« 11月の中国株の成績 | Main | ワーキングプア »

December 09, 2006

ビジネスマンに贈る最後の言葉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757212984/sr=1-1/qid=1165055046/ref=sr_1_1/503-3209605-0360760?ie=UTF8&s=books
ビジネスマンに贈る最後の言葉 Bijinesumann

ユージーン・オケリー (著), 有賀 裕子 (翻訳)
価格: ¥ 1,680 (税込)
商品の説明
* 単行本: 233ページ
* 出版社: アスペクト (2006/9/28)
* ASIN: 4757212984
* サイズ (cm): 19 x 13


先日の出張のとき、新幹線の中で読んだ本ですが、かなりインパクトがありました。


世界的に有名な会計事務所、KPMGのCEOを務め、バリバリはたらいている著書が余命100日を宣告されながらも、残りの人生で書き上げた渾身の一冊です。


「時間は大切」

「健康は病気になって初めてそのありがたさがわかる」

なんてことは頭ではわかっているけれど、しょせん知識レベルなんだと気づかされました。


死を意識し、初めて気づくものが多くあるかもしれませんが、
家族の大切さ、そして、「今」を生きることの価値。


仕事で新幹線に乗っていながら、この本を読んだのもなにか意図があるのでしょう。

「夫婦水入らずの時間を削ってまで何年ものあいだ世界を飛び回り、
仕事漬けの毎日を送ってきたのは、ひとつには、これだけ頑張れば
引退後は豊かな生活ができるだろう、との思いがあったからだ」


頑張った後には幸せが、、、、、そのような人生観をもつ多くのビジネスマンに
生き方そのものを考え直すきっかけを与えるかもしれません。


自分ではどうしようもないもの、いくら権力があってもどうしようもないこと、

それは「時間」。

しかしその使い方は自分しだい。

仕事ももちろん大事ですが、本当に大切なもの、それは人によって違うでしょうが、
それが何なのか?

ゆっくり考える時間があってもいいと思います。


仕事が忙しく、疲れが出るこの時期に、自分の行き方を考えるために、
忘年会の一つをちょっと休んで読んでみてはいかがでしょうか?

|

« 11月の中国株の成績 | Main | ワーキングプア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/12999040

Listed below are links to weblogs that reference ビジネスマンに贈る最後の言葉:

« 11月の中国株の成績 | Main | ワーキングプア »