« August 2005 | Main | October 2005 »

September 30, 2005

2388 中銀香港 (BOCホンコンホールディングス)

機能の予想通り、ダビンチ下げましたね。
ま、でもいいです。1株だけ買いました。
買った後、さらに下げていきました。ちょっとくやしい。

あがったら買えない、下がると悔しい、こういっているようではだめですね。
あがったらうれしい、下がったら安く買える。数ヶ月前は10万円台で取引していて、20万代になったとき高いと思っていました。結局30万台で買い増ししましたが、いまなんて40万台ですからね。

タイムマシンがあったら、、、

ところで、出張に言っている間にユナイテッドワールド証券からお知らせが来ていました。
ほったらかしの中国株配当のお知らせ第16弾?です。

何回目か忘れてしまいました。

2388 中銀香港 (BOCホンコンホールディングス)の中間配当です。
中間配当は久しぶりなのでうれしいですね。


2388 中銀香港の基本情報です。
サーチなの株価は
http://stock.searchina.ne.jp/data/chart.cgi?span=90&asi=0&code=2388&market=

漢字社名 中銀香港(控股)有限公司
上場区分 メインボード 関連銘柄
ハンセン指数構成銘柄 レッドチップCC
取引通貨 HKD 上場年月 25/07/2002
額面 HKD 5 売買単位 500

業務内容
銀行関連業務

沿革
2002 年7月、香港上場。
2001年10月に傘下銀行10行を一つにまとめ上げて再編を終え、資産規模7600億香港ドルの香港第2の銀行になった。
中国大陸に 14、香港に343の支店を有す。銀行実務は傘下の中国銀行(香港)が担当。香港上海銀行、スタンダート・チャータード銀行と並ぶ香港ドル発行銀行。

香港は中央銀行がないので、HSBC、英スタンダード・チャータード銀行、中国銀行(中銀香港)が発券業務をしています(お札は3種類あります)。

中銀香港は、中国本土の最大手、中国銀行を筆頭株主に、顧客の預かり資産では香港第2位の銀行です。

中国の銀行システムやこれからの高度経済成長にはこれらの銀行が必要不可欠な役割を果たしていますので注目しています。不良債権処理など金融業界に課題はありますが、(時間はかかるでしょうが、)中国政府は一つ一つ確実に処理をしていくと考えます。

今後、中国の金融はどうなるのでしょうか?国有4大銀行上場が待ち構えています。

ちなみに、国有四大銀行は
中国工商銀行、建設銀行、中国銀行、中国農業銀行。

いずれも、株式上場を検討しているらしいです。

少し小さい3328 交通銀行交通銀行はすでに上場しており、株価も順調です。

中国建設銀行(2005年末?)と中国銀行(2006年前半)の株式上場がうわさされています。

世界中の投資家から莫大な資金を集めているので、発展は間違いないですが、果たしてどこが勝ち組になるんでしょうか?


今回の、中間配当の一株配当金はHKD0.328でした。前回よりもちょっと少ないですが、円換算ではまあまあです。株価も買値より上昇していますし、利回りで3%弱といったところです。


大きな変化が無い限り、当面ホールド継続の予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2005

広島焼き

広島に来ています。

用事は広島大学なのですが、思った以上に広島と離れていますね。びっくりです。

東広島の駅も、こんなところに新幹線の駅が?という印象です(ごめんなさい)

また、屋根のかわらが茶色なのも印象的でした。

なにせ、広島は小学校のバス旅行以来なのでうきうきです。

念願の本場の広島焼きを食べました。おいしかったです。

明日もまた広島大学です。個人的な感想ですが、都会に近いほうが大学にとってもいいような気がします。
国立、私立とも一時期田舎に行きましたが、今は都心回帰と聞いています。偏差値にも反映されるようで大学も大変だとおもいます。そういえば、九州大学も移転するという話を聞きましたが、駅に近いに越したことはないですね。

明日はもみじ饅頭かな?

今日もダビンチすごかったですね。調整がありそうで怖いです。
私も皆様もついています。ラッキーです。明日もきっといいことが起こります。
株でどんどんもうけて、お金のIQ、EQを高めて、好きなことを仕事にして、幸せな小金持ちを目指しましょう。


素敵な夢を見ましょう。では、おやすみなさい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2005

1ヵ月後の自分宛の手紙

という手紙がきました。

1ヶ月前、本田健さんの3日間セミナーの最後に書いた手紙です。

手紙の内容は覚えていたつもりですが、セミナーを受講し、セルフイメージが高いときの自分からの手紙に多少戸惑いました。

今日は会社でかなり自己嫌悪に陥る出来事があり、大変暗い雰囲気でしたので、よけいにそのギャップに驚きました。同じ人間なのに。しかも、1ヶ月前なのに。


この1ヶ月間自分はどれだけ成長したのだろう?


セミナーを受けただけで、本を読んだだけで、勝手にえらくなったと思い込んでいた部分があったのかもしれません。

結局、気付きを行動に変えなければいけません。

プロジェリアに冒されたアシュリーちゃんのテレビを見たのは偶然ではなかったのでしょう。

セミナーが終われば、忙しく日常業務に忙殺されて自分を内観する時間が充分取れていませんでした。

「人生は長さじゃない。一生悲しいパーティを続けるのか?」アシュリーちゃんとおなじプロジェリアのジョン君の言葉です。

この一ヶ月の間の自分の取った行動は、ガンで余命一ヵ月と診断された時にとる行動と同じなんだろうか?

明日から、出張で広島です。

新幹線の中では一人静かに自分と対話をする時間にしたいと思います。


今日はいい手紙を受け取ることができました。
自分を省みることができて今日はよかったです。本田さん、アイウエオフィスの皆さん、セミナーでご一緒した皆さんありがとうございます。

まだまだ私はついています。これからどんどんよくなります。みなさんもきっと今以上によくなります。
笑顔で元気に、楽しくいきましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2005

『理系思考 エンジニアだからできること』

エリエス・ブック・コンサルティングの土井さんののプロデュース作品が出ました!

rikeisikou
エンジニアだからできること
大滝 令嗣 (著)
価格: ¥1,680 (税込)
書籍データ
単行本: 255 p ; サイズ(cm): 20
出版社: ランダムハウス講談社 ; ISBN: 4270000937 ; (2005/09/23)


土井さんが、
「理系の方のメンター本として、ぜひ読んでいただきたい一冊です。」と言われるだけあって大変いい本だと思います。

大前研一さんのサラリーマンシリーズもいい本ですが、それらとはまた違う、エンジニアの実態に即したよい本だと思います。理系の方はお勧めですよ。


さてさて、理系の人は理系であることをどう思っているんでしょうか。

大学でも必修の単位は多く遊ぶ時間はなく、毎日実験して卒論を書き、メーカーに就職しても文系の人にこき使われ、役員はほぼ文系ばかり。

入社時は同じだった給料も徐々に開いていく。

『理系白書』(講談社 2003年)によれば理系と文系の生涯賃金は5000万円も開きがあるそうです。びっくりですね。


どうも割に合わないなー、と思っている方も多いと思います。私もそう思っていました。

そんなに文句を言うなら転職したら?という声もあると思います。

勉強熱心な知り合いはセミナーや勉強会に出かけたり、資格を取ったり、進路に悩んでいる人も結構います。


そんな人には是非よんでいただきたいです。ちょっとした勇気とやる気をもらえます。

土井さんいわく、
「理系の方が文系エリートに対抗するための必要十分なビジネス知識が得られる、そんなおいしい本でもあります。」


これまで理系向けに絞ったキャリア指南の本はあまりなかったと思います。著者自身がメーカーの研究所勤務の経験があるだけに、ふむふむ、そうそうとうなづく点が多くありました。


「エンジニアを飼い殺しにする大企業」のところで出てくる、特許のノルマについてのくだりは、まさに今私が上期末のノルマに追われている状態なので笑うに笑えない状況でした。今月中、あと一週間で特許二つ書かないといけません(笑)


しかし、世の中や文系人間だけを悪者にするのではなく、理系人間自身の悪い点もズバリ指摘しています。かなり思い当たる節があるので、なるほどと反省しきりです。


でも、その解決策のヒントもきちんと教えてくれています。英語やプレゼンなど著者の勉強方やお勧めの本は大変参考になりそうです。

また意識の問題として
・会社に自分の人生を決めさせない
・自分の将来は自分で設計する。
・自分の市場価値を意識する。
など、いくつものいい問いかけをしてくれています。

さらに、エンジニアが苦手なリーダーになったときの心構えや振る舞いなども、

「エンジニアリーダーになるためには、ビジョンを示す、得をさせる、感動させるの三つが必要」

ということで、わかりやすく解説してくれています。

いまの仕事に明日からでも利用できそうです。


そのほかにも、
・自分の未来を切り拓くために、理系ならではのロジカルな思考を活かして、十年先を予測してみよう

・「ドント・バーン・ザ・ブリッジ!」を意識する

・エンジニアが自分の技術とマーケットニーズとの接点を考えることができるようになった瞬間、君の将来は、きっとバラ色に輝くはずだ。

・経営学よりも、バランスの取れた人間として基本的に備わっているべき、誠実さや勉学意欲などの”人間力”のほうが、経営者には重要

など、印象に残るところが多くありました。


3年ほど前のやる気のない自分であれば、理系は損だ、と思っていました。

こういう本をよんでも会社が悪いとか、世の中のシステムだから仕方ない、と文句を言っていたと思います。

大前さんをはじめ多くの指南書や自己啓発本をよんだり、本田健さんら多くの方に指導してもらい今でこそ前向きに考え、自ら行動していますが、ちょっと前は本当に会社を辞めようと思っていました。


でも、最近思うのですが、資源のない国であり、借金まみれで少子高齢化が進む日本をなんとかするにはやはり高度な技術をもって付加価値をつけていくことが大切だと思います。

そのほかにいろいろ再建策はあると思いますが、著者も指摘しているように広告業界、出版業界、コンサルティング業界などコミュニケーションが必要な業界では世界をリードしている会社は日本にはない現実を考えると、世界中で通用する「技術」というものはやはり、今の日本にとって大切だと思います。


過去にも少し書きましたが、理系人間を取り巻く環境は厳しいかもしれません。特にお金の面は仕方ないかもしれません。

しかし、最近流行のロジカルシンキングなんて理系の人は理解しやすいと思いますし、勉強しだいでは著者の言うようにつぶしがきく場合もあるかもしれません。

中国でも理系の首脳陣が多くなっているなど(かなり強引ですが)、まんざら理系が損とは限らないかもしれません。


世の中を変える!とまではいかなくても、わくわく楽しくモノづくりをできるのは理系の特権かもしれません。

理系の皆さん、自分の専門の勉強と、著者の言う人間力と、それにプラスしてファイナンシャルリテラシーを磨いて、お金の心配をせずに、未来をワクワク楽しくする面白い仕事してすてきな充実した人生を過ごしましょう!


| | Comments (0) | TrackBack (2)

September 26, 2005

人生は長さじゃない

通常の8~10倍の速度で老化する難病であるプロジェリアに冒された少女(アシュリー・ヘギちゃん)の番組を見ました。

90分という短い時間の中で本当にいろいろと考えざるを得ませんでした。

世界に約30人という難病を抱えながらも、前向きに一生懸命に生きるアシュリー。

同じプロジェリアの患者であるジョン・タケットくんがカメラに向かっていった言葉。

「人生は長さじゃない」

その言葉にはっとさせられました。

患者の多くが、10歳になる前に他界してしまうという難病であるプロジェリアのアシュリーやジョンをみて、多くの人はかわいそうというかもしれません。

でも、自分の現状を受け入れて、自分の人生を精一杯生きる道を選び、自分の使命として自分よりも年下のプロジェリア患者に向けてメッセージを発信している彼女らと、ただなんとなく時間を浪費しているような人生を生きている人や不平不満口泣き言を言い続けている人ではどちらがどちらが幸せなのでしょうか?

今の自分の生き方とどうしても比べてしまいます。


かなり難しい問題なので、先人の言葉を借りましょう。尊敬する松下幸之助さんの「生と死」から抜粋です。

人はそれぞれ自分の人生がありますが、楽しくワクワク充実した人生を生きたいものです。ジョン君の言うように、人生は長さではありません!

「生と死」

人生とは、一日一日が、いわば死への旅路であるといえよう。

生あるものがいつかは死に至るというのが自然の理法であるかぎり、ものみなすべて、この旅路に変更はない。

死を恐れるのは人間の本能である。だが、死を恐れるよりも、死の準備のないことを恐れたほうがいい。

人はいつも死に直面している。それだけに生は尊い。そしてそれだけに、与えられている生命を最大に生かさなければならないのである。

それを考えるのがすなわち死の準備である。そしてそれが生の準備となるのである。

おたがいに、生あるものに与えられたこの厳しい宿命を直視し、これに対処する道を厳粛に、しかも楽しみつつ考えたいものである。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 25, 2005

プロジェリア

プロジェリアってご存知でしょうか?

