« 不動産流動化セクター | Main | “ハッピーライフ”シークレットセミナー開催(3月26日) »

February 23, 2006

平凡なのに、なぜかお金が貯まる人の「8つの習慣」

heibonn

リック イーデルマン (著), Ric Edelman (原著), 方波見 寧 (翻訳)
価格: ¥1,680 (税込)
書籍データ
単行本: 237 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: PHP研究所 ; ISBN: 4569619282 ; (August 2002)


最近の株価の乱高下を見て、その株価に一喜一憂する自分の心を見て、つい昔読んだ本を思い出しました。


普通の生活から3000万円の家と6000万円の資産と1500万円の年収を獲得した5000人の共通ルールとは?

◎どんなにお金に余裕があっても、長期のローンを利用する
◎投資はリスクを分散して考える
◎質素な生活を心がけ、その浮いたわずかなお金を投資に回している
◎投資に関して長期スパンで考えている
◎株価指数に関心を持たない
◎お金のことに時間をかけていない
◎お金について家族でオープンに話し合っている
◎新聞・雑誌・テレビの情報に惑わされない

当たり前のようで、相場が加熱しているときや悲観論がはびこっているときなど、やはり世間の流れに影響されていると思います。

株価指数に関心を持ってしまいますし、ついついお金のことに時間をかけて皮算用したり、テレビの情報に振り回されたり、、、、

2年前に比べると自分のお金の知識も多少増えたと思いますが、やはりIQ的側面よりもメンタル面、EQ的な面の強化が必要です。

この本は当時としてはすくない行動心理学的な解説もあり大変勉強になりました。

先日の『これであなたも大家さん!』の不動産投資で成功した人たちの人物像の共通点
1)お金は、収入以上に使わない。
2)生活態度は、いたって質素。
3)ギャンブルは、一切やらない。
4)タバコは吸わない。
5)価値観のないものに投資はしない。
6)意外に乗用車も質素なものに乗っている。
もやはり似たような内容ですね。

今回のライブドアショックから一連の下落相場では本当に勉強させていただきました。何百万と含み益が吹っ飛びましたが、得たものは大きいです。

2006年はまだまだ10ヶ月あります。当初目標達成できるように気を引き締めていこうと思います。

|

« 不動産流動化セクター | Main | “ハッピーライフ”シークレットセミナー開催(3月26日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/8793373

Listed below are links to weblogs that reference 平凡なのに、なぜかお金が貯まる人の「8つの習慣」:

« 不動産流動化セクター | Main | “ハッピーライフ”シークレットセミナー開催(3月26日) »