« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで Maneronn


橘 玲 (著)
* 新書: 222ページ
* 出版社: 幻冬舎 (2006/11)
* ISBN-13: 978-4344980099
* ASIN: 4344980093


ゴミ投資家シリーズから橘さんの著作はほぼ読んでいます。
もちろん、アビーナショナルなんかにも口座開設したりしました。
パーペチュアルトラベラー(PT)なんかにも昔はあこがれたりしました(笑)

本書の内容は、
内容(「BOOK」データベースより)
マネーロンダリング(資金洗浄)とは、テロ資金や麻薬・武器密売・人身売買などの犯罪で得た収益を、海外の複数の金融機関を使って隠匿する行

為をいう。本書ではカシオ詐欺事件、五菱会事件、ライブドア事件などの具体的な事例をもとに、初心者にもマネロンの現場が体験できるよう案

内した。専門知識はなにひとつ必要ない。グローバル化、大衆化したマネロンによって、いまや世界の仕組みが変わりつつあることを読者は知る

だろう。

のとおり、マネロンということだけでなく、基本的なお金についての勉強になると思います。
それ以上に、受け取る人は「お金」を通して人生について考えるでしょう。

こまかいことは書きませんが、世の中の縮図を「お金」の流れを通して、その一端を垣間見ることが出来るのではないでしょうか?


印象に残っている箇所は、

経済のグローバル化のなかでマネーが国境を越えて移動し、次いで企業が多国籍化した。
そしていま、個人の国籍離脱が始まっている。マネーロンダリングはたんなる金融の世界にとどまらず、
こうした世界史的な変化の中でとらえる必要がある。
個人の「多国籍化」、「無国籍化」こそが、グローバル資本主義の終着点なのだ。

です。いつも橘さんが言っている(と個人的に思っていること)は
不平や不満、ずるいことがあるかもしれないけれど、われわれは今、こういう世の中に生きています。
さあ、そういうことを知ったとき、あなたはどう考え、どう行動しますか?
と言うことだと思います。

わるいやつらがいると怒ったところでなにも変わりません。
それどこらか、怒りのエネルギーは寿命を縮めます。
世の中のことをもっとよく知って、たとえばお金のことなら、ファイナンシャルインテリジェンスをたかめて
自分自身や大切な人のことを守るようにしてみませんか?


「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を読んだときを思い出しながら、そんなことを考え直しました。
いい本ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

February 24, 2007

スピリチュアルな学び アデプト

二日間ほど横浜にいってました。

エネルギーヒーラー(肩書き不明?)の友人のところでスピリチュアルな学びをうけてきました。

こんな内容です。


スピリチュアルな生き方を望む全ての人にお勧めの聖なるプログラム(2日間)
      ~自分自身の本質を知り、宇宙の偉大な光と繋がるために Adept Program~


3000年前のキングソロモン王の時代から受け継がれた古代ミステリースクールの秘儀を
お伝えします。他者の想念などの影響を受けやすい方にもおすすめです。
人前に立って講義や話をする方、他者のエネルギーの影響を受けやすい方などへは
ネガティブな想念などから自分自身を守るための方法を伝授し、エネルギーからしっかり
自分自身を守ることができるようになります。

☆歴史上でも、アダム、エノク、プラトン、イエス・キリスト、レオナルドダビンチ、ミケランジェロ、
キングソロモン王、ノストラダムス、カール・ユング、ビートルズ、デビットボウイ、スティング、
バッハ、チャイコフスキー、アインシュタイン他、多くの才能を開いた人たちが受けられています。

どうですか?

あやしいでしょう。


普通、近寄りませんよね(笑)

まー、でも本人をよく知っているし、スピリチュアルは興味があったし、先日の本田シークレットセミナー
もスピリチュアルだったので、言ってきました。


あやしげな秘法も伝授していただきました。

これでパワーアップ間違いなし。


ただ、パワーを手に入れたからには光の方に使わないといけません。闇の方でもパワーを増強させるそうなので。
ですので、これからは悪いこと出来ません。

なにしろ、新たに4人のスピリットガイドが霊的成長を助けるためにつねにサポートしてくれていますので。

うーん、こんな文章書いて、誰が信用するんだろう。一応、これでも仕事はバリバリの理系。世界最高レベルの電子顕微鏡を駆使して原子の動きまで見ているというのに(笑)


