« 運命は決まっているか | Main | ダヴィンチ惨敗 »

July 18, 2006

助手席から運転席の人生へ

とても素晴らしい話があったのでご紹介です。宝地図の望月さんのメルマガです。
(宝地図 夢をかなえた88話)


自分の人生だからこそ主体的に生きたいですね。

【 1 】 助手席から運転席の人生へ
……………………………………………………………………………………………


 頭の中でこんなささやきを私は繰り返していました。


   ・何をしてくれるのか?

   ・何を与えてくれるのか?

   ・どういうチャンスをもらえるのか?

   ・どれだけ頂けるのか?

   ・どうしてくれるのか?

 このような受動的な考えでいると、どうも不平不満が生まれて
くることが多かった気がします。


   ・やれ世の中、思うようにいかない

   ・給料が少ない

   ・休みが少ない

   ・チャンスを与えてもらえない

   ・評価・承認されない

   ・愛してもらえない

 
昔「くれない族」と言う言葉がよく使われたことがありましたが、
それに属していました。

その不平不満の人生・くれない族から抜け出すには?



 『何が自分にできるだろうか?』
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 『どうしたら、何を変えたら、楽しくなるだろうか?』
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 『どんな可能性があるだろうか?』
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 と問い直すことですね。

 そうすると無力感を感じたり、自分自身について厳しい目を注がなければ
ならなくなったり、つらかったりすることもあるのですが、

 車の助手席に乗っていて、どこに連れて行かれるのか、わからない人生から
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 運転席でハンドルを握って自由自在に進む人生に変わていきます。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


1961年の大統領就任式でJ・F・ケネディは語りました。

 『国民諸君、国が何をしてくれるかではなく、

    国のために自分が何をできるかを問うてほしい』

 あなたは今、与えられている課題や目標に対して、何ができるでしょうか?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 書き出してみると結構できることがあるものです。

 その問いかけから行動の一歩が始まることでしょう。


 答や解決のヒントが得られないのならば、

     問いの方向を変えてみてはいかがでしょうか?
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 すると思い通りにならない助手席の人生から
 
 自由自在にハンドルを操作できる運転手の人生になります。


 そうそう、宝地図や人生の目的というカーナビも
 忘れずにセットしましょうね。

|

« 運命は決まっているか | Main | ダヴィンチ惨敗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/10990605

Listed below are links to weblogs that reference 助手席から運転席の人生へ:

» 億万長者から、こっそりと教わった夢実現手法「宝地図」 [「宝地図」]
作ったら叶うしかないと言われている夢実現手法「宝地図」 [Read More]

Tracked on July 28, 2006 at 10:58 AM

« 運命は決まっているか | Main | ダヴィンチ惨敗 »