« 東欧チャンス | Main | 幸せな小金持ち-7 »

November 05, 2005

ザ・プロフェッショナル

TheProfesshional

大前 研一 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
書籍データ
単行本: 240 p ; サイズ(cm): 20
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478375011 ; (2005/09/30)

私は大前研一さんの本はなるべく読むようにしています。大前研一さんの本は賛否両論ありますが、私はビジネスマンとして、やはり目を通しておく価値があるとおもいます。

ついつい怠け心が出てきたときに、気を引き締めるのにいいからです。


今回の「ザ・プロフェッショナル」は、

道なき道、ルールのない世界である、二十一世紀の経済社会を生き抜くために、プロフェッショナルとして

どんな心構えを持てばよいか、企業・個人双方の視点で説いています。


本書を著した目的は、「早晩プロフェッショナル・クラスが台頭し、日本産業界を揺り動かす」と考えたからだそうです。

では、プロフェッショナルとは何か?大前さんは、プロフェッショナルを次のように定義づけています。

○感情をコントロールし、理性で行動する人

○高い倫理観はもとより、例外なき顧客第一主義

○あくなき好奇心と向上心、そして厳格な規律

日本では、プロフェッショナルの意味が誤解されて使われているといいます。

「その道のプロ」というように、プロフェッショナルではなく、スペシャリストの意味として使われています。


スペシャリストは与えられた環境に適応して、その場において定められたやり方では誰よりも正しく、早く上手に仕事をこなせます。

ゼネラリストはどんな職能についても業務執行能力だけは抜群です。

スーパー・ゼネラリストは地位が上がっても、地域が変わっても、ゼネラリストの能力に変わりがありません。

一方、プロフェッショナルは、どんな大きく前提条件が変わっても、その底流にある変化の本質を読み取り、誰よりも能力を発揮します。

二十一世紀社会は、勝者と敗者が今よりもはっきりすることは既定の事実です。

「あなたは一流にビジネスマンを目指しますか? それ以下のサラリーマンで終わるのですか?」

あなたはどちらになるのでしょうか?私はやはり一流になりたいですね。

「それは、あたな自身のこれからの先の生き方によります。やりかたによっては、いくらでもプロフェッショナル・スキルはみにつくのです。」

といわれたら、やはり今よりももっと良くしよう、という気がわいてきます。


本の内容は大前さんのこれまでの著書ででてきた、先見する力、構想する力、分析する力(議論する力)、ロジカルシンキング、適応する力など、いいとこ取りという気がしないでもないですが、逆に言えばわかりやすく再構成してもらっているのでわかりやすく、理解しやすいと思います。


ところで、最後のほうで、大前さんが「右脳」と「左脳」について論じている点がすごく印象的でした。

やはり、ロジカルシンキングでも右脳の働きは重要なのでしょう。右脳について勉強している私にとって、あの大前さんまで右脳について論じているのか、と少しうれしくなりました。

これからの社会、ビジネスマンがどうすればいいのか、悩んでいる人、さらに上を目指す人、現状に甘んじることなく自己啓発を促してくれる一冊だと思います。

ぜひ皆さんも読んでみてください。

|

« 東欧チャンス | Main | 幸せな小金持ち-7 »

Comments

はじめまして、BusinessBookCenterです。

トラックバックありがとうございました。
MyblogListに追加させて頂きました。

宜しくお願いします。

Posted by: BusinessBookCenter | November 05, 2005 at 12:43 AM

BusinessBookCenterさん、こんにちは。
TBありがとうございました。
大前さんの本は、自分にやる気を出させる時に読んでいます。

これからもよろしくお願いします。

Posted by: いつもニコニコ | November 05, 2005 at 09:00 AM

TBありがとうございます。

僕も大前さんの本はついつい読んでしまいます。
ひとつでも実践できるようになりたいものです。

Posted by: しゅん | November 07, 2005 at 07:54 PM

しゅんさん、こんにちは。
読んで得た知識を実践で活かす事ができるようお互いがんばりましょう。これからもよろしくお願いします。

Posted by: いつもニコニコ | November 08, 2005 at 10:00 PM

TBをありがとうございます。引き続き、今後とも、よろしくお願いします。

Posted by: 清水啓充 | November 17, 2005 at 07:45 AM

清水さん、ご丁寧にコメント残していただきありがとうございます。こちらこそ、どうぞよろしく願いします。

Posted by: いつもニコニコ | November 18, 2005 at 12:11 AM

TBありがとうございます。こちらのコメントも読ませていただきました。本の内容が簡潔にまとめられていて判りやすいと思いましたが、できればご自身の感想なども読ませていただければ、より深いやりとりができるのではないでしょうか。

以前私の友人がマッキンゼーで働いていた頃、当時の大前さんの激しい仕事ぶりを語ってくれたことがありました。私自身は彼のことを「知的な野蛮人」(褒め言葉です)だと思っていて、その著書に書かれていることは、氏の上澄みたいな部分ではないかと思っています。従順な生徒のように学ぶのではなく、大前氏と一戦交えるくらいのつもりで読み込んでいきたいものですね。またよろしくお願いします!

Posted by: TRASHBOX0827 | November 21, 2005 at 02:56 PM

TRASHBOX0827さん、コメントとご意見ありがとうございます。そうですね。自分も感想もきちんと書くように心がけます。一戦交える、とまでは行かなくても対話するつもりで深く読み込んでいくよう心がけて行こうと思います。ありがとうございました。

Posted by: いつもニコニコ | November 21, 2005 at 11:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/6900077

Listed below are links to weblogs that reference ザ・プロフェッショナル:

» ザ・プロフェッショナル-21世紀をいかに生き抜くか [BusinessBookCenter]
ザ・プロフェッショナル-21世紀をいかに生き抜くか 著者名:大前研一 出版社名:ダイヤモンド社 出版年月:2005年9月 価格:1,575円 あなたは一流のビジネスマンを目指しますか?それ以下のサラリーマンで終わるのですか? プロフェッショナルは感情をコントロールし、理性で行..... [Read More]

Tracked on November 05, 2005 at 12:44 AM

» 【ビジネス書】 ザ・プロフェッショナル/大前研一 [大阪生活、ときどき本。]
ザ・プロフェッショナルposted with amazlet on 05.10.21大前 研一 ダイヤモンド社 (2005/09/30)Amazon.co.jp で詳細を見る [Read More]

Tracked on November 07, 2005 at 07:52 PM

» 『ザ・プロフェッショナル』 by大前研一 [起業家のためのビジネス書評ブログ]
この『ザ・プロフェッショナル』は、大前研一氏の今までの著書の底辺を流れる大前研一的な考えをまとめた本なのかなと思いました。どういう人がこれからの時代にうまく行くのか、どういう人が求められているのかヒントを掴める本でした。 この『ザ・プロフェッショナル』の全体から感じられるメッセージは、時代の曲がり角に来ている日本には明確な解は存在しません。ただし、その解を得には職業的なスキルを持つと共に、そのスキルで顧客を満足させられることができる人には、開けていています。そして、先の見えないこの時代を楽しめる人... [Read More]

Tracked on November 16, 2005 at 10:46 AM

» ザ・プロフェッショナル/大前 研一 06021 [分譲マンション屋の読書日記]
大前 研一 ザ・プロフェッショナル ★★★★☆ 昨年、グロービスに通い、クリティカル・シンキングと マーケティングを学んだが、「自分のキャリア・あり方」を 考え直すいい機会になったと改めて思う。 どこにでもいる一サラリーマンではいたくないし、 か... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 03:28 PM

« 東欧チャンス | Main | 幸せな小金持ち-7 »