« アルクの「中国語マラソン」3月目 | Main | 個人投資家のための超低位株投資法 »

October 05, 2005

年収360万円から資産1億3000万円を築く法

nennshuu360-13000

吉川 英一 (著)

価格: ¥1,470 (税込)
書籍データ
単行本: 245 p ; サイズ(cm): 19
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478631034 ; (2005/06/17)


間違って2冊買ってしまった本です(笑)

会社の帰りがけに急いで買ったのはいいのですが、家の本棚がいっぱいで横のダンボールの中にとりあえずおいておこうとしたところ、似たようなオレンジ色の本が、、、

まったく同じ新品の本が2冊。買ってすぐに読まないからこういうことになるんですね。


さて、本の中身ですが、いい本だと思います。特にサラリーマンにとっては。

普通の現役サラリーマンであった著者が、株で資金をためて、その後3年でアパート3棟を手に入れ、資産1億3000万円をつくり、年収3000万円を手に入れるようになったノウハウを余すところなく公開しています。

サラリーマンにとってひとつのわかりやすい成功例だと思います。

参考になったのはやはりお金ができたら不動産投資で安定収入を得るということ。

著者は起業はすすめていません。サラリーマンをやめなさいというどころか、サラリーマンの信用という特権を活かして不動産投資できるよう、株や不動産を好きになりましょうといっています。

20代で株式投資、30代で不動産投資、40代でセミリタイヤしましょうと説いています。

会社から「もういらないよ」といわれるまえにリタイヤするのが理想といっています。そのためには早くから大家業が一番すすめています。

それは減価償却と経理処理ができるからです。株式の章はよくあるサラリーマン投資家の話と似ていますが、不動産の章は実例を用いていて大変理解しやすいです。

株で勝ち続けることは難しいと理解して、株で勝ち逃げして、その資金を不動産に回す。

「金持ち父さん」でも、紙の資産よりも不動産を進めていました。それとおなじですね。
不安定な株だけでなく、不動産とサラリーという安定した収入も持ち、安心して暮らす。理想ですよね。
株にこだわらないところがすごいと思います。

著者はそれなりに苦労して、一生懸命勉強して今の地位を得ています。
簡単にできるとはおもいませんがやはり、自己の体験談を語っているだけありわかりやすく説得力もあります。

私も、紙の資産しか持っていないのでできるだけ早く不動産投資もできるようにがんばりたいです。

今日は、鉄鋼株が下がりました。ダビンチも下がりました。でもいいんです。年初より確実に資産は増えています。株は浮き沈みします。波よりも大きな潮の流れを間違えなければいいんです。

今日もあなたと私は強運です。ワクワク面白く充実した一日を作りましょう。
ついてる、ついてる。ラッキーだ。やってやれないことはない、やらずにできるわけがない、とつぶやきましょう。
自分を信じ、笑顔で一歩でも前進しましょう。笑う門には福来る。さあ、今日も元気でいきましょう!


|

« アルクの「中国語マラソン」3月目 | Main | 個人投資家のための超低位株投資法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/6255108

Listed below are links to weblogs that reference 年収360万円から資産1億3000万円を築く法:

« アルクの「中国語マラソン」3月目 | Main | 個人投資家のための超低位株投資法 »