンタルヘルスで休職した人がいました。

近くの部署でもそうです。

仕事をしている社内の部署でもそうです。

メンタルヘルスや人間関係を個人的に勉強しているせいで、会社がやばいというのがわかります。

昼間はいえないので、お酒の席で部署の長である人に、
「このままではやばいですよ、
メンタルヘルスは組織病だから、今のうちになんとかしないと連鎖しますよ。」
と思い切って言ったことがあります。

でも、結局相手の人は私の話がさっぱり理解できなかったです。

おそらく、言葉の意味自体理解できなかったのでしょう。

今日は出張でその部署の人と話しをしました。
結局その長だった人の部署で新たに休職している人がいました。

その長のさらに上司の人の話しも聞きました。
発する言葉からして、コレはダメだと感じました。
もっと犠牲者が出る、と直感できました。
ここ2,3年いろんなスピリチュアルのこともまなんでいるからでしょうか?
言葉や雰囲気でわかってしまう自分がつらいです。

どうしたら、もっと自分らしくいきいきとした人生を送ることが出来るのでしょうか?

だれしも、そのうまれもった天才性を発揮して、すばらしく輝くことが出来るはずなのに。
なぜ?

NHKスペシャルではとくに30代に注目していました。

以下、ホームページからの抜粋です。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070625.html

若い働き盛りの世代に“うつ”が増えている。上場企業200社のうち6割が、この3年間で「心の病」が増加したと回答。年齢別に見ると、心の病は「30代」に集中している。長期休業につながるケースも多く、企業の現場はその対応に追われている。なぜ働き盛りの社員たちは“うつ”へと追い込まれるのか。

NHKには働き盛りで“うつ”になった人たちから数多くのメールが寄せられている。メールや取材から浮かび上がってきたのは、合理化・効率化が進む中、現場ではしわ寄せが30代にのしかかっている現実。成果主義や裁量労働制といった新しい働き方が広がる中で、多くの職場で働き手が「孤立」している姿。さらに、仕事だけでなく家庭の負担も重くのしかかる。家のローンを抱え、子育てに追われる中で、家庭もまた休息できる場所ではなくなっている。

なぜ働き盛りの世代の“うつ”はとまらないのか。私たちはどう向き合えばよいのか。実際に“うつ病”と向き合う本人や家族、企業の担当者たちを取材。これまでなかなか明らかにならなかった、働き盛りの“うつ”の実態とその原因を明らかにしていきながら、求められる対策を考えていく。

ここまで。

番組中で20代はにげられる。でも30代は家族、ローン、子育てと逃げることが出来ないといっていました。

まじめで一生懸命な人ほどつらい立場になるいまの社会、会社が悪いのか。

そのような中で世渡りベタなその人たちがよわいのか。

いろんな立場でいろんな意見があると思います。

でも、やはり、自分が自分らしく、いきいきとして、いつも笑顔でいる社会がいいです。

自分の天才性を発揮して、ワンandオンリーの世界ですばらしく輝く社会がいいです。

少なくとも、自分の周りはそうあってほしい。そうするためにはまず自分から。

自分らしく、自分のライフワークを生きよう!

自分らしいことか、犠牲でやっているか
好きなことか、義理でやっているか
楽しいことか、世間体でやっているか

つねにハートに聞いてみよう。


自分らしく生きる。

直感を信じる。

自分の人生を信じる。

そして、自分だけでなく、周囲の人も幸せになる道を生きる。そう決めたから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2007

本田健 「ライフワーク2日間セミナー」

本田健 「ライフワーク2日間セミナー」

先週は本田健&ジュリア 3日間セミナー「幸せな人生の実現」
にでていました。

1日目:講演&コンサート
2007年6月8日(金) 

2・3日目:セミナー
2007年6月9日(土)~2007年6月10日(日)

次の11日も仲間と会っていました。

で、また今週はライフワークセミナーです。


趣味はセミナーですね(笑


まあ、自分よりもセミナー好きをいっぱい知っているから良いけれど。
普通の会社員じゃなくなってきているかも。

でも、やっぱりセミナー楽しいね。素敵な人との出会いも楽しいし、メンターとのやり取りも楽しい。

また、週末ゆっくり楽しんできます。

会場で皆さんと会えるのをたのしみにしてます。

さあ、明日は4時おきで始発の新幹線だ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2007

本田健&ジュリア 講演会&コンサート

私のメンターの一人の本田健さんが帰国しました。

すでにいくつかの活動はされているようですが、
今日は東京に来て講演会&コンサートに参加してきました。


☆ 本田健&ジュリア 3日間セミナー「幸せな人生の実現」

1日目:講演&コンサート
2007年6月8日(金) 

