« リーダーになったら悪口は家のネコに話せ! | Main | ポジティブ自立の人 »

February 08, 2006

つい、怒ってしまう人の心理学

tuiokottesimau

C・セメルロース (著), D・スミス (著), 和田 秀樹 (監訳), 新里 聡 (翻訳)
価格: ¥1,575 (税込)
書籍データ
単行本: 223 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 447871066X ; (2005/10/07)


この本もタイトルに惹かれて買ってしまいました(笑)

表紙の絵も面白いし。

本の紹介に

人は怒ると、カッとして見境のない二歳児になってしまう。 すると、人の中に潜んでいた「怒りの習慣」が首をもたげ、相 手をコントロールしたり攻撃するばかりか、結局は自分自身をも攻撃してしまう。 そうした「怒りの習慣」を正しく認識させ、段階的にそれらを克服していくプロセスをわかりやすく多くの事例で示す。

とあるように、手紙形式で患者の治療過程を紹介する形式となっており、多くの事例を出して理解しやすいように工夫しています。
患者の言い分も良くわかるのですが、私にとっては日本語がややよみにくく、理解しにくい面がありました。


監訳の和田秀樹氏が述べている通り、自分流の解釈ではこの本は認知行動療法に関するものだと思います。

よく日記の最後に

うれしいから笑顔になるのではありません。笑顔を作るからうれしくなるのです。

だまされたと思って、「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、ありがとう、大好き、ついてる」と言ってみてください。

きっといいことが起こります。いいことは伝染します。つきの輪を広げて幸せな小金もちになりましょう!

なんて書くことがありますが、このことを言っているのだと思います。

人間の感情そのものは、じたばたしたところで変えることができない。感情を変えることができないのなら、行動を変えましょう!ということです。笑いながら怒ることや泣くことはできないはずですから。

と、いうことで、本の内容はあまり書いていませんが、

だまされたと思って、「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、ありがとう、大好き、ついてる」と言ってみてくださいね。

きっといいことがおこりますよー。

|

« リーダーになったら悪口は家のネコに話せ! | Main | ポジティブ自立の人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/8557651

Listed below are links to weblogs that reference つい、怒ってしまう人の心理学:

« リーダーになったら悪口は家のネコに話せ! | Main | ポジティブ自立の人 »