« 12月の日本株の成績 | Main | 2006年は素敵な年になる! »

December 31, 2005

12月の中国株の成績と2005年の年間成績

中国株も日本株に習って月末にチェックしています。

日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式で計算しています。

先月比で

H株が 5.11%
B株が -7.98%%

です。

B株は相変わらず、ひどいですね。
例年旧正月前までは下げて、夏に向けて上がるのですが、がまんしきれず、900918 上海耀華ガラス(ヤオファガラス)売りました。

無償増資もあり一時期は良かったのですが、結局この銘柄は-15%程度と赤字になりました。残念。

H株でいいのは
322 ティンイー(康師伝控股)くらいですね。
あとは696 トラベルスカイ・テック(中国民航信息網絡)が少し持ち直しています。

ティンイー(康師伝控股)がなければぞっとします。中国人もラーメンが好きなのでしょう(笑)
これは半分利益確定しました。
その利益で今月も
525 グアンシェン・レール(広深鉄路)
1120 アーツ・オプティカル(雅視光学)
少し買い増ししました。


Q先生の言われるように、中国はどんどん発展していくと確信していますが、株の上昇スピードは日本株のほうが速いです。

どちらに資金を投入したら効率的か、結果は明らかです。中国株はもう少しガマンすれば必ず上がると思い、未練はありますが、一部日本株にシフトする予定です。
本当、株の儲けは我慢料とはよく言ったものです。損切りした分は、来年絶対、日本株で取り返します(笑)


ちなみに、2005年の成績は

H株が 21.87%
B株が -13.11%

で、中国株全体で 9.24% ですね。

お金の勉強を始めたときは、年率7%でまわして10年で2倍、あわよくば、年率10%で7年で2倍だ!と思っていました。
その頃からすれば合格点なのでしょうが、日本株のペースで考えるととても合格点はつけられませんね。

早々に見切りをつけて、日本株に投資していれば投資全体で見ればすばらしいパフォーマンスだったと思います。
ちょっと残念ですが、分散投資をすれば仕方がないですね。中国株も2003年のようなパフォーマンスではなかったし、ほとんど売買もしていないので。

現在、H株が6銘柄、B株が1銘柄と合計7銘柄です。来年は資金を少し減らし、もう少し銘柄を絞り込んで、ウオッチしながら成績を上げたいと思います。

でも、結果はプラス、よしとしましょう(笑)


さあ、今日もあなたと私はラッキーです。ついてる、ついてる、ラッキーラッキー。

うれしいから笑顔になるのではありません。笑顔を作るからうれしくなるのです。

だまされたと思って、「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、ありがとう、大好き、ついてる」と言ってみてください。

きっといいことが起こります。いいことは伝染します。つきの輪を広げて幸せな小金もちになりましょう!

|

« 12月の日本株の成績 | Main | 2006年は素敵な年になる! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/7916146

Listed below are links to weblogs that reference 12月の中国株の成績と2005年の年間成績:

« 12月の日本株の成績 | Main | 2006年は素敵な年になる! »