« SEM(検索エンジンマーケティング) | Main | ニューヨークの株式仲買人のスタインハート氏の例 »

March 17, 2006

「できる子」の親がしている70の習慣

dekirukonooya70
PHP文庫
七田 真 (著)
価格: ¥540 (税込)
書籍データ
文庫: 230 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: PHP研究所 ; ISBN: 4569664482 ; (2005/09)

右脳教育で有名な七田さんの子育て本です。この本もセミナー講師から借りました。

文庫本ですが、2001年に出版された本「どの子も伸びる正しい知力の磨き方」を改題、再編集したものです。

第1章 がんばれる子
第2章 勉強できる子
第3章 創造力のある子
第4章 がまんできる子
第5章 けじめのある子
第6章 伸びる子
第7章 思いやりのある子

いくつかの観点で、早期教育とプラス思考で子どもを伸ばす知恵を具体例で示しています。

どうしても、七田チャイルドアカデミーの宣伝本ととられてしまうようですが、書いてあることは本当に真っ当なことだと思います。早期教育も程度問題だと思いますが、やはり必要だと思います。公立小学校の現状はひどいものですので。

昨今の痛ましい少年犯罪などについて、「非行に走るのも、天才に育つのも家庭の雰囲気しだい」といわれていますが、家庭環境、親子の人間関係は本当に大切です。

「人間の本質は3歳までに育つということを忘れない」といわれて確かに納得しますが、まーすでに私の周りは手遅れかも、、、


基本は「きっとできる、と励ます」「特訓より手助け」など、ポジティブ思考、心理学、日本古来の教育のよさを随所に取り入れたものだとおもいます。

「勉強嫌いは “やまびこ法”で変身」など、コーチングでもよく聞く話ですね。

ビジネスマン同士の会話でも親子でも基本は同じなんだと思います。

とくに、子育てに限らず、「ついてる」を大切にしている私としては、下記の文章に大変納得しました。やはり、いつもニコニコ笑顔でラッキーな言葉を発するのがいいんですね。


子供を劇的に変えるたった2つの小さな行動

自分の性格を変えられないと思っておられるのなら、それは間違いです。

性格を変えるのは本当は簡単なことなのです。

新しい習慣を作りましょう。新しい習慣を二つだけ作るだけで、性格は変えられます。
自分を表現する方法をちょっと変えれば、自分を劇的に変えることができるのです。それは

1)良い言葉を口にする。

2)笑顔で言う

ということです。

有名なニューヨークのスタインハート氏の例があげられています。


明るい言葉を笑顔で口に出すということを新しい習慣としてくださったら、あなたは良い生き方のパターンを選んだということになり、周りが変わっていきます。

|

« SEM(検索エンジンマーケティング) | Main | ニューヨークの株式仲買人のスタインハート氏の例 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/9124876

Listed below are links to weblogs that reference 「できる子」の親がしている70の習慣:

« SEM(検索エンジンマーケティング) | Main | ニューヨークの株式仲買人のスタインハート氏の例 »