私も秘密の儀式を受けたいという奇特な方はメールください。一緒に魔術師になりましょう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2007

322 ティンイー康師伝控股

322 ティンイー康師伝控股

配当のお知らせが、きました。
ポストにお知らせが届くのは本当にうれしいものです。

0322康師傅 (カンシーフ)です。今はティンイーですね。

これは1ドル台でかえたラッキー銘柄です。そのころは頂益でした。
すでに上昇分は売却済みで、のこっているものはタダと言うことになります。

こんな銘柄ばかりなら良いのになー

前回、中国に行ったときは、このカップめんを買ってきました。
まあ、味は私好みではなかったのが残念ですが、現地では一番いい場所においてあって
人気があるのは明らかでした。


サーチナから引用させていただきます。
市場コード 0322
漢字社名 康師傅控股有限公司
英文社名 Tingyi (Cayman Islands) Holdings Corp.
通用略称 康師傅 (カンシーフ)
上場区分 メインボード 関連銘柄 ---
指数構成銘柄区分
業種 食品
代表者名 魏応洲
Wei Ing-Chou
登録地 Cayman Islands
取引通貨 HKD 上場年月 05/02/1996
額面 USD 0.005 売買単位 2,000

業務内容
即席めん、飲料品、スナック菓子フ加工・生産・販売を手がける。その他物流、不動産事業も。

沿革
1988 年から中国大陸への投資を行う台湾系の頂新集団が91年に立ち上げた頂益控股有限公司が母体。
99年には「サッポロ一番」を展開するサンヨー食品が資本参加。
中国全土に設ける営業所、倉庫、生産工場のネットワークが強み。
即席めんではシェア1位。台湾市場への逆進出も開始し、好評を博している。2002年7月に「頂益(開曼島)控股有限公司」より社名変更。

さて、配当ですが1株当たり配当(香港ドル)0.0835でした。

配当利回りは約4%でした。いいですね。
(計算がいい加減かも)


しかし、いくら下がっても損しないというのは本当に精神的に良いですね。
今後も、これからの成長株探しにがんばります!

半年前は、10ドル台に上がることはない、と書いていましたが、すでに超えています。今日は9ドルちょっとですが、買値の5倍ですからね。もう、買い増しできないですが、ずっと配当もらっていよう。
今から買うならやはり●●ですね。

Q先生いわく、
「中国株の選択をする時、大切なことは
気前よく配当する癖のある会社の株に
注目することです。
ケチな会社はお金を儲けても損をしても
お金を出ししぶる癖があらたまらないものです。」

その点では配当はきちんとしているので、いいのですが、配当だけで暮らせるくらいになったらもっと買い増ししよう(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

February 15, 2007

本田健 初の「スピリチュアルセミナ」

イヤー楽しみですね。

何が楽しみとって、週末は本田健さん、初の「スピリチュアルセミナ」開催です。


これまでスピリチュアルな世界に関しては、多くを語ってこなかった本田健さんなので、何がとびだすのか、本当に興味津です。

いまからワクワクドキドキです。
今回は、「自分の望む人生を作り上げる」という切り口で、語ってくれるそうです。

楽しみです。

  <セミナー内容>
     ○ 望む現実を作る力と制限してしまう力
     ○ 感情とエネルギーの関係
     ○ 社会のなりたちをエネルギーで見る
     ○ お金というエネルギーをどう回すか
     ○ 人間関係を一瞬にして見抜く方法
     ○ 自分のほしい現実をどう作るのか
     ○ X-Factorとどうつきあうのか
     ○ シンクロニシティーを読み解く方法
     ○ コミュニケーションの10のレベル
     ○ パートナーシップとエネルギーワーク

| | Comments (2) | TrackBack (5)

