« 夢を生きよう | Main | シンクロニシティー »

January 20, 2006

明確な基準を持つこと

テクニカル的なリバウンドかもしれませんが、日経平均は大幅反発しましたね。

355.10円高の15696.28円(出来高概算24億6400万株)で取引を終えたそうです。

東証 1部では値上がり1514に対して値下がり130、変わらず24と、値上がり数が全体の9割を占めました。

信用などで大変だった方以外は本当にバーゲンハンティング。何を買っても儲かったかんじですか?

私は昨日、サンシティ(178000)、パシフィックマネジメント(386000)といい値段で変えましたが、キャッシュがなくなり、今日は何もできませんでした。残念ですね。資金があればダヴィンチ、アーバン欲しかったのですが。でも欲を出してはいけませんね。フルインベストも考え物です。

今回、市場の恐ろしさをある程度理解することができました。少しばかりの含み益があるので、買い時だと思っていましたが、余裕がないとどうでしょうか?

投売りみたいな状況に陥っていたかもしれません。職場から売り注文するなんて考えただけでも怖いですね。(職場からは証券会社につながらないからできないんですが)

新興市場は儲かるからといって、安易にカンニング投資し、レバレッジをかけていたら大変だったかもしれません。確かに昔は流動性を考慮して東証一部しか売買しませんでした。当時の自分が今の取引を見たら何と言うでしょう。成長したのではなく、単に傲慢になっていただけかもしれませんね。

優れたバリュー投資家の方は、成績を他の方と比較せず、CPを増やしている方が多かったようです。資産なり、PBRなり自分の信じている明確な基準をもち、それに基づいて行動している人がこのような相場では勝ち残っていくようです。もともとメンタル面の強化を課題としていましたが、今一度投資スタイルの確立も含めて見直すいい機会だと思いました。

|

« 夢を生きよう | Main | シンクロニシティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/8240457

Listed below are links to weblogs that reference 明確な基準を持つこと:

« 夢を生きよう | Main | シンクロニシティー »