« 最近の相場 | Main | 宝の山 »

February 19, 2006

UFJニコスカードの海外でのカード磁気情報の流出!!

UFJニコスカードから連絡がありました。

海外(アジア)にてカードが利用された取引からカード磁気情報の一部が流出した可能性があるとのこと。

現時点では不正利用はないそうですが、万全を期するために、現在利用中のカードを新しいカードに切り替えるそうです。

本当に物騒ですね。スキミング被害やカード詐欺など、ニュースとしては聞いていましたが、いざ自分のこととなると不安です。アジアというと、おそらく中国での使用かと思いますが、一流ホテルだったのに、どういうことなのかわかりません。

先日の海外の金融機関の引越しの対応でややこしさとセキュリティについて感じたとおり、手続きを複雑にすれば安全性は高まるのでしょうが、煩雑ですし、簡易なセキュリティはお手軽ですが、リスクがあります。

おなじく、三井住友銀行から生態認証ICキャッシュカードの案内やATMでの引き出し金額の変更などありました。インターネットやカードなどでお金を平気でやり取りしていますが、今一度セキュリティは万全を期して欲しいでうs。

UFJニコスのように、新カードに交換と言う手法では、根本的な対策になっていませんし、支払いなどでカードを登録しているところにカード変更の手間がかかるので大変不便です。もうすこしなんとかならないものでしょうか?

預金額も使用実績もたいしたことが無いゴミ客は仕方ないのでしょうか?はやくスイス銀行に口座開こうっと(笑)

そういえば、三菱東京UFJ銀行にも大きな変化がありました。
「平成15年に改正外為法・本人確認法が施行されましたが、
その後も国際的なマネーローンダリング規制の動向は強化の一途をたどってお
ります。つきましては、法の趣旨、規制動向に従い、平成18年3月13日
(月)以降、「外国送金」のサービス内容を以下の通り変更させていただきま
すので、何とぞご理解くださいますようお願い申し上げます

海外へのご送金限度額
現状:一回当たりの送金累計額500万円相当以下
⇒平成18年3月13日(月)以降:一日当たりの送金累計額200万円相当以下」

海外のファンドなどはだいたい3万ドルからが多いのではこれではだめですね。
キャピタルフライトもできないし、本当に徐々にではありますが、やばい状態になって言っているようですね。

|

« 最近の相場 | Main | 宝の山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/8728725

Listed below are links to weblogs that reference UFJニコスカードの海外でのカード磁気情報の流出!!:

« 最近の相場 | Main | 宝の山 »