« メンタープログラム募集 | Main | 3月の中国株の成績 »

April 01, 2007

3月の日本株の成績

3月の日本株の成績

もう4月ですね。

一月は行く、二月は逃げる、三月はさる。本当に去ってしまいました。
一年の1/4がおわりました。

みなさんの今年の目標額の25%達成していますか?

私は今月好調で、株の利益が8000万を超えました。

というのは、真っ赤なうそです。

エイプリルフールということでご勘弁を。でも一度言ってみたいですね。

株についてはまだまだですね。

明日から本業では新年度なのでしっかり気合を入れて先行逃げ切りにしたいと考えています。

年初に立てた計画、目標をもう一度見直し、今年度は楽しみながら頑張ります。

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。


日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

去年は年初からマイナスが続いていましたが、後半盛り返しました。
さて
1月は16%とプラス、
2月は-1%とマイナス。調子が戻ってきたかと思ったら
3月は、-7.3%でした。

信用取引など、小さな取引では小銭を稼いでいますが、
主力のダヴィンチのさげがやはりいちばですね。

先月、ある程度キャッシュにしたのに、下げたときに買いにいけませんでした。
いざと言うとき、みんなが逃げそうなときに目をつけていたものを買う。
わかっているけどできていません。

まあ、これはなかなかできないことかもしれません。

もしもしQさん、でQ先生がいいことをかいてます。

第2572回
大暴落の時に素早くやるべきこと


ですから、株が下がっても、
もっと下がるのではないかとあわてるよりも、
自分が考えていたよりも下がった時はいつでも買い時なのです。
ならば、自分が考えたより高くなった時は売り時かというと、
それは自分が成長株と思った株の売り時ではなくて、
自分がもう成長株でないと思うようになった株の売り時なのです。
では自分が間違って買った株は値上がりしてから売る株かというと、
値上がりするまで待っているよりも、
値下がりしても売る株なのです。

したがって大暴落をしている時は、
買いたいと思っていた株を
安値で手に入れることのできる時ですから、
同じように安値になった売りたい株を売って
かねてから買いたかった株に乗りかえる時期でもあります。
株の大暴落する時はあわてて株を売る時ではなくて、
要らない株を処分して
かねてから欲しいと思っていた株に
乗りかえる時期だということになります。


Q先生の言われる、”買いたかった株に乗りかえる時期”というのはそのとおりなのですが
”同じように安値になった売りたい株を売って”というのが、きちんとできていませんでした。

いつになっても損切りは覚悟がいりますね。

4月は忙しくなりそうですが、コツコツ利益を積み重ねていきます。

「選択と集中」を実行し、幸せな小金持ちに近づくようにします。

|

« メンタープログラム募集 | Main | 3月の中国株の成績 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/14488149

Listed below are links to weblogs that reference 3月の日本株の成績:

» FX必勝法で絶対儲けたいっ! [FX必勝法で絶対儲けたいっ!]
FX必勝法で絶対儲けたいっ! - 初心者でも儲けれるFX必勝法をお届けします。 [Read More]

Tracked on April 01, 2007 at 11:04 PM

« メンタープログラム募集 | Main | 3月の中国株の成績 »