病気の名前です。

通常の8~10倍の速度で老化する難病です。
そのプロジェリアに冒された少女(アシュリー・ヘギちゃん)のドキュメンタリーが今晩10時からテレビ放映されます。

日頃、不平、不満、愚痴、泣き言、うらみ言葉のろい言葉を発している方は(もちろん私もですが)ぜひ、見てみてください。

生きているだけで、日常普通に生活しているだけでどれだけ多くのことに感謝しなければならないのかを痛感するはずです。

人生は修行だという人もいますが、つらい状況におかれても精一杯生きていけるか自分には自信がありません。

よく、自分の天職を探すとか、やりたいことがわからない、という若者がいますが、ぜひ自分の置かれた幸運をかみしめてもらいたいと思います。

生老病死、生まれたものはいずれ、老いて死にます。でも普通の人は死ぬことを考えません。
昨日もNHKで中年の孤独死や認知症などの問題を取り上げていました。

よく啓発本で
『もしあなたが明日死んでしまうとしたら、今日あなたは何をするか』
という問いかけがあります。

急に言われても答えられないかもしれません。明日死ぬんならどうでもいい、という人もいると思います。

『もしあなたが3ヵ月後に死んでしまうとしたら、それまであなたは何をするか』

わたしも90日すべての予定をあげることはできません。
でも、前悔はしても後悔はしたくありません。死ぬときに幸せだったなーと思える人生であるように、今を精一杯、楽しくわくわく過ごしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2005

金銭消費貸借契約

今日は、金銭消費貸借契約にいってきました。


まーなんというか、お金を借りるのは大変ですね。

何回住所と名前を書いてはんこを押したことか。

現金一括で購入した人もわりといますよ、といわれましたが世の中お金のあるところにはあるものなんですね。

お金がすべてじゃないけれど、やっぱりお金は重要だよね、と痛感しました。

最近社宅を出て行かれた先輩方も、最初は夢のある話をよくしていましたが、出て行くときは結構せこい話をしていました。具体的な話になってくると現実を直視しないといけなくなりますね。ちょっとつらいです。

精神的に疲れました。
明日は出社日なのででもう寝ます。おやすみなさい。夢の中では、幸せでハッピーにすごしましょう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2005

お金のEQ-5

お金のEQ-5

前回は自分のお金のパーソナリティーがどこから来たのか探ってみました。

1.貯めこみタイプ

2.浪費家タイプ

3.稼ぎ中毒タイプ

4.無関心タイプ

5.清貧タイプ。

典型的な5タイプをあげました。


今回からもう少し深く突っ込みます。

お金のEQということでお金と感情のつながりをみていきます。

私たちは普段何気に接しているようで、お金に大きな影響を受けています。

よくお金さえあれば幸せになれるのに、という人がいます。「お金と感情」についてまず、人はなぜお金を欲しがるのか?です。

どんな理由があるとおもいますか。


人がお金を欲しがる10の理由を見てみましょう。

1)生活のため(生きていくため)

2)安心感を得たい

3)パワーが欲しい

4)尊敬を得たい

5)愛を得たい

6)友情を得たい(グループに所属したい)

7)自由を得たい

8)競争に勝ちたい(お金:給料=スコアカード)

9)社会を見返してやりたい

10)愛や感謝を示したい

お金の不思議なところは、普段は冷静で知的な人もお金の話になると知性が曇るようです。自分らしくない行動をとることも多いのです。お金に感情を揺さぶられないように、自分のお金に対する感情をじっくりと見てみましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

2007年問題

今日はきっちりとジェイ エフ イー ホールディングス(株) (東証1部:5411)を5%で利食いしました。せこい!
売った後もあがっていきました。でもいいんです。コツコツです。

(株)サンシティ (東証2部:8910)は買えませんでした。残念。
でもいいんです。過ぎたことは忘れて、前向きにいきましょう。

明日から月末まで大忙しなので、しばらく株はほったらかしでしょう。

ところで、2007年問題をご存知でしょうか?最近テレビや新聞でもよく耳にします。

2007年から2010年にかけ、大量のベテラン社員が引退してしまい、今まで培ってきた技術やノウハウなどが継承されず、基幹技術・システムの維持が困難になる現象を一般的に言います。

2007年というのは団塊の世代で一番多いとされる1947年(昭和22年)生まれの人が60歳定年を迎える年です。ですから、象徴的に「2007年問題」と呼ばれています。

銀行などシステム系の話がよく出ますが、日本を支えている技術系の会社のほうがけっこう深刻なのではないかと思います。


某社の話では
勤続10年社員が1人に対し
勤続20年社員が10人、
勤続30年社員は100人いるそうです。

本当にびっくりです。典型的なワイングラスのような人口ピラミッドですね。技術の継承は大丈夫でしょうか?

1947年(同22年)から1949年(同24年)にかけて生まれた第1次ベビーブーム世代は、現在54~56歳。300万人ともいわれるこの世代の雇用者が大量に定年退職することにより、どのような問題が起こるのでしょうか?

少子化やニート問題も重なり、深刻な労働力不足に陥ることが予測されますし、年金も大変なことになるでしょう。

特に技術の継承は本当に問題だと思います。

日本のメーカーは数人の職人技を持つ技師の手によって成り立っていたところもあると思います。リストラで人を減らし、新人の採用を減らせば教えたくても教える相手がいません。ベテラン社員に蓄積された、マニュアルにはない、コンピュータではかなわない、個々人に蓄積された技術、ノウハウの伝承が途切れてしまいます。


よく話題に上がるのは伊勢神宮をはじめ、「日本古来の建築物はは数十年ごとに建替えする」というものです。
自然災害のために立て替えざるを得ないという意見もあるそうですが、実は、建替えの最大の目的は複雑な建て方をする宮大工の技術の継承を、20年ごとにしないとベテランからの継承が十分に出来ないからだといわれています。

資源のない国である日本が今後も繁栄を続けるには、人口が減少していく今こそ技術を高めて付加価値をつける必要があります。だからこそ、ノウハウの継承に努めていく必要があるとおもいます。

私一人が会社で騒いでもどうにかなるわけではありません。でも、身近なところでも、ベテランの方がやめていかれてその後の仕事が進まないことを身をもって経験しています。

なんとか、あと数年の間に社会全体で技術継承をバックアップするシステム作りの手助けをしたいと思います。


今日もあなたと私はラッキーです。ツイてツイてツキまくります。
今日もワクワク面白く充実した一日を作りましょう。自分を信じ、笑顔で一歩でも前進しましょう。
笑う門には福来る。さあ、今日も元気でいきましょう!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2005

チャイナリスクと日本株

日経平均、終値も1万3000円回復
 20日の東京株式市場は、景気の本格回復への期待からほぼ全面高の展開となり、日経平均株価(225種)の終値は2001年6月以来、約4年3か月ぶりに1万3000円台を回復した。

…4年3か月ぶりとのことです。

みなさんの資産は順調に増えてますか?


買えば下がる、売ればあがる、株の儲けのほとんどはガマン料、とよくQ先生がいわれます。

最近は本当にそうです。

東証2部の(株)サンシティ、間違って売ってしまいましたが、今日は高値更新です。
同じく東証2部の (株)ソフマップ も今日はすごく上がっていました。週刊誌に載っていたそうです。

どうも、タイミングが悪いみたいです。

JFEも売れていたはずが、注文の執行期間を間違えていました。残念。

本業が忙しいとついおろそかになってしまいます。主力銘柄はずっとホールドなのでかまわないのですが、たまには売買しないと精神衛生上よくないので。

今晩はしっかりと売りの指示を出しておきました。明日は出張なので夜に結果がわかります。コツコツと利益確定していくのも大事ですね。毎月3%利益を出せば、2年後には倍です。

一時期はやった恐慌本で紹介されていた史上最強のオフショアファンドもたいしたことありません。2年で2倍どころか、20%程度です。コツコツと複利の力を利用しましょう。明日どうなるか、楽しみです。

ところで、テレビ東京系のガイアの夜明けを見ました。

神戸ではおなじみのヒラキの180円スニーカーを取り上げていました。

元の切り上げ、原油高騰、材料費値上げという非常に厳しい状況にある中で、担当者のがんばりはすごいと思いました。

それと同時にチャイナリスクというものを感じました。今は中国ではなく、フィリピンなどにも分散している会社もあるとのことです。中国語を習い始めたけれど、これからは中国語よりもタガログ語かな?


冗談はさておき、番組の最後で
・いままで、中国に熱中しすぎたのではないか?
・冷静にリスクと向かい合っていなかったのではないか?
と役所さんがいっていました。

そうかもしれませんね。中国株に熱を上げていただけかもしれません。

オフショアファンドや中国株など外に出ましたが、今のところ一番いいのは日本株ですから。

中国株はかなり銘柄整理しましたが、個別の銘柄選択よりもアセットアローケーションが大事とはよく言われます。今一度、冷静に見つめなおすほうがいいのかもしれません。今夜はいい勉強になりました。


さあ、あなたと私はラッキーです。
中国がどうなろうと、感謝の気持ちがツキを呼び込みます。笑顔がツキを呼び込みます。
朝、顔を洗うとき、自分に向かってニッコリと笑いかけてみてください。
きっといいことが雪崩のように起こります。
さあ、今日もポジティブシンキングで元気でいきましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2005

早起きは三文の徳あり

早起きすると三文得するというのは、早く起きるとお金を拾えるということではないらしいです。

そんなのしっている!という方も多くおられると思います。

私はお金に関して得をすると思っていました。でも違うそうです。

早寝早起きをすると、健康によいということだそうです。

早寝(11時には寝る)と内臓の悪いところが回復するのです。

・11時から1時は肝臓(肝心要といって、一番大切な臓器です。)

・1時から3時は心臓(もちろん、生きていくために大切です)

・3時から5時はその他の臓器

つまり、早寝早起きを心がけ、夜の大切な時間(11時から5時まで)に充分休養すると健康になるということらしいです。私はなるべく早起きを心がけていますが、11時にはなかなか寝れないですね。見たいテレビもあるし、遅い日には帰宅が11時くらいですから、、、

でも、やはり健康が本当に一番大切です。体を一番に考えてタイムマネジメントを考えるようにしてみます。

みなさんも早寝早起きして元気に、ラッキーでついてる人生を楽しみましょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2005

六星占術

kaseijinnH18
による火星人の運命
ワニ文庫
細木 数子 (著)
価格: ¥560 (税込)
書籍データ
文庫: 124 p ; サイズ(cm): 15
出版社: ベストセラーズ ; ISBN: 4584308217 ; 平成18年版 版 2006 巻 (2005/08)


最近テレビでよく見る細木数子さんの本です。

人によって好き嫌いは分かれると思いますが、わたしはかなりまともなことを言っていると思います。服装やら話し方が嫌いという人もいるかもしれませんね。

そういう人には本のほうがいいかもしれません。発行部数が5300万部を越え、“占い本世界一” として『ギネスブック』に連続掲載されるほどですので、それなりに支持されているのでしょう。


ミリオネアは占いを信用しないが、ビリオネアは専属の占い師がいる、とアメリカでは言うそうなので、いいことは信じたらいいと思います。

ちなみに私は火星人だそうで、平成17、18、19年はかなり運勢がいいそうです。

でも、細木さん自身が言っています。

「占いはあくまで占いです。知らないよりは知っていたほうがよいとは思いますが、あまり占いに頼って生きてはいけません。この六星占術を入り口に、人間として成長されることを心から願っています。」

そのとおりだと思います。

占いは天気予報みたいなもので、雨が降りそうだといわれれば(降るかどうかはわかりませんが)、傘を持っていこうかな、と思えばいいだけだと思います。メンターにしろ、占い師にしろ、結局は自分の行動しだいです。

自分はラッキーだ、ついていると信じましょう。

自分を信じ、笑顔で一歩でも前進しましょう。笑う門には福来る。さあ、今日も元気でいきましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 18, 2005

億万長者に弟子入りして成功する方法

okumanntyoujyanidesiiri

スティーヴン・K・スコット (著), 本田 健 (翻訳)
価格: ¥1,680 (税込)
書籍データ
単行本: 256 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 大和書房 ; ISBN: 447979123X ; (2005/06/11)

本田健さんの翻訳本です。

メンターやミリオネアメンタリティ、パートナーシップ、スピーチ、セールス、セルフイメージなどが重要ですよ、と著者のスティーヴン・K・スコットさんは説いていますが、これは、本田さんのベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』と同じことですね。

「ずば抜けた成功の鍵は自分のメンターを見つけることと、自分がハイパワー車であることを知ることだ」

最後の「知ること」が本当に大切なんだと思います。ハイパワー車になるではありません。

著者はあなたの脳に新しいソフトを入れる!!といっていますが、人間の潜在的な能力はすごいのだと思います。
ようはそれを使いこなせるかどうか。


実現したいことについて、明確なビジョンを持つことの大切さも力説しています。
どれだけ具体的なビジョンをもてるかが重要と、よく言われることですが、私を含め多くの人がなかなか実行できていないのではないでしょうか?

本の中ではビジョンナビゲーションとして下記の手順を示しています。

1.あなたのビジョンや夢を明確にのべ、描写すること。
2.そのビジョンや夢を、一連の具体的な目標に転換すること。
3.それぞれの目標を一連の具体的なステップに転換すること。
4.それぞれの複雑なステップを一連の具体的なタスクに転換すること。
5.それぞれのタスクと、ステップと、目標の達成予定日を決めること。

ただし、これをする前に、

1)あなたの人生でもっとも大切なもののリストを作る
2)一番大切なものから順に並べよう
3)それぞれの項目のセクションを作ろう
(それぞれのセクションの最初のページに「夢の目次」というタイトルを書き、そこにそれぞれの項目での具体的な夢を書く)
を完成させないといけません。

休みの日にゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

わたしも、本田さんのセミナーを受けた後とかに考えますが、以外に自分のことを知るのが難しいと思います。

このあたりの夢の実現プロセスは多くの方が語っていますし、内容にそんなに違いがあるとは思いません。

やはりどれだけ自分を信じて実行できるかだと思います。そういう意味でもセルフイメージは大切ですし、自分を信頼し上のレベルに引き上げてくれるメンターとの出会いは本当に重要なんだと思います。

本田さんも最後の解説で書いていますし、セミナーでも言われていますが、気づきをどう行動に変えるか、変えられるかで、人生は決まります。結局のところ、自分が動かなければ何も変わりません。

