« October 2006 | Main | December 2006 »

November 30, 2006

11月の日本株の成績

11月ももう終わりです。

本当に早いですね。

あと31日皆さんは何をされますか?


今月の成績はいかがでしょうか?

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。


日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

今年は年初からマイナスが続いていましたが、やや持ち直しました。
9月は6.6%のプラス。
10月は11.1%のプラスでした。

しかし、今月はまた-13%とダウンです。

一喜一憂してしまいます(笑)

結局今年は11ヶ月かけて、かなり資産を減らしました(日本株)。

勉強したつもりですが、やはり理論と実践は違いますね。

一度大きく下がると戻すのは大変、ということも頭では理解しつつも、
やはり現実を見ると行動が伴いません。

ある程度ほったらかしの中国株の方が成績がいいのが、なんともいえず悔しいですね。


来月はもっと忙しくなりますが、

どんなに忙しくても、お金の勉強、人間関係の勉強、をしましょう。

どんな成長株よりもすばらしいリターンをくれる
自己投資、勉強を続けて、先人の知恵に学んで経済的独立を果たしましょう!


みんなで一緒に幸せな小金もちになりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2006

香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則

香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則 (単行本)
林 和人 (著)
単行本: 204ページ
出版社: 幻冬舎 (2006/10/11)
ASIN: 4344012402
サイズ (cm): 19 x 13

この本はは、証券会社の営業マンとして、香港の大富豪たちと交流し、一財産を築いた著者が、そのエピソードをもとに、儲けるための鉄則をまとめた一冊です。

中国株をされている方はユナイテッドワールド証券を利用されている方もおられるかと思います。
私もそうですが。

著者はそこの会長、グループ代表です。

確かに中国株を始めた頃、ユナイテッドは手数料も安く個人投資家向けに特化していましたが、なぜそうなったか、この本を読んでよくわかりました。

内容は、中国株の銘柄がのっているような本ではありません。


「仕事を極めて人間性を磨き、不労所得で財を成す」

という、いわばあたりまえ、王道の話しを華僑大富豪の言葉を借りて、ご自身の成長も交えた自伝風となっています。

この本を読めば即お金持ちになれる、という考えの人は読まないほうがいいでしょう。

しかし、長期的に真っ当なお金持ちになりたい人は得るべきものが多いです。

お金の成功本としても、オススメします。
ちまたの評論家とはちがい、実践者の言葉は重いです。


◆香港大富豪の7つの鉄則として、以下をあげています。

1.経済的合理性を第一に考える
2.お互いに儲ける
3.お金に感情をはさまない
4.資産は不労所得で増やす
5.一極集中投資こそ王道
6.国境を越えて投資する
7.つねに三年先を検証する

どれも納得のいくものばかり。理解されている方は、あとはどう実践するかですね。

成功者のダークサイド、いわゆる闇の部分にもすこしふれてあり、単純にお金を追い求めている人もすこし
よんでも良いのではないでしょうか。

もちろん、中国株やマカオ、ベトナムに興味があるひともいいと思います。

それと、著者が大事なものとしてあげていますが、

「感情をコントロールする正しい知識を持つ。」ことは本当に大切だと思います。

私も大切にしている、お金のEQの部分ですね。


「経済的合理性があると時間に無駄が無くなる」とも言われています。

だれしも平等にある時間、それの使い方で人生が決まる、と。

著者の述べるお金持ちへのステップを私なりに解釈すると

目標となることを定め、毎日の行動記録をつけて、日々振り返る。

まずは働きながら、投資するタネ銭を作る。

そして、投資に関する勉強を始める。

本を読み、メンターに教えてもらい、情報集め、徹底的に勉強し、経験をつみ、行動を重ねる。


本当に王道ですね。

わたしにとっては最後のページの言葉がやはり記憶に残りました。


「あきらめてしまうことはとてもカンタンです。
勉強したくない日もたくさんあるでしょう。
しかし、自分の人生を実りあるものにしたいと願う人であれば、まず行動すること。

