« スピリチュアル・ヒーリングエナジーIN HAWAII | Main | スピリチュアルな人生に目覚めるために―心に「人生の地図」を持つ »

September 22, 2006

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法
Atamanoiihito

価格: ¥ 1,365 (税込み)
* 単行本: 285ページ
* 出版社: 三笠書房 (2006/08)
* ASIN: 4837956696

本の説明に

「あなたは、いまの生き方で、五年後、十年後、自信をもって「この人生でよかった!」と言い切れるだろうか。

心から満足できるだろうか。あなたはいつも、「いい意味で自分本位」に考え、行動しているだろうか。

「自分のために生きる」のは、決して利己的なことではない。徹底的に自分のために生きてこそ、他人への思いや
りも生まれる。

これは、自分の運命の糸は自分であやつり、自分の生き方を大事にしている人が口にしない「常識」なのだ。

この本には、自分を大切にし、これからの人生を「快適に生きる」ための、少し過激すぎるほどの処方箋が書かれている。」

とあるように、自分らしい生き方の本です。


もともと全世界で930万部の驚異的ベストセラーとなった、ウエイン・W・ダイヤー博士の名著を再編集した一冊です。


本のタイトルは、『「頭のいい人」はシンプルに生きる』となっていますが、原著は「PULLING YOUR OWN STRINGS」で、本質的には、「自分で自分の人生をコントロールする方法」を説いた一冊です。


冒頭で、「自分自身の主人でない者は決して自由ではない」と唱えたエピクテトスの言葉を引用し、その後は自らの自由を阻害するさまざまな要因を指摘しています。


日常生活や仕事でうまくいかないと嘆いている人は必読ですね。


最近私が好きな言葉というかフレーズに

「自分は人生の運転席に座っているか?」

があります。

他人に依存したり、振り回されてたりしていないだろうか?

自分の人生を自分で責任とってカジ取りしているだろうか?

本書の最後の方に書いてある言葉は印象的です。

「今、この瞬間の自分を大切にし、自分自身をダメにするような姿勢は拒否すること。
それが、強制収用所であれ、また日常生活であれ、生き抜くための基本的な要素のようだ。
日常生活は確かに収容所ほど過酷ではない。
しかし、その牢屋の鉄格子は自分自身が作っている場合がほとんどなのである。」


奴隷解放宣言が出されても多くの奴隷は同じ生活を繰り返したといいます。

自分がつくりだした限界や思い込みにとらわれていないか、自分らしく生きているか

自分の人生を自分でコントロールしているか、人生を振り返るときに読み返したい本です。

|

« スピリチュアル・ヒーリングエナジーIN HAWAII | Main | スピリチュアルな人生に目覚めるために―心に「人生の地図」を持つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/11991253

Listed below are links to weblogs that reference 「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法:

» Bitacle Blog Search Archive - 「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法 [bitacle.org]
[...] 「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法 価格: ¥ 1,365 (. [...] [Read More]

Tracked on September 22, 2006 at 11:33 PM

« スピリチュアル・ヒーリングエナジーIN HAWAII | Main | スピリチュアルな人生に目覚めるために―心に「人生の地図」を持つ »