« 天才たちの共通項 ~子育てしない子育て論~ | Main | 4月の中国株の成績 »

April 30, 2006

4月の日本株の成績

もうゴールデンウイークですね。

みなさんはどのようにすごされているでしょうか?

長期投資なので一喜一憂してはいけませんが、自分の取引を見直す上でも振り返るのは大切なことです。


日本株の目標は、これまで通り、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年(=24ヶ月)で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則ですね)

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

昨年12月は30.23%でした。大きくプラス。ありがとうございます。
今年に入って
1月は-5.4%でした。ライブドアショックがききました。
2月も-4.29%。
3月も-1.45%でした。3ヶ月連続下落は初めてですねーといっていましたが、
4月は-18%でした。最大のマイナスだと思います。

集中ポートフォリオなのでダヴィンチがさがれば連動して下がるので仕方ないです。

たまにトレードしていますが、損切りは遅く、利食いは早くになってしまうのが反省点です。

今月は
9883 富士エレクトロニクス
9943 ココスジャパン
5727 東邦チタニウム
などで利益を得て、勝率では高いですが、数少ない負けの損の絶対値が大きいためトータルでは良くないです。

この損大利小をなんとかしないといけないです。

先月も反省したのに、進歩していませんね。ダヴィンチは信用規制もあり、もう一段の下げもあるかもしれません。余裕を持って対処しましょう。

中国株も含めてあちこち手を出しすぎて勉強がおろそかになっています。GWに今後どうするか、ゆっくりと考えるいい機会だと思います。

好調な方も、いまいちな方も、勉強を続けて、先人の知恵に学んで経済的独立を果たしましょう!みんなで一緒に幸せな小金持ちになりましょう!


|

« 天才たちの共通項 ~子育てしない子育て論~ | Main | 4月の中国株の成績 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/9823513

Listed below are links to weblogs that reference 4月の日本株の成績 :

« 天才たちの共通項 ~子育てしない子育て論~ | Main | 4月の中国株の成績 »