« サラリーマンでも勝てる!年利400%「スイングトレード」術 | Main | 世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語 »

August 19, 2006

週末だけで300万円!―サラリーマンでもできる情報起業の「すごい稼ぎ方」

Shuumatu300mann
!―サラリーマンでもできる情報起業の「すごい稼ぎ方」 (単行本)
三木 健博
価格: ¥ 1,365 (税込み)
単行本: 199ページ
出版社: 双葉社 (2006/07)
ASIN: 4575299006

商品の説明
出版社/著者からの内容紹介
ネットで簡単! 入金が殺到する非常識な設け方の秘密。平日はしがないサラリーマン……が週末だけで年収400万円! 
「失敗してもリスクはゼロ!時間と手間をかけなくてもアイデアひとつでこんなに稼げるんです」

内容(「MARC」データベースより)
サラリーマンをしながら週末だけで月300万円を稼ぎ出す著者が、情報起業で成功するためのノウハウを紹介。
時間のない人、今の自分自身に不満を感じている人に贈る、アイデアと戦略だけで勝負できるビジネスの提案。

目次
chapter1 情報ビジネスは”リスク・時間・知識”いらずで儲け無限大
●サラリーマンが3カ月足らずで月収300万円の起業家に!
●そもそも「情報ビジネス」って何?
●単価1万9800円でも「安い」
●失敗しても”骨折り損”だけ。その日からリベンジが可能
●”すぐ始め、時間かけず、手間かけず”
●”他人のふんどしでOK”だから、何も知らなくても儲かる
●なぜ”サラリーマンを続けながら”が成功するのか?
Chapter2 収入がグングン上がる”儲かる法則”
●儲かる情報ビジネスには法則がある
●成功の方法を教え合う世界
●わからなければ”わかる人に聞け”
●いいメンターに出会うことが成功への近道
●つき合いを広げることが情報ビジネスでの成功に
Chapter3 儲かるネタが見つかる”マル秘ノウハウ”
●”儲かるネタ”と”儲からないネタ”を見極める
●「こんなことが知りたかった」と思わせるようなネタを探す
●まず、ネタは”好き・よく知っている・興味がある”から探す
●"売るネタ”を実際に考えてみる
●”日本の人口は1億2000万人”だから、ニッチなネタでも儲かる
●”長続きする”ネタを考える方法
CHAPTER4 すぐ稼ぐために”知っておきたい鉄則”
●準備しながら始めて、”ダメだったらすぐやめる”
●大切なのは”ルックスより中身”
●名前がよくなければ商品は売れない
Chapter5 アクセス数を上げる”驚異のテクニック”
●いいホームページ・メルマガを”正しく”マネする
●”無料購読”のメルマガで商品のよさを伝える
●ブログ+メルマガでお客を”はさみうち”にする
●「セールレター黄金法則5カ条」
●情報ビジネスで活用したい便利なサービス、ソフト
Chapter6 購入率を上げる”顧客満足度アップ術”
●「無料レポート」でお客を引き込む
●”お得”と思わせる価格設定術
●成功している人と”いっしょに稼ぐ”相互紹介
●意外なところからアクセスを稼ぐ「オークション作戦」
●最後のひと押し「別途相談」
●最強のクレーム防止マニュアル


最近情報商材で成功した人がよく本を書いていますが、この方もそうです。
サラリーマンなのに、情報商材で年収4000万だそうです。

商材は見たことがありませんが、中国株についてらしいです。

自分の趣味で儲けて、さらにそれを情報商材で儲ける。いい感じですね。

どうしても個人情報の一部を表にさらさなければならないリスクはありますが、
(いくつか隠す方法もあるようです)
今の会社に嫌気がさしている人や売るネタをもっている方なんかは
いいんじゃないでしょうか?

|

« サラリーマンでも勝てる!年利400%「スイングトレード」術 | Main | 世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/11506903

Listed below are links to weblogs that reference 週末だけで300万円!―サラリーマンでもできる情報起業の「すごい稼ぎ方」 :

« サラリーマンでも勝てる!年利400%「スイングトレード」術 | Main | 世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語 »