« 後輩(部下)の指導は難しい? | Main | 幸せな小金持ち-5 »

September 10, 2005

夢を見る勇気を持とう!

ハワード・シュルツ氏をご存知でしょうか?

名前は知らなくてもスターバックスは多くの方が知っていると思います。そこの会長さんです。

年収が半分以下になってもおいしいコーヒーのために、大好きな仕事のためにエリートサラリーマンの地位を投げ捨てます。

一生懸命働いた彼を会社は一時辞めさせます。しかし、彼は大好きなことを続け、コーヒー店を立ち上げ大成功します。結局、元のスターバックスに呼び戻されて、会長になり、会社は大きな飛躍を遂げます。


彼は小さいときの体験をもとに(不遇な少年時代をすごしたそうです)、簡単にスタッフを首にしたりしません。すぐにリストラというアメリカらしくなく社員を大事にするのです。

かれは大好きなことに集中し、将来の自分の姿、大好きなものに囲まれている姿が目に見えていたのではないでしょうか?


彼のインタビューを聞いてみました。大好きなこと、夢を見ることの大切さを語っています。ぜひみてください。

下記のサイトです。
http://www.roadtripnation.com/interviews/72/

シュルツ氏の「情熱」を感じます。


Have the courage to dream big and most importantly don't allow anyone to tell youor convince you that your dreams can't come true.

夢を見るのに勇気が必要というと、なんでと思われるかもしれませんが、冷静に考えるとすごく勇気が必要です。

人前で、特に会社で夢なんて語った日にはだれからも相手にされないでしょう。なに馬鹿なことを、と一笑に付されます。

普通は小学校高学年くらいまでですよね。夢を語るのは。

どうしても現状を見つめてしまい、夢なんて、、、とおもってしまう。

夢を語って、もし実行して失敗したら笑われる、陰口をたたかれる、などで怖がってしまいます。

だからこそ、夢を見る勇気を持とうとあつく語っているのだと思います。

さあ、あなたの夢は何でしょう?


夢というと大げさかもしれません。大好きなことは何でしょう。

本田健さんもいっているように、最初は一日5分でもかまわないので、好きなことに取り組んで見ましょう。まずは、この週末からですね。

最初は何の変化も現れないかもしれませんが、続けることから少しずつヒントが見えてくるかもしれませんね。

|

« 後輩(部下)の指導は難しい? | Main | 幸せな小金持ち-5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/5865856

Listed below are links to weblogs that reference 夢を見る勇気を持とう!:

« 後輩(部下)の指導は難しい? | Main | 幸せな小金持ち-5 »