« セミナーを終えて | Main | 何かをやりたいときに、さっと手を挙げる心の自由さ »

January 21, 2007

江原啓之神紀行5 関東・中部

江原啓之神紀行5 関東・中部 (単行本)
江原啓之 (著)
価格: ¥ 1,100Ehara5

商品の詳細
* 単行本: 95ページ
* 出版社: マガジンハウス (2006/12/5)
* ISBN-13: 978-4838716241
* ASIN: 4838716249
* サイズ (cm): 21 x 15

スピリチュアル・カウンセラー 江原啓之さんの「スピリチュアル・サンクチュアリ」の5冊目です。

日本の聖地をめぐり、それぞれの周辺の宿やグルメなどの旅の要素を充実させた「神紀行」ということで、

1冊目は伊勢・熊野・奈良、

2冊目は四国・広島・出雲、

3冊目は日本の古都「京都」、

4冊目は九州、沖縄編、

5冊目の今回は関東・中部です。

関東の人は心待ちにしていたのではないでしょうか?


日枝神社、浅草神社、富岡八幡宮など、意外にも都会にステキな場所があると走りませんでした。次回の東京出張には足を伸ばしてみようと思いました。


また、毎度のことながらパワースポットの紹介ではなく、「あなたの願いを導くスピリチュアル・サンクチュアリ案内」というコーナーは秀逸です。

今回は、コミュニケーション編です。

江原さんがどのように考えているのか、非常に勉強になるとともに、自分はどうか?と深く考えさせられます。

コミュニケーションの基本は波長の法則にあり、なんて聞くといかがわしいですが、言っていることは至極もっとも。

まず自分のたましいを輝かせること。

自分自身からすてきな波長、波動を発信することですね。自分の周りはバカばっかりだ、ステキな男性がまったくいない、、、なんて口走ってい

る方にはつらい一言かも。

でも、自分自身で気づきを得ることが出来ればわざわざパワースポットに行かなくても上手にコミュニケーションが出来るんですね。

これは本田健さんもおなじようなことを言っています。

自分のことを理解し、魅力を発揮し、他人を思いやる人はすばらしい友人関係を持っていますからね。

多くの大切なヒントを得てみたい人だけでなく、単純に神社に興味のある人は覗いてみて下さい。

|

« セミナーを終えて | Main | 何かをやりたいときに、さっと手を挙げる心の自由さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/13603432

Listed below are links to weblogs that reference 江原啓之神紀行5 関東・中部:

» 【中国と日本】中国のお正月(王鉄橋教授) [中国からみた中国と日本の違い]
 中国は日本と違って旧暦でお正月を祝う。日本語では「旧正月」と言うが、中国では「春節」と言う。私のイメージに残されている中国の新年の風景は、いつも子供時代の懐かしい思い出と伴っている。 中国の南方ではお餅、団子を食べる習慣がある。年末になると我が家では...... [Read More]

Tracked on January 25, 2007 at 10:15 PM

« セミナーを終えて | Main | 何かをやりたいときに、さっと手を挙げる心の自由さ »