2・3日目:セミナー
2007年6月9日(土)~2007年6月10日(日)

この3日間セミナーは、「自分にとって、何が幸せ」なのか、「何を中心に
して生きていけば、しあわせな人生が実現するのか」について、じっくり考
えられるように、組み立てられています。自分らしい幸せを見つけるヒント
をお伝えします。

1日目の今日の講演&コンサート会場は「白寿ホール」でした。

すばらしいホールでした。そこに木原健太郎さんのピアノ演奏、健さんの講演、ジュリアの歌、となみだがちょちょぎれました。

日常、あくせくしていると、本当に今の自分にとって幸せとは?
と考える時間が無いんです。

今日は素敵な空間で、音と映像で楽しませてもらいました。
講演会だけよりもコンサートを交えるのはいいですね。これからのセミナーでははやっていくのかも、

音楽をあまりホールで聴く習慣のない私にとってすばらしい体験でした。

明日、明後日ともっと深い内容になりますが、今日ノートに書きとめたことはすぐに実行していくようにします。

仕事もあるので今日はこのへんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2007

5月の中国株の成績

5月の中国株の成績


中国株も日本株に習って月末にチェックしています。

5月は上海、北京、重慶と中国に言ったせいか、
なんとなく、親近感が沸く反面、光化学スモッグなどいやなこともありました。

日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

先月、B株についてはもうすべて売却してしまいました。

計算が簡単になりました。
中国株はUWGだけです。

もちろんオフショアでの中国株ファンドや海外の口座でもやっていますが、
メインの個別株売買はUWGだけみておけばよくなったのですっきりですね。

先月比で5.4%でした。

今月は日本株と同じくけっこう売買しました。
UWGは昔に比べて手数料が高くなりましたね。

今月は4銘柄売って、あらたに3銘柄かいました。

全部で10銘柄。短期間に2倍になったのは、環境銘柄ですね。
光化学スモッグや水質汚濁、土壌汚染なんとかしてちょーだいね。

あと、買った直後に下がったもの、徐々に上がっていくもの、買った後は
日本株と違って、ほったらかしが多いので、一年後が楽しみです。


選択と集中とか言っておきながら、10銘柄です。

ぜんぜん集中してませんね。

でも、ポートフォリオを考えるにはいい数字ですね。
でも、リバランスなんて面倒だからしないんだろうな。


おかしいなー。でも欲しい銘柄多いんですね。

せめて一桁にしないと。といっても、3銘柄くらいはもうタダ株なのでほっといてもいいんですけど。

ただ、全体に占める個別の割合が先月よりもさらにばらつき、3~24%になりました。
最大割合のものはすこし売却しないといけないかも。


中国株はあせる必要が無いのでいいですね。
長期的に見れば中国はどんどん経済発展していくでしょう。その流れにうまく乗って、一財産築きたいものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2007

5月の日本株の成績


5月の日本株の成績

早いものでもう6月ですね。

資産計画の見直しをせまられそうです(笑
順調な方はよりよくするため、
予想と違う方(私です!)どう挽回するか、ゆっくりかんがえましょう。


年初に立てた計画、目標を達成するためには多少の調整が必要。
厳しいけれど、現実を見ることも大切ですね。

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。


日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

去年は年初からマイナスが続いていましたが、後半盛り返しました。
さて
2月は-1%とマイナス。
3月は、-7.3%で
4月は -3.3%、
5月は 3.01%でようやくプラス。でも年初からのマイナスはおおきいですね。

信用取引で小さな取引をしています。勝率はいいのですが、相変わらず負けるときの絶対値が問題です。
今月はけっこう取引してしまいました。
小さな負けもつもると大きいですね。

どうしても日中に取引できるわけではないので、指値をしても思うように行かないです
昼間を仕事をしろ、ということでしょう。


来月は、コツコツ利益を積み重ねていきます。

「選択と集中」を実行し、幸せな小金持ちになりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »