« ダヴィンチ・アドバイザーズ 金子 修 社長 | Main | 日本株vs中国株 »

January 25, 2006

宅本便

引越しのとき、もう処分しようと思った本やCDをブックオフに引き取っていただきました。

50冊以上は引き取り無料という、「宅本便」サービスを利用しました。

とりあえず荷物になるのでダンボール箱3つ分、本が63冊と、CD/ソフトが126個出しました。


値段が付いたもの 52冊
値段が付かなかったもの 11冊
合計 3710円


CD/ソフト
値段が付いたもの 118点
値段が付かなかったもの 8点
合計 15420円

ダンボール箱3つで合計19130円でした。

高いのか、安いのか? 
中には初回限定プレミア版とか、シリーズ全作、入手困難なものもあり、ヤフーオークションの値段を頭に描いていたのでちょっぴり安いと思いました。でも、引越しで大変なときに出品するのも無理な話。

引き取られたものは、全国のどこかのブックオフに機械的に並べられるのでしょう。
こうやって、どなたかがお宝を発掘するというわけですね。

まだダンボール箱は6個以上ありますが、当面そのままにしておきます。一部はヤフーオークションに出品しました。自分で手間隙かけるか、人にしてもらうかの違いですね。

いつの時代も「頭」つかうか、「体」つかうか、「お金」使うか、と言うことですね。

引越し後は本の整理をするはずが、ライブドアショックで株が気になり、ほとんど手がつけられていません。それなのに、どんどんまた新刊を買うので増える一方です。またぼちぼち本の紹介も(自分の備忘録として)書いていきます。

|

« ダヴィンチ・アドバイザーズ 金子 修 社長 | Main | 日本株vs中国株 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/8324394

Listed below are links to weblogs that reference 宅本便:

« ダヴィンチ・アドバイザーズ 金子 修 社長 | Main | 日本株vs中国株 »