« トイレ騒動;白い便 | Main | 助手席から運転席の人生へ »

July 17, 2006

運命は決まっているか

セミナー後、日常のさまざまな出来事について、自分の過去について、これからのことについて、頭の中が混乱です。


ダヴィンチをどうするか、中国株も気になるしなんてことを気にしながらあることについて考えていました。

たとえば、自分の運命は果たして決まってるのか?

こんなこと、考えても仕方ないことなのかも知れません。

悩む間に行動、というのも確かにそうです。

しかし、じっくりと自分のこれからのことを考えてみるのもいいかもしれません。


運命については私の考えは下記が大きく影響しています。

自分が生まれてきたことや生まれた国、環境、など多くのことは変えられない。
それは宿命と言って決められたこと。

人間はその中で、いわば与えられた環境で自分の役割りを、自分の生まれてきた意味を真剣に考え、自分らしく精一杯に生きる。

そのような過程の中でいろんな人やモノ、機会、イベントと出会う。

そのような出会いこと人生の宝である。もちろん、宝なのに悪魔と思って自分の人生を呪う人もいる。

しかし、良い出会いは素晴らしい運やつきを運んでくれる。

そのような出会いによって新たな、もしくは本来の自分の生き方を見出す。それが運命。

運命に導かれ、次なるステージで自分らしく本来の才能を発揮していく。


そうすれば次は新たなものとである。それは使命。

自分の人生をかけて、自分が行う本来のライフワーク。つまり、自分のためでなく、世のために人類のために使ってもらう命である。

そのようなステージの上りつめた人はもちろんおおくのギフトが与えられる。

地位、名誉、お金、、、、そんなものはすでにそのステージの人にはどうでもいいこと。

人生、運命は決まっているかもしれないけれど、出会いにより、変わっていく、でも本来の自分がなすべきことは決まっている。そんな感じ。


自分がもってうまれた本来の才能、自分の天才性(それはだれでももっている)を発揮して、いきききと楽しくにこやかにワクワク生きる。それが本来の生き方ではないだろうか?

というわけで、やはり経済自由人、幸せな小金持ちがいいとことにおちついた。

明日はダヴィンチどうしようかな?

|

« トイレ騒動;白い便 | Main | 助手席から運転席の人生へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/10985290

Listed below are links to weblogs that reference 運命は決まっているか:

« トイレ騒動;白い便 | Main | 助手席から運転席の人生へ »