さあ、始めましょう。
笑って、三年後の自分に出会うために。」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 21, 2006

フィッシャーの「超」成長株投資

フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (単行本(ソフトカバー))
フィリップ・A. フィッシャー (著), Philip A. Fisher (原著), 高田 有現 (翻訳), 武田 浩美 (翻訳), 荒井 拓也
* 単行本Fisher
333ページ
* 出版社: フォレスト出版 (2000/10)
* ASIN: 4894511029
* サイズ (cm): 19 x 13

成長株といったら絶対に忘れてはならない名著です。

フィッシャーの「超」成長株投資。

友人に貸して、そのままかえってこなくなっていました。

昨日、ふと、古本屋に寄ったらなんと525円で売っていました。即効で買いました。

書き込みもほとんど無く、焼けや汚れもなく、本当にお買い得でした。


中身は、ご存知、世紀の投資家バフェットのお師匠の一人、フィリップ・A・フィッシャーが1958年に書いた、
名著『Common Stocks And Uncommon Profits』の翻訳版です。

訳については、以前から賛否両論あります。英語が出来る人は両方比べると面白いかも。


確かに体裁に違和感を感じるかもしれませんが、

「とりあえず読んどけ」

に分類される数少ない本でしょう(笑)


成長株投資に限らず、株で成功したい人は必須です。

中身は詳しく書きませんが、とても古い時代に書かれた本とは思えないほどすぐれた考えに感銘を受けるもよし、
ズバッと固定観念をきってもらうのもよし。

本書どおり実行できるかどうかは別にして、偉大な先人の知恵を学んでおきましょう。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 18, 2006

人はなぜ生まれいかに生きるのか


人はなぜ生まれいかに生きるのか―
新装版・自分のための「霊学」のすすめ (単行本)
江原 啓之 Eharahitohanaze

価格: ¥ 1,365 (税込)
単行本: 212ページ
* 出版社: ハート出版; 新装版版 (2001/10)
* ASIN: 4892954977
* サイズ (cm): 19 x 13


江原さんの本の中でもっとも人気のある本の一つらしいです。

1995年刊「自分のための「霊学」のすすめ」の改題・新装版ということで、確かに10年前だとちょっと
時代の先取りしすぎだったと思います。今は、スピリチュアルがブームとなり、女性の中にかなり感受性豊かな
ひとがでてきています。人類の集合無意識を感じる人も増えてきているので、こういう本も売れるんでしょう。

内容は江原さんが好きな人にはもちろんオススメです。

そうでなく、オーラの泉やスピリチュアル的なものを見て、なにか感じるところがある日とは是非読んでみることをお勧めします。

人によって受け取り方が違うので、必ずしも江原さんとあう、あわないはあると思いますが、
一度心の片隅でも感じてしまうと、もう後には引けないでしょう。

霊的な考え方に染まる必要はありませんが、シンクロニシティを楽しむといいと思います。

『この世の全ての出来事が偶然ではなく必然』と思うだけでも、これからの日常生活が変わっていくはずです。

自分がこの世に生まれてきた意味をすこしでも考える、考えようと思うだけで、時間の使い方から変わるはずです。

この世にいる、限られた時間を有意義に過ごすためにも、ゆっくり自分自身について考えてみるのも良いかも。

興味のある人は是非どうぞ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2006

2626湖南有色金属がすごい

ニイハオ、こんにちは。

ようやく北京にたどり着きました。

大阪、東京、横浜と濃いーセミナーをこなして、もうへとへとです。

途中、思わず涙しそうになることもありました。自分を見つめる時間って必要ですね。

それにしてもやはりエコノミーはつらい。明日の帰りはビジネスのはずなので期待しましょう。

そう、いつものとおり、一泊二日の北京です。今回の滞在時間は 18時間もないでしょう(笑)

で、さきほどふと、みたら湖南有色金属がすごいことになってますね。

いろいろ買いあさっている方々がいるようです。ま、持っている株が上がるのは良いことです。

2006/11/08(水) 湖南有色金属:JPモルガンが331万株買い増し
2006/11/03(金) 湖南有色金属:Baringが400万株を買い増し
2006/11/02(木) 湖南有色金属:JPモルガンが2932万株を買い増し

