« ビジネスマンに贈る最後の言葉 | Main | 天命の暗号 »

December 10, 2006

ワーキングプア

さきほど、NHKスペシャルをみました。

ワーキングプアです。

働く貧困層のことで、以前にも特集していました。その第二段です。

みていて本当に心苦しくなりました。

80歳の方がアルミ缶拾ってくらしたり、母子家庭では子供と十分なふれあいもとれず働きづめ。

ふらふら遊んでいるならともかく、必死にはたらして、また、自分の境遇を呪ったりうらんだりもしていないのに。ただ普通に生活するためにこれほど苦労しなければいけない国に自分が住んでいるのかと思うと悲しくなりました。

もちろん、いろんな意見はあります。

年金のためのお金を払っていなかった罰だ。
付加価値をつけることが出来ないからだ。
能力が足りないからだ。
貯金してないから。
グローバル化の流れの中で、変化できないほうが悪い。

おそらく現状勝ち組に属している方はこのように言うのでしょう(以前直接聞いたことがあります)

でも、番組の中でも言われていましたが、
ワーキングプアは若者の明日の姿です。

自分もいつそうなるのかわかりません。病気、家族の事情、介護、子育て、、、、やむにやまれぬ事情があるでしょう。

その時、安心して暮らせますか?


数年前から経済的独立を目指して取り組んできたつもりですが、まだまだ甘いですね。

つめたいようですが、私はまず、自分、自分の周りからできるようになっていきます。

バリバリバリューをみて、自分はなんて貧乏で慎ましやかな生活をしているのだろう、と思うこともいいですが、マイナスの面もつきつめてみておくことも現実的に大切なことだと思いました。

今年の反省と来年すべきことをそろそろするじきなので、今一度、自分の人生における取り組みを振り返るいい機会になりました。


それにしても日本と言う国は不思議です。今、会社でリクルート関連の仕事もしていますが、今の学生は超強気ですけどね。30歳前後の世代が一番割を食っているような気がします。

不平不満を言っても仕方ないので、うれしい楽しいといいましょうかね。
なかなか気分的にいえない場合は、いまはよくなりつつある、と現在進行形で考えましょうね。

Q先生の名著(名言)に「朝は夜より賢い」というものがあります。

夜は暗い考えが支配的になります。明日の朝、明るく考えましょう!

|

« ビジネスマンに贈る最後の言葉 | Main | 天命の暗号 »

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/13017933

Listed below are links to weblogs that reference ワーキングプア:

« ビジネスマンに贈る最後の言葉 | Main | 天命の暗号 »