どうして今までもっとがんばらなかったんだろう、あの時あれをやっていれば、、、とネガティブな感情になるよりも、現状の自分を冷静に見て、理想とする場所にどうやったらいけるかを考えたほうが建設的ですね。

最近私は「なぜ?」よりも「どのように、どうしたら」と考えるようにしています。すこしはいい方向に進みます。

来月から、明日からといわずに今日から自分らしく、情熱を持って幸せに生きていきましょう。

本をよんだ後やセミナーを受けた後はやる気満々なのですが、みなさんとシェアしながら持続させるように楽しくやっていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 17, 2005

(株)サンシティ (東証2部:8910)

(株)サンシティ (東証2部:8910) が売れました。

株をしているひとで、サンシティをご存知の方は不動産関係にかなり詳しい方ですね。私はダビンチが主力銘柄ですが、サンも少し買っていました。

ヤフーファイナンス情報です。

【特色】新興マンション分譲。東北1位。「サンデュエル」を展開。首都圏へ進出。全社員の7割が営業要員

不動産関係では(株) フージャースコーポレーション (8907)などが有名でかなり儲けられてる方も多いと思いますが、サンは営業が非常に強く、今後期待している銘柄です。

関西在住ですので、実は、東北や関東の実際の物件は見たことがないのであまり大きなことは言えないのですが、、、

そのサンシティですが、先日売れてしまいました。

多くのサラリーマンの方と同様、日中、株取引できないので、売り買いの指示は週末にパソコンでやっています。

はやりの逆指値などつかって、平日はほったらかしなんですね。

一応、約定したときだけメールで連絡するようにはしています。

昨日は午前中に約定したというメールが来て、てっきり最近好調なジェイ エフ イー ホールディングス(株) (東証1部:5411)だと思っていました。ひとりで、○○円儲けた、と思って夜家に帰って確認したら、なんとサンが売れていたのです。

最近調子が悪いのでどちらかというとロスカットを考慮して逆指値を入れていたのですが、想定外でした。というよりも、売買の指示を出したのを忘れていました。

複数銘柄売りの指示を出していると自分の頭の中で間違うときがありますね。パソコンは賢くて売りの指示をした本人が忘れてても、毎日正確に売りの支持をしてくれます。逆指値なんていい機能だと思いますが、ある程度のメンテナンスは必要だと思いました。

結果的に、プラスなのでよかったとしましょう(笑)

今日もあなたと私は強運です。ツイてツイてツキまくります。ワクワク面白く充実した一日を作りましょう。
ついてる、ついてる。ラッキーだ。やってやれないことはない、やらずにできるわけがない、とつぶやきましょう。
売った後に暴騰することはよくありますが、過去のことは忘れましょう(笑)
自分を信じ、笑顔で一歩でも前進しましょう。笑う門には福来る。さあ、今日も元気でいきましょう!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

お金のIQ-5

お金のIQ-5

前回は自分のお金のIQのレベルがどこから来たのかを探るために、周りの人の分析をやってみました。覚えていますか?

今回からもう少し深く突っ込みます。


「お金」って一体なんでしょうか?

ズバリ聞かれると難しくないでしょうか?

普通の人はお金の本質を理解しないまま、その巨大なパワーに翻弄されて生きています。

お金持ちになれる人とそうでない人を分けているものはなんでしょうか。

お金持ちは、お金の本質をいち早く捉え、日々の生活で見失わなかったからです。

お金に関する多くの誤解や迷信を排除し、本質を見通す力があったため、普通の人と違う人生が実現できたのです。

多くの金持ちが理解して、かれらの子供に教えている「お金の本質」とでもいったものを考えて見ましょう。これを私も子供の頃に教えてもらっていたらなあ。

幸せの小金持ちでも出てきましたが、普通の人はお金に対して多くの誤解をしています。その誤解のために豊かさへの道を自分でふさいでいます。どのような誤解があるのかみていきましょう。


お金の誤解:使い方

・ブランド物を買うとお金持ちになれる
・宝くじは買わないとあたらないので毎回必ず買う
・お金がなくなっても簡単に借りることが出来るので心配ない


お金の誤解:使わない

・出来るだけ安くモノを買おうとする
・節約こそお金持ちへの道だ
・こつこつ貯金さえすれば問題ない


投資の誤解:投資する

・投資は情報量が勝負だ
・テクニカル分析などの特殊技術を身につければ成功できる
・金利が少しでも高い銀行を血眼になって調べている


投資の誤解:投資しない

・株式投資は元本割れするので危険だ
・投資にはまとまったお金が必要だ
・若いうちは投資は考える必要がない


金持ちへの誤解

・金持ちは資産家で特別な世界だ
・高い収入さえあれば金持ちになれる
・金持ちは湯水のようにお金を使う


お金の認識の誤解

・ローンは楽でいい
・1円、10円のことはどうでもいい
・老後は政府や国が面倒を見てくれる

さて、いくつくらいチェック項目があったでしょうか。
自分のお金の誤解について、通勤時間でもいいし、週末のゆっくりしたとき、トイレか風呂に入ったときにでも考えて見ましょう。いろんな気づきがあるかもしれませんよ。

あなたも私もついています。
感謝の気持ちがツキを呼び込みます。笑顔がツキを呼び込みます。
朝、顔を洗うとき、自分に向かってニッコリと笑いかけてみてください。
会社で人と会ったとき、さわやかな笑顔で挨拶してみてください。

きっと今日もいいことが雪崩のように起こります。
さあ、今日も元気でいきましょう!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

金持ち父さんのパワー投資術


kanemotitousan-power
お金を加速させて金持ちになる

ロバート・キヨサキ (著), シャロン・レクター (著), 白根 美保子 (翻訳)

書籍データ
単行本(ソフトカバー): 352 p ; サイズ(cm): 21
出版社: 筑摩書房 ; ISBN: 4480863672 ; (2005/07/21)


いわずと知れた、金持ち父さんシリーズの最新版。

これまでどおり、

1.ビジネス
2.不動産
3.紙の資産

の順でコントロールしやすく加速させやすいとといています。

今回は特に「加速」ということに着目しています。
そのためには、分散するのではなく、シナジー(相乗効果)を得ることが大切と述べています。

分散するのではなく、集中です。といってくれていたら良かったのですが、集中でも分散でもなく、シナジーです。会社の経営目標みたいですね。でも、実際に成功して財をなしている人はそうしている人たちでしょう。

私は残念ながら3、しかも株だけですね。

なぜ、3だけか。それはやはりファイナンスリテラシーの力が足りないから、の一言ですね。

この本を読むと、すぐにビジネスを始めようとまでは思いませんが、自分にファイナンシャル教育をつけさせようという強い強迫観念を与えてくれます。

キヨサキさんは、人生をお金のゲームに置き換えて説明しています。

お金のゲーム

年齢      試合時間

25-35歳  第一クオーター
35-45歳  第二クオーター

ハーフタイム

45-55歳  第三クオーター
55-65歳  第四クオーター

オーバータイム

あたなは今、ゲームのどこにいるのでしょう?
ゲームの勝ち負けは?


「大事なのは一千万ドルを儲けられるかどうかではありません。自分自身の将来の経済状態を自分でコントロールする力を持つことが大事なんです。」

「自分のお金をコントロールする力を手に入れれば、人生をコントロールする力が手に入る。」

「自分の金を他人に渡せば、そのお金はその人のために働く-君のために働く前にね」

これから少子高齢化、年金が当てにならない、大増税時代になる中で、第三、第四クオーターをすぎて、充分なお金を持っていない、ファイナンシャルインテリジェンスが高くないということは本当に死活問題になるような気がします。

金持ち父さんのアドバイスに「短期間で金持ちになるのが大事なのではありません。ゲームを学び、ゲームに自分で参加することが大事なんです。」というのがあります。

投資は自己責任で、と気軽に使いますが、自己責任って本当に大切なことだと思います。

金持ち父さんシリーズはIQ的な側面よりも、実はEQ的な側面のほうが強いような気がします。

分類的にはネガティブ自立の立場で書かれており、これまで全部読んできた身としては、自己卑下モードに移ってしまいそうになります。

しかし、やはり、このままではいけない、サラリーマンが厳しい時代に突入するのが明らかなので、自分でなんとかしようと考える人には<精神面>でバイブル的な一冊だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2005

特許からの収入:発明補償金

今日会社から発明補償金をもらいました。

ちょっと前にも新聞をにぎわしましたね。中村修二・米カリフォルニア大学教授と元の勤務先の日亜化学工業とのいざこざで問題になったやつです。


いま、会社の仕事で特許をかきますが、紛争を未然に防ぐためにも、特許権の帰属や対価の額を定めた職務発明規程があります。ふつうは、会社にあげることになっていると思います。

特許の結果次第で会社側が補償金を出す仕組みです。

特許は特許庁に出願して、登録して、そして会社で実施するという段階がありますので、それぞれの段階で補償金が出ます。

今回は出願補償金、登録補償金です。ちょっといいところにのみにいけばなくなるくらいです。

ちなみに、これら補償金は雑所得となり、1年で20万円を超えると確定申告が必要となります。


早く、そうなりたいものです、、、、


中村教授の件もあって会社側は発明補償金の上限を上げてくれているようですが、それは実施段階なんですね。
つまり、その特許で会社が儲からないとだめなんです。出願や登録にもお金がかかるから当たり前です。弁理士の先生は儲かりますけどね。

書くほうとしては、特許は登録するだけでも結構しんどいのですが、それだけでは補償金はほんのわずかです。

中村教授が言われたように、子供が科学者を目指すようになるには、科学者がある程度お金が儲かるということも必要なのではと思います。

資源のない日本が技術立国として生き残っていくためには、優秀な人材が必要です。

そのためには、プロ野球選手の年棒、Jリーガーの年棒に負けないくらい、科学者の発明補償金が大きくなればいいのにと思います。


それより前に、「お前がすばらしい特許を書いてくれよ!」と会社の人に怒られそうです。


しかし、理系人間としてはやはり、なんとかすばらしい特許を書いて、不労所得の項目に、「特許収入」を加えたいものですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2005

経営参謀の発想法

keieisannbounohassou

後 正武 (著)
価格: ¥700 (税込)
書籍データ
文庫: 291 p ; サイズ(cm): 15
出版社: PHP研究所 ; ISBN: 456966413X ; (2005/07/01)


最近ビジネス書コーナーに行くと、ロジカルシンキングや戦略思考などという言葉がよく目に付きます。

わたしも大前研一さんの本など読みますが、選挙の後でもあるのでこれからの日本はどうなるのか?
ミドル階級といわれているが、ミドルではなくMの字のように、中流がなくなり、勝ち組と負け組みの二極分布になるのでは、と本当に考えてしまいます。

投資と同じで自己責任の下に行動していかなければいけないと痛感します。

今日は、以前読んだ本ですが、大変わかりやすく現状の日本の問題点を上げている本です。著者はマッキンゼーにもいた方で、大前さんのセミナーなどでも見かける人です。

もともとは、タイトルどおり経営参謀になるための
「戦略立案」
「組織改革」
「リーダーシップ」
という3つの大切な要素について具体例を挙げながら分かりやすく解説している本です。

これらもサラリーマンとして大変ためになるのですが、最後の章の現状の課題、問いかけが非常に考えさせられます。

日本や会社組織という大きなくくりでの課題だけでなく個人への指針も述べられています。

著者はサラリーマンに対して
「ラーメン屋さんを開けるか?」と問いかけています。

・人は本来、多機能なものであるのに、組織にいると、機能の一部しか使わなくなり、考える能力も行動能力も自己制限してしまう。本来の「人間の潜在能力」が眠ったままになっているからである。

・会社の中で、実際の行動は、人に指示し、報告を受けるという管理職の立場が基本になっており、少し細かい点について聞くと「それは、担当のものに聞いてください」となる。これでは、自力でラーメン屋を開いている人に、経営者として総合能力で劣ることは否めない。

・ちなみに、現在管理職である読者の皆様は、過去一ヶ月に扱った情報のなかで文書や部下・同僚などからの報告でなく、自分が直接現場から見聞きし、手で把握した情報がどれだけあるか、調べて見られるとよい。

どれも手厳しいです。

しかし、日常の仕事を見直す機会になると思います。
私も、自分で現場にいき、自分でみずから情報を手にできたときの仕事は、自分の中でもよい仕事をしたと思います。

人の情報をあてにすると、一次情報に対する感受性や要求度と、一次情報に基づく決断力、実行力が薄れてしまうと思います。


本書を読めば、日本、会社、そして個人に多くの課題があることがわかります。しかも、具体的にどうするかは解決するかはかかれていません。

当たり前ですが、自分が動かないとだめですよね。その考えるヒントになればと思います。

古い本ですが、文庫本で出されたので、通勤時間にでもどうですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

フリーランチ投資家になろう!

freelunch-tousika

岡崎 良介 (著)

書籍データ
単行本: 243 p ; サイズ(cm): 19
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478600449 ; (2005/04/08)

皆さん、選挙にいかれましたか?

郵政民営化もいいですが、サラリーマン増税で今後ますます厳しい世の中になりそうですね。

先日よんだ本の

「国は頼るところではない。利用するのだ。」
「どこかに預けるという発想をやめよう」

が頭によぎりました。

その本が今回の「フリーランチ投資家になろう!」です。


何もしないのに、お金は24時間ノンストップでふえる。世界のお金持ちはみんなやっている、世界で一番効率のいい投資。

本の広告を見てついつい手にとってしまいました。

あくせく働くのはやめて、人生をエンジョイしよう!
マンション経営などやってはいけない!
デイトレなどやってはいけない!株の売買は月1回で十分!

などなど、帯書きにかいてあり、興味を引きました。

なんといっても、「フリーランチ投資家」というのがいいではないですか。

すごい内容かなと、立ち読みをやめて買いました。


株のデイトレードなどとはちがい、真っ当な内容でした。(デイトレが悪いといっているわけではありません。念のため。)

「分散投資」+「長期投資」が大切です、という趣旨だと理解しました。

筆者はポートフォリオの重要性を説き、国際分散投資を勧め、外国債券と外国株、それに日本株も加えた
筆者おすすめの長期投資ポートフォリオ例を挙げています。

難しいハリー・マコーウィッツのポートフォリオ理論の話やアルファ、ベータ、CAPMなど一言も書いていませんが、わかりやすい例で近代ポートフォリオ理論の一端が学べます。

著者の推奨理由も、過去の債権、株式の騰落率を例にだして、具体的に検証した上での説明なので、初心者にも具体的にどう行動すれば、どういうものを買えばよいのかある程度わかるようになっているので、すぐにでも行動できる内容です。

ただし、「証券会社に行ってみよう」と著者は気軽に書いていますが、きちんと答えることができる証券マンが何人いるでしょうか?


著者のコスト/リスク、の考え方など全体に内容がわかりやすく、筋道だった解説の仕方です。思った以上にいい本だと思いました。

筆者は外国債券70%+外国株30%がいいとしていますが、日本株にも投資したい人にも3つの重要な指標

・景気回復を告げる「中小企業景況感指数」

・景気後退を告げる「鉱工業採算指数の在庫」

・景気の継続力を見る「鉱工業生産指数の耐久消費」

をあげています。

ここまで、具体的にまた絞った指標を出して、経済の流れまで説明している投資の本は多くはないと思います。
筆者の考えに異論がある人もいるかと思いますが、一読しておいてもいいのではないでしょうか。


著者は最初のほうに書いています。

「自分で調べ、研究し、実践すればあなたもお金が自分で稼いでくれる「フリーランチ投資家」になれる。」

何気ない一文ですが、最初の5文字で多くの投資家が脱落してしまうのではないでしょうか?


私は著者の投資法はすばらしいと思います。

ですが、実践しません。

オフショアファンドの一部では外国債券を買っていますし、外国株も直接的、間接的に買ってはいますが、著者のやり方ではありません。

残念ながら投資額の少ない私では、著者のやり方ではフリーランチ投資家になるのに年月がかかりすぎると自分なりに思っているからです。

自分流のやり方である程度資産が築けたとき、著者のやり方を試してみようと考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 11, 2005

幸せな小金持ち-5

幸せな小金持ちになろう、の5回目です。

前回までは、「自分の現在地を知る」、ということで、人生の14分野についてチェックしてみました。

・目に見えるもの
・目に見えないもの(個人)
・目に見えないもの(社会)

それぞれ現在地はどのようになっていたでしょう。
あなたの満足度はどの分野で大きかったですか?逆にどこが不満なのでしょう。


今回から、私も含めて、なぜ、普通の人がお金に縁がないのか、

「お金に対する一般的な誤解チェック」

をしてみましょう。

じっくり、よく考えて見ましょう。

それはお金の教育を受けていないこともそうですが、お金に対してたくさんの誤解があるからです。

一般的にお金のことを真剣に考え人は多くないのではないでしょうか?みんな、なんとなく流れるままに、深く考えず付き合っているのではないでしょうか?

サラリーマンの場合は、給料もらって財布が暖かくなればパーと飲みに行って、お金がなくなるとカップラーメン、なんてことがあるのではないでしょうか?

そういうひとたちの大半の人が豊かに生きることが出来ないのです。

自分がお金に対してどんな誤解を持っているか理解してみるのも大切です。


1)「お金さえあれば人生の問題は解決する」

私も含めついつい考えてしまいます。
本当にお金の問題であれば、一時的に多額のお金で解決するかもしれません。しかし、お金だけで問題がなくなるわけではないことが多いようです。
人生の問題が先にあり、それを解決しておかないと、お金がいくらあっても本当の助けにはならないはずです。


2)「お金があるからけんかや争いが起こる」

お金があるために、人生がいきにくいと思っている人はいませんか?
私もそうでしたが、子供時代に大人がお金のことでけんかしているのをみて、いやな思いを体験したことは多くの方が経験しているかもしれません。
仕事や人間関係、人生の問題と、お金との関係を切り離して考えなければ物事の本質を見誤ります。


そのほか次のようなことについてはどうでしょうか?

3)「お金をたくさん持つと人はだめになる」

4)「ずるい事をやらないとお金は手に入らない」

5)「お金さえあれば人生を自由に生きられる」

6)「資格があったり会社で出世したら金持ちになれる」

どうでしょうか?
なんとなくそう思っていませんでしたか?

たまにはお金について真剣に考えてみるのもいいと思います。


忙しい毎日を送っていると、自分やお金について考えることが出来なくなります。

人生をいい方向に持っていこうと考えて、少しずつ行動することは、すぐに結果が見えるわけではありません。しかし、今日の小さな行動が、長いこれからの人生で大きな違いを生みます。

大切なことは、自分自身の人生について、自分が変えてみようと思うことです。

もし、今の人生に不満があったり、こうしたいと考えていることがあるなら、
次のステップは

人生を変えよう!

と決意することです。

と、前回も書きましたが、少しは変わってきたでしょうか?

今日も私とあなたはラッキーです。ついています。今日も唱えましょう。
「ついてる、ついてる、ラッキーだ。やって出来ないことはない。やらずに出来るわけがない。」

一緒に幸せな小金持ち目指して、明るく、楽しくワクワクやりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

夢を見る勇気を持とう!

ハワード・シュルツ氏をご存知でしょうか?

名前は知らなくてもスターバックスは多くの方が知っていると思います。そこの会長さんです。

年収が半分以下になってもおいしいコーヒーのために、大好きな仕事のためにエリートサラリーマンの地位を投げ捨てます。

一生懸命働いた彼を会社は一時辞めさせます。しかし、彼は大好きなことを続け、コーヒー店を立ち上げ大成功します。結局、元のスターバックスに呼び戻されて、会長になり、会社は大きな飛躍を遂げます。


彼は小さいときの体験をもとに(不遇な少年時代をすごしたそうです)、簡単にスタッフを首にしたりしません。すぐにリストラというアメリカらしくなく社員を大事にするのです。

かれは大好きなことに集中し、将来の自分の姿、大好きなものに囲まれている姿が目に見えていたのではないでしょうか?


彼のインタビューを聞いてみました。大好きなこと、夢を見ることの大切さを語っています。ぜひみてください。

下記のサイトです。
http://www.roadtripnation.com/interviews/72/

シュルツ氏の「情熱」を感じます。


Have the courage to dream big and most importantly don't allow anyone to tell youor convince you that your dreams can't come true.

夢を見るのに勇気が必要というと、なんでと思われるかもしれませんが、冷静に考えるとすごく勇気が必要です。

人前で、特に会社で夢なんて語った日にはだれからも相手にされないでしょう。なに馬鹿なことを、と一笑に付されます。

普通は小学校高学年くらいまでですよね。夢を語るのは。

どうしても現状を見つめてしまい、夢なんて、、、とおもってしまう。

夢を語って、もし実行して失敗したら笑われる、陰口をたたかれる、などで怖がってしまいます。

だからこそ、夢を見る勇気を持とうとあつく語っているのだと思います。

さあ、あなたの夢は何でしょう?


夢というと大げさかもしれません。大好きなことは何でしょう。

本田健さんもいっているように、最初は一日5分でもかまわないので、好きなことに取り組んで見ましょう。まずは、この週末からですね。

最初は何の変化も現れないかもしれませんが、続けることから少しずつヒントが見えてくるかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2005

後輩(部下)の指導は難しい?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

スティーブ・ジョブズ氏のスピーチ

いつもお世話になっているブログで
スティーブ・ジョブズ氏が
が、スタンフォード大学で行った卒業祝賀スピーチの紹介がありました。

いいなーと思ったので紹介します。

http://pla-net.org/blog/archives/2005/07/post_87.html


英語に自信のある人は、↓をどうぞ!

http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/videos/51.html
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html


信じることの大切や失敗から学ぶことなど、多くの幸せな小金持ちが言っていることですよね。

人生最大の失敗が後から気がつけば人生最高の経験だった、転換のチャンスとなったなども本田健さんの本でまとめられています。

今回はあのジョブス氏の生の声ということでなおいっそう説得力があるのではないでしょうか?


感謝の気持ちがツキを呼び込みます。笑顔がツキを呼び込みます。

朝、顔を洗うとき、自分に向かってニッコリと笑いかけてみてください。

きっと今日もいいことが雪崩のように起こります。

さあ、今日も元気でいきましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

長野名物?のいなご

今日は出張で長野に来ました。

もともと最終で帰るぎりぎりの日程を組んでいました。

最近指つめの件など、ついてないのか、打ち合わせが遅れ最終電車に間に合いませんでした。

(どっちみち、関西のほうでも新幹線が止まっていたそうなのでかえれなかったみたいですが)

結局、長野で一泊することにしました。駅前の安っぽいホテルに泊まっています。

明日は台風どうなるのでしょう?無事帰ることができるかな?

長野は二度目ですが、前回も打ち合わせのためホテルで徹夜して善光寺に行くことができませんでした。
明日も台風でそれどころじゃないでしょう。

でも、おかげでおいしいそばも食べることができましたし、長野名物?のいなごも食べることができました。

ラッキーといえば、ラッキーです。せっかくなので、自分を振り返るための貴重な時間とすることにします。
では、おやすみなさい。皆さんも素敵な夢が見れますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2005

アルクの「中国語マラソン」2月目

会社の自己啓発システムでアルクの通信講座「中国語マラソン」を申し込み、1月目のテストで80点だったのはちょっと前に書きました。


会社のシステムでは提出テストの平均があるレベル以上であれば補助金が出ます。

80点ではやばいです(笑)


今日、3ヶ月目の教材と一緒に2月目の結果が返ってきました。

100点でした。

パチパチパチ。

ある程度まじめにやったおかげです。というよりも、発音問題がなかったせいかもしれませんね。

今後もこのペースで続けたいです。

しかし、3ヶ月目の教材をみましたが、確実に難しくなってきています。ちょっと不安です。

市民講座の中国語クラスも発音、ヒアリングがよくないので、入門コースに行きたいのですが、土曜日にあるのでいくことができません。CDを聞いて地道にやるしかないんでしょうね。

次回の中国語講座から先生の発音をよく聞くようにしようと思います。


明るく、楽しく、元気よく、前向きに楽しくいきましょう!


しかし、日曜日、車のドアで挟んだ指が痛いです。パンパンにはれています。

人差し指は朝の洗顔、朝食、歯磨き、トイレ、ネクタイ、何をするにも必要です。

歯医者でもらっていた痛み止めを飲んで我慢していますが、つらいです。

明日、病院に行こうかと思っていますが出張なので無理そうです。
(台風だけど大丈夫か?)

本当、早く直ってほしいです(涙)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 05, 2005

ボリショイサーカスに行って思ったこと

ボリショイサーカスに行きました。

サーカスは小さいころから大好きでした。

小学校のころに、木下大サーカスにいってわくわくしたことを覚えています。

猛獣ショーやバイクのショー、ピエロ(クラウン)に空中ブランコ、本当にマジックワールドでした。

実はサーカスは今年に入って3回目です。夏前にポップサーカスというところに2度行っています。

でも、今回はボリショイサーカスということでわくわくしていきました。

座った席がS席でした。ほぼ、真正面の前から7列目でした。今までで一番いい席だと思います。ラッキーです。

座った席もよかったと思いますが、サーカスは本当にすばらしかったです。

公演はアクロバットからはじまりました。

空中でくるくる回る宙返りや、思わず息を呑む連続回転技が披露されました。空中ブランコもすごかったです。特に最後のイベントは私が今まで見た中で最も高いところからの、、、、、(内緒にしときます) クマが車に乗ったりかわいい犬が二足歩行するなど、ポップサーカスにはない動物のショーが魅力的でした。。

クライマックスは、「ジギト」とよばれる馬のショーです。チラシではたいしたことないと思っていましたが、これは必見ですね。どちらかというと男っぽさがかっこよかったです。7列目ということで、ステージ上の方の息遣いが聞こえてくるようでした。

でも、実は今日のショーの中で個人的に一番すごいと思ったのはジャグラーでした。(ボールやナイフをお手玉のように操る人です)

通常のジャグリングとちがって、ドラムと組み合わせてジャグリングを行っていました。はじめてみました。

むかし、ジャグラーにあこがれて東急ハンズで3個のボールセットをひそかに買ったものとして、7つのボールを操る技術も驚嘆ものでしたが、ボールでドラムをたたきながら演奏するなんて本当に衝撃的でした。

音楽とジャグリング。私の中では始めての融合です。

いつも、常識とかにとらわれてありきたりの目で物事を見てしまいがちです。しかし、このジャグラーは若くてかっこよく、しかも2つのものを組み合わせていました。

以前、メンターに聞いたことがあります。


「好きなこと、やりたいこととと仕事の中身が違う場合、どうしたらいいのですか?」

「どうして、二者択一をするの? Why can't you both? どうしてどちらも望まないの? 神様はけちじゃないよ」


と答えてくれました。


そんなやり取りを家に帰る車の中で思い出しました。


実は若いジャグラーは音楽の道に行きたかったかもしれません。(ここからは私の妄想です)

でも、家族と一緒にサーカスをしないといけない。
音楽もしたいし、サーカスも、、、、そうだ、両方組み合わせよう。

そして、今回見たような素敵なショーを思