ま、彼らの持ち株数にしてみればごみですが、、、


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2006

本田健セミナーと豊かさのマスターセミナーと北京の旅

なんというタイトルでしょう。

明日からしばし、旅に出ます。

明日は大阪、リーガロイヤルホテルで表彰式。
先日、すてきな仲間たちとオフ会をしたホテルです。いいホテルなのでまた楽しみです。

その後、夜に東京入りします。

11日は2ヶ月ぶりの本田健ちゃんセミナーです。

久しぶりにみんなと会えるのが本当に楽しみです。

これまた東京のいいホテルが会場です。
ラフな格好でいいのかしら?


で、懇親会、パーティと続くはず。楽しみな夜ですね。


で、12日。

「豊かさのマスター(木星)からのエネルギーとメッセージを受け取る」

あやしいですね(笑)

横浜のすごいヒーラー(肩書きが多すぎてわかりません)の方が特別に
プログラムを組んでくれました。

「聖水」もつくってもらう予定です。

東京から横浜に行って、午前中はたっぷりとスピリチュアルの世界へ。

「豊かさのエネルギーの宝庫の木星のマスターを呼んでエネルギーを参加者一人
一人に送ってもらいます。」

とのことです。うーん、ワクワク。

「自分自身の未来の豊かさを豊かさのマスターにお願いしましょう。
そして参加グループ全体へ豊かさのマスターから今必要なメッセージをお伝えします。」

何を願おうか、何をうけとるのだろう?

今考えていることと、健ちゃんセミナーを受けた後では変わるかな?


そのあと、溝の口のオフ会にいきたいのはやまやまで、
成田空港へ。

夜の便で北京に行きます。
夜に一人で中国に行くのは正直怖いですね。

よくかんがえたらいままで、空港まで運転手や通訳の方が
来てくれていたので安心していました。
夜に一人でも大丈夫か?


本当はゆっくりしたいのですが、なんだかドタバタ珍道中になりそうです。

また、セミナーなどの内容はシェアしていきますね。それでは、ごきげんよう。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

週15分の株式投資で大金持ちになる!―ルールNo.1投資法

週15分の株式投資で大金持ちになる!―ルールNo.1投資法 Ruleno1
)
フィル タウン (著), Phil Town (原著), 中島 早苗 (翻訳)
価格: ¥ 1,680 (税込)
* 単行本: 244ページ
* 出版社: アスペクト (2006/05)
* ASIN: 4757212720
* サイズ (cm): 19 x 13

アマゾンではなく、たまたま本屋でぶらぶらしているときに見つけました。

「1000ドルの元金を5年で100万ドルにしたカリスマ個人投資家が、アメリカで絶大な人気を誇る株式投資のテクニックを大公開!」

「株式市場は、つねに適正な株価をつけるとは限らない。
そのチャンスを狙って、あなたにとって意味のある優良銘柄を、適正株価の半値になったときに買い、上昇したら売る。
それを繰り返すことで、あなたも必ずミリオネアになれる。」

なんて帯書きをうさんくさいとおもいながら、
「バフェットの後継者」
「株式投資の神様ウォーレン・バフェットの投資テクニックをベースに考案されたルール・ナンバー・ワン投資法」
というのに反応してしまいました(笑)


恥ずかしながら私はしらなかったのですが、いまアメリカで最も支持を集める投資家フィル・タウン氏の本です。
「ルール・ナンバー・ワン投資法」という、ウォーレン・バフェットの投資テクニックをベースに考案された方法が紹介されています。

読んだ結果は、当初の予想よりもかなりいい本、というのが正直な感想です。

単なる銘柄選びのテクニックの紹介ではなく、投資に関する考え方から入るところに好感が持てます。

投資の基本は「四つのM」として、意味、堀、経営者、安全域の考え方を示し、株ではなく企業を買いなさいと支持し、
その後で具体的な指標としてビッグ・ファイブをあげています。

ちなみに、ビッグ・ファイブとは、
1.投下資本利益率(ROIC)
2.売上高伸び率
3.EPS
4.一株あたり純資産伸び率
5.フリーキャッシュフロー伸び率
です。
ROICが一番目に来ているのがいいです。個人的にも重視してます。
またバフェットの投資テクニックをベースにしているといいますが、やや説明をはしょっているところもあるので、バフェット本
にも目を通していると理解が高まりますし、銘柄選びに役立つと思います。

ただし、ファンダメンタル分析だけでなくテクニカルも活用しています。

具体的には
1.MACD
2.ストキャスティクス
3.移動平均
です。


後半では、売りのタイミングについても解説があり、また、私も含めて多くの人が陥りやすい感情的な投資法則、陥りやすいわなについても
説明があります。

総合的にみて、てんこ盛りでどれも不十分な面があるという人もいるかもしれませんが、ROICを重視しているし
感情面の記述もあるということで、個人的にはいい本だと思います。


「ルール・ナンバー・ワン投資法」は、
週15分のトレードで、年15%のリターンが上げられるというものです。
そのテクニックを要約すると、
・優良企業を見つけ、
・企業価値を算出し、
・それが半値のときに買い、
・大富豪になるまでそれを繰り返す、というステップを経ます。

というのは納得です。週15分というのは、最初は無理だと思いますが、、、、


しかしですね、
本の帯にでかでかと書いてある
「わずか1000ドルの元金を5年で100万ドルに!」というのはあきらかにあやまりですね。

「ルール・ナンバー・ワン投資法」は年15%なんだから、、、、


その秘密は本書の最後に書いてある、リスキービズポートフォリオです。
「ルール・ナンバー・ワン投資法」の例外として、投資資金が5万ドルくらいに増えた後での話しだそうです。
著者は具体的に、バイオ銘柄とソフトウェア企業で1000ドルが4年で100万ドルになったとのことです。

本を売るためとはいえ、誇大広告のような内容はいただけません。

上記の投資法は余裕資金がある人には普通のことです。
それはそれで別にきちんと書けばよいと思うのは私だけでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 05, 2006

仕事が嫌になった人へ Happy@Work

仕事が嫌になった人へ Happy@Work
岩元 貴久Sigotogaiyani

価格: ¥ 1,575 (税込)
* 単行本: 262ページ
* 出版社: PHP研究所 (2006/6/22)
* ASIN: 4569647731
* サイズ (cm): 19 x 13


情報商人としてネットの世界では有名な岩元さんの本です。

発売時に読んでいたのですが、紹介が遅れました。

タイトルからすると仕事に悩んでいる人向けと思われるかもしれませんが、ビジネスマンすべてに読んでもらいたいような本です。

自己啓発、成功哲学の本を読んでいる人は、確かにどこかで読んだことがあるな、とおもうことが書いてあるかもしれません。

たとえば、


問題解決の仕方
1 自分が望むゴールを明確にする。
2 ゴールにフォーカスする。
3 ゴールを達成するための質問「どうすれば、、、?」を口癖にする。


それぞれの一行に書いてあることが、どれも一日のセミナーがひらけるほど奥が深いものですね。

ビジネスでも成功を収めている岩元さん流にまとめられているので、是非行間まで読んでもらいたいです。

あと、個人的にセミナー好きとしては、
成長のための投資の重要性を説いているところです。

もちろん、セミナーなどの自己投資のことです。

アンダーバリュー、本来の価値よりも低い評価を受けているものに投資をするのが、投資の王道です。

あなたのまわりに、100%確実にアンダーバリューのものがあります。
それは「あなた」です。

もっともっと自分に投資して本来の価値を高め、発揮するべきとといています。

特にいいと思ったのが、セミナーに参加するときの心がけです。
1)セミナー参加の目的意識を明確にする。
2)セミナー参加後の計画を立てる。

どちらもさらっとかかれていますが、本当に大切なことです。
しかも、セミナーに参加するほど一般の人よりも意識の高い人ですらあまり実行していません。


なにごとも最初の意図が重要です。

本書を読んで、あらたにセミナーでも読書でも勉強でもチャレンジするとき、是非、
何のためにするのか、そしてその先にあるものを見据えて行動しましょう。
いつのまにか、手段が目的にすりかわらないように。


生きている意味や幸せについて、天職や仕事の意義など、本当に書きたいことは今回省きましたが、
多くの気付きを得ることが出来る本です。

たしか、著者のホームページから、セミナーの音声をダウンロードできるはずですので
是非聞いてみて下さい。


また、マスターマインドセミナーなんかも開かれるようですので、興味のある方は参加されては?
セミナーの楽しみは、セミナー自体もそうですが、意識の高い参加者同士の交流ですので、、、

http://www.rocknoble.com/seminar/mm2006.asp


| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 04, 2006

10月の中国株の成績

中国株も日本株と同じく月末にチェックしています。

もう、4日ですが、、、、

日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

先月比で

H株が 4.8%
B株が 7.3%

でした。

日本株と同じで少しですが両方とも順調ですね。

日本株と違って今月は、銘柄入れ替え、新規銘柄購入しました。

チャンマオ・バイオケミカル(常茂生物化学工程 )は買い増しです。

かなり値上がりした
0696トラベルスカイ・テック
11381138チャイナシッピング
の一部を売り、現金で
0342 新海能源 (ニューオーシャンエナジー)の新規購入おt
8208 常茂生化 (チャンマオバイオ)を買い増ししました。


HNC(湖南有色金属公司)も上がってきました。
ワション・メーターズ(威勝儀表)だけぱっとしません。


しかし、こうしてみると、銘柄がやはり増えてきてしまいました。

半年前のように、銘柄整理して、集中しないといけない、、、、とはおもいつつも絞りきれません。


ファイナンシャルプランナーとしては、初心者にはリスク分散を言っていますが、個人的には集中投資です。

そのための銘柄調査が出来ていない証拠です。もうすこし、絞ろうと思います。

さあ、今日もあなたと私はラッキーです。ついてる、ついてる、ラッキーラッキー。

うれしいから笑顔になるのではありません。笑顔を作るからうれしくなるのです。

だまされたと思って、「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、ありがとう、大好き、ついてる」と言ってみてください。

きっといいことが起こります。いいことは伝染します。つきの輪を広げて幸せな小金もちになりましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2006

10月の日本株の成績

11月になってしまいました。
整理し忘れていましたが、10月の成績です。
2006年もあと2ヶ月です。
早いですね。

今月の成績はいかがでしょうか?

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。


日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

今年は年初からマイナスが続いていましたが、やや持ち直しました。
8月は10.4%でプラス。
9月は6.6%のプラス。
10月は先月日で11.1%のプラスでした。


しかし、年初に比べるとまだ少ないです。
一度大きく下がると戻すのは大変です。
今年も大きく伸ばしている人を見習いたいものです。

今月も多少信用取引しただけで、ほとんど時間を費やしていません。
時間を確保することが一番の先決です。

ほったらかしでふえた05年度とは違うので、もっと勉強しないといけませんな。

来週は、メンターのセミナーもあります。半年間のプログラムの最後なので大変です。
それが終わるとすぐ海外出張。
来年度に向け、本業は忙しいし、ネットビジネスもますます忙しい。
大学の論文もある。

どたばたしすぎ。


「選択と集中」

自分が何をするべき、考える時間をきちんと持たないとだめ。


先月から状況は改善するどころか、ひどくなる。

内観する時間が必要ですね。


人にお願いできる仕事はお願いして、「自分にしか出来ないこと」に大切な時間を割かなければ、、、、、

どんなに忙しくても、お金の勉強、人間関係の勉強、どんな成長株よりもすばらしいリターンをくれる
自己投資、勉強を続けて、先人の知恵に学んで経済的独立を果たしましょう!


みんなで一緒に幸せな小金持ちになりましょ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »