« 年収360万円から資産1億3000万円を築く法 | Main | ちゃんと儲けたい人のための低位株投資戦略 »

October 06, 2005

個人投資家のための超低位株投資法

tyouteiikabutousihou
―本当はリスクが小さくて儲けやすい
村中 順一 (著)
価格: ¥1,575 (税込)

書籍データ
単行本: 191 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: すばる舎 ; ISBN: 4883993485 ; (2004/03)


昨日の本と一緒で、以前に買っていたけれど箱の中で眠っていた本です。

目次です。

第1章 個人投資家は「平均株価」に頼ると儲からない
第2章 個人投資家が「優良株」では儲けられない8つの理由
第3章 個人投資家が「超低位株」で儲ける13のポイント
第4章 超低位株で儲けるために知っておきたい10の特徴
第5章 個人投資家が「超低位株」で儲ける7つのテクニック
第6章 ワンランク上の投資成績を目指す6つのポイント


以前は100円を切っていた銘柄、いわゆる超低位株も多く見られましたが最近は株価も全体に上昇し、一時期ほど低位株といわなくなったような気がします。特に鉄鋼株はすごい値上がりです。住金なんて10倍ですもんね。

しかし、相変わらずバリュー投資の先輩方はすばらしい成績を上げていますので、この投資法がだめというわけではないと思います。

著者は簡単にわかりやすく説明していますが、自分なりのルール、本の中ではマイルールといっていますが、それをきちんと守るようにいっています。

たとえば機械的に売買できるマイルールが重要としています。

売買の前に決めなければならない6つのマイルールとして

1)保有する機関
2)利益確定する上昇幅
3)損切りする下落幅
4)買い注文の方法
5)売り注文の方法
6)資金配分方法

をあげています。

「下がって強気」、「上がって弱気」
「短期保有の方針を途中変更しない」
「損切りも迷わず行う」
「過去の過ちを反省し、自分にとってどのような投資法がよいか検証する」
「弱気のアナリストと冷静な評論家を味方にする」

など、守っているようで多くの人がついつい忘れがちなことも言われています。

低位株に限らず株投資で気をつけなければいけない点を再認識できました。ありがとうございます。

|

« 年収360万円から資産1億3000万円を築く法 | Main | ちゃんと儲けたい人のための低位株投資戦略 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/6274377

Listed below are links to weblogs that reference 個人投資家のための超低位株投資法:

« 年収360万円から資産1億3000万円を築く法 | Main | ちゃんと儲けたい人のための低位株投資戦略 »