« 週末だけで300万円!―サラリーマンでもできる情報起業の「すごい稼ぎ方」 | Main | 8208 常茂生化 (チャンマオバイオ) »

August 20, 2006

世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語

Sutekinagakkou
―サドベリー・バレー物語 (単行本)
ダニエル グリーンバーグ
価格: ¥ 2,100 (税込み)
単行本: 312ページ
出版社: 緑風出版 (2006/04)
ASIN: 484610608X

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
いじめ、落ちこぼれ、学級崩壊等、学校の状況はますます厳しくなっている。子どもに大人の価値観を押し付け、管理するやり方では、この傾向は加速するばかりだ。本書は、カリキュラムも、点数も、卒業証書もない世界一自由な学校と言われる米国サドベリー・バレー校の物語である。人が本来持っている好奇心や自由を追い求める姿勢を育むことこそが教育であるとの理念を貫くまさに、21世紀のための学校だ。

内容(「MARC」データベースより)
人が本来持っている好奇心や自由を追い求める姿勢を育むことこそが教育であるとの理念を貫く、まさに21世紀のための学校といえる米国のサドベリー・バレー校の物語。卒業生のその後の人生を調査したアフターワードを加筆。

すべて表示 商品の説明
第1部 お勉強?(算数
クラス
ひたむき ほか)
第2部 学校生活(全校集会
危険がいっぱい
信頼のシステム ほか)
美しい子ども期は、美しい人生の出発点になるか?―学校体験と人生、サドベリー・バレーの卒業生たち 日本語新版へのアフターワード(ミムジー・サドゥスキー)(仕事を積極的に探求
時間をコントロールする
情熱、そして共感 ほか)

これは教育関係者だけでなく、小さなお子様がいる方、結婚されて子供を作ろう(欲しい)とされている方など
すべての方に読んでいただきたい本です。


私のメンターのオススメ本です。

内容は難解なものではなく、ある学校の日常などを紹介しているだけなのですが、
教育とは、子育てとは何かを考えさせてくれます。


いわゆる今の日本で「優等生」といわれている子供は
この学校にくれば大変困るでしょう。

自分とは何か?

大人でも今の日本ではわかっていない人がほとんどだと思いますが、、それを小さい頃から
楽しく考えさせてくれるすばらしい学校、環境は本当に素晴らしいと思います。

この素晴らしい学校に子供を通わせるためだけに、メンターはアメリカに引っ越しました。

残念ながら私はそんなことできませんが、教育、自由について考える機会が持つことができてよかったと思います。

あまり細かいことは書きませんが、日本の将来は大丈夫だろうか?今の子供たちは大丈夫だろうか?
とお思いの方にも読んでいただきたいと思います。

学校に対する考え方が変わること間違いなし!です。

|

« 週末だけで300万円!―サラリーマンでもできる情報起業の「すごい稼ぎ方」 | Main | 8208 常茂生化 (チャンマオバイオ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/11522282

Listed below are links to weblogs that reference 世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語:

« 週末だけで300万円!―サラリーマンでもできる情報起業の「すごい稼ぎ方」 | Main | 8208 常茂生化 (チャンマオバイオ) »