February 10, 2007

マインドマップ基礎 1Dayセミナー

マインドマップ基礎 1Dayセミナー
http://lunamoon.sakura.ne.jp/mindmap/200702/
を受講してきました。

マインドマップはかなり以前から興味があったのですが、なぜかやっていませんでした。

ふるい、きこ書房の本も含めマインドマップに関する本は5.6冊もっているのに。


はっきりいって、なんでいままでしなかったんだろう?
という感じです。

あまり難しく考えずにやってしまえばいい、というのが正直な感想です。

個人的に、かなり日常生活に制限をかけていたと実感しました。

A型人間としては、まっすぐキレイにノートをとるのが当たり前だと思っていたし、線はまっすぐ引くものと思っていました。

しかし、「天才のノートに罫線は無い」とわかり愕然としました(笑)

ひさしぶりに、自分って勉強しているつもりでもわかってないなーと凹みました。


セミナー講師の二人は知っている友人であったことも関係しているかもしれませんが、本当にわかりやすく
すばらしいセミナーでした。
参加者も、濃い(笑)メンバーでしたし、、、、

ただ、やらないとわすれてくるので、ある程度習慣化できるようにしたいです。

家に書棚にほこりをかぶっているマインドマップの本を読んでみようと思っています。

みなさんも、おもしろそうであれば是非受講してみてください。講師が二人だと、かなりお得ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 07, 2007

自分を見つめなおすライフワークスクール

2月の4(日)、5(月)はライフワークスクールの会議に出席していました。

別にセミナーではないですが、ある意味起業セミナーみたいなものでした。


まだ自分なりに考えがうまくまとまりませんが、特に気付きをえたことは

「自分自身であることの大切さ」です。

どうしても、私はふらふら人の意見に左右されてしまいがちです。
些細なことから重要なことまで、他人に依存してしまう傾向があります。

自分のパワーを他人にゆだねてはいけない。

自分の人生、クルマにたとえれば、自分で運転していない状況です。
きちんと自分でハンドルを握る。怖いときもあるけれど、自分の車の助手席にすわるのはやっぱりよくないでしょう。

つめたいようだけど、他人のことを信頼し愛しつつも冷静な自分を維持する。

ある意味他人は他人。大事なのは、自分がどうしたいのか。
できる、できないではなく、やりたいか、やりたくないか。

今の自分にはそれを見極めるためにも
多くの鏡が必要だと思う。

ライフワークスクールで多くの人と出会うことは
自分をセンターに戻すことでもあり、
自分を磨き上げるツールとしても必要なことだと思う。

自分を変える必要は無いけれど、成長させるためにも是非もっと学びたいと思った二日間でした。
(何を書いているんだかさっぱり意味不明。もうすこし、考えを整理しないといけないなーとおもいつつも記録に残しておこう)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 03, 2007

1月の中国株の成績


中国株も日本株に習って月末にチェックしています。

日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

先月比で

H株が 5.0%
B株が 0.0%

でした。


322 ティンイー 康師伝控股
525 グアンシェン・レール 広深鉄路
696 トラベルスカイ・テック 中国民航信息網絡
1138 チャイナ・シッピング・デベロプメント 中海発展
はすごく順調ですね。

いいのもあれば悪いのもあり、
先月と同じく、3銘柄が足を引っ張っています。トータルプラスだからいいですが、
まだまだ銘柄選択は難しいですね。

過熱気味の中国株ですが、いちど下がったところで買い増しできるように一部は利益確定しようと検討中です。
もうすこし銘柄を減らして集中しましょう。

長期的に見れば中国はどんどん経済発展していくでしょう。その流れにうまく乗って、一財産築きたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

February 02, 2007

1月の日本株の成績

2007年最初の一月の結果はどうだったでしょうか?
もう2月です。一月はいく、二月は逃げるといいます。

年初に立てた計画、目標をもう一度見直してみましょう。
昨年の投資成績はいまひとつ。今年は楽しみながら頑張ります。

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。


日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

去年はは年初からマイナスが続いていましたが、後半盛り返しました。
さて
10月は11%のプラス。
11月は-13%とダウンです。
12月は4%プラス。

さて
今月は、16.3%プラスでした。

すべてダヴィンチのおかげです。

で、あまりしたくなかったのですが、5株ほど現物売ってしまいました。ちょっとお金が必要だったので。
売るつもりは無かったのですが、残念です。


ことしは、損小利大をめざしますよ。

昨年、損切りとその設定はわかっているけれど、なかなか思うように行きません。
しかし、すべては経験です。失敗はありません。
今年はその経験をいかしてもっと良くなるようにします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | March 2007 »