« ダヴィンチ1勝2敗 | Main | ワーキングプア »

July 22, 2006

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894511673/503-3209605-0360760?
Nazegannbatteiru
(単行本)
ジョン・キャパス
価格: ¥ 1,365 (税込み)
商品の詳細
単行本: 185ページ
出版社: フォレスト出版 (2004/5/19)
ASIN: 4894511673


どきっ、とするようなタイトルですよね。

特に、成功法則の本なんか、好んで買う人にとっては(笑)

いわゆるポジティブシンキングだけでは、だめですよ。もっと深いところから学ばないと、、、と言うわけです。

深く勉強されている方にとってはなるほど、そうそう、とうなずかれるかもしれません。

小さい頃から叩き込まれたその人の考え方、プログラムが無意識に働いているうちは、顕在意識でポジティブになろうとすれば
するほど、潜在意識がブレーキをかけ、反対のネガティブになりバランスをとる。

それがわかる人もいると思いますが、では、どうすればいいの?

よく、考え方を変える、脳のOSを入れ替えるなんていわれますが、なかなか人の中身は変えられない。


成功者にあって、未成功者にないもの?

それは「秘訣」でも「才能」でもない。

「決めたことを継続する力」「モチベーションを維持する力」です。


こうすればいい、とわかっていても、それを継続するのはなかなか骨が折れます。

ポジティブ依存よろしく、あれをしろ、これをしろ、といわれても疲れます。


そこで、出てくるのが、本書で紹介されている「メンタル・バンク・コンセプト」。
これは、成功、健康、幸福、繁栄を実現させるために「誰にでも使える、努力のいらない、簡単な方法」です。

詳細は省きますが、ネガティブ思考を払拭するために、夢の家計簿をつけているといったらいいでしょうか。
毎晩のちょっとした行動で、少しずつプログラムです。

確かに面白そうですね。アファメーションの仕方や睡眠の解説なども非常に興味深かったです。

宝地図という優れた方法がありますが、どちらかというと、コツコツ日記や家計簿をつける方、お金の好きな方(笑)は一読されたらいかがでしょうか。

|

« ダヴィンチ1勝2敗 | Main | ワーキングプア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/11054953

Listed below are links to weblogs that reference なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか? :

» 村上ファンドが捕まった裏事情 [裏ニュース]
そんなミスを犯すはずがない、俺は裏で色々あったと思ってる [Read More]

Tracked on July 24, 2006 at 10:03 AM

« ダヴィンチ1勝2敗 | Main | ワーキングプア »