« 「ライフワーク」で豊かに生きる | Main | 注目の一冊:『グズな大脳思考デキる内臓思考』 »

October 17, 2006

六星占術による火星人の運命〈平成19年版〉

六星占術による火星人の運命〈平成19年版〉 (文庫)
細木 数子Kaseijinn

価格: ¥ 560 (税込) 1
# 文庫: 124ページ
# 出版社: KKベストセラーズ; 平成19年版版 (2006/8/21)
# ASIN: 4584308365

テレビでおなじみの細木数子さんの本です。

私は火星人(-)です。来年は今年よりも好調です。楽しみですね。

ちなみに、去年下記のように書いています。

人によって好き嫌いは分かれると思いますが、わたしはかなりまともなことを言っていると思います。服装やら話し方が嫌いという人もいるかもしれませんね。

そういう人には本のほうがいいかもしれません。発行部数が5300万部を越え、“占い本世界一” として『ギネスブック』に連続掲載されるほどですので、それなりに支持されているのでしょう。


ミリオネアは占いを信用しないが、ビリオネアは専属の占い師がいる、とアメリカでは言うそうなので、いいことは信じたらいいと思います。

ちなみに私は火星人だそうで、平成17、18、19年はかなり運勢がいいそうです。

でも、細木さん自身が言っています。

「占いはあくまで占いです。知らないよりは知っていたほうがよいとは思いますが、あまり占いに頼って生きてはいけません。この六星占術を入り口に、人間として成長されることを心から願っています。」

そのとおりだと思います。

占いは天気予報みたいなもので、雨が降りそうだといわれれば(降るかどうかはわかりませんが)、傘を持っていこうかな、と思えばいいだけだと思います。メンターにしろ、占い師にしろ、結局は自分の行動しだいです。

自分はラッキーだ、ついていると信じましょう。

自分を信じ、笑顔で一歩でも前進しましょう。笑う門には福来る。さあ、今日も元気でいきましょう!

ここまで。


今も同じ意見です。昨年と比べて、占いやスピリチュアル的なものに対する世の中の要求が高まってきている気がします。

細木さんや江原さんのような方がよくテレビに出ているのが証拠だと思います(それぞれのファンの人には一緒にするなといわれそうですが)

また、スピリチュアルコンベンションなども各地で活発に行われています。

知り合いにも、霊能力者やヒーラー、スピリチュアルマスターの方が増えました。

残念なことに私は霊やオーラは見えませんが、そのような方とお話しするのは大好きですし、やはり勉強になります。

目に見えない部分がかなり大切だと認識しているからだと思いますが、ビジネスマンには少ないそうですね。

とくに私のようなバリバリの理系の分野ではそうです。そりゃ現代科学では説明できないですから。

でも、スピリチュアル大好きなので、両方の世界を楽しんでいきたいですね。

|

« 「ライフワーク」で豊かに生きる | Main | 注目の一冊:『グズな大脳思考デキる内臓思考』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/12322203

Listed below are links to weblogs that reference 六星占術による火星人の運命〈平成19年版〉 :

« 「ライフワーク」で豊かに生きる | Main | 注目の一冊:『グズな大脳思考デキる内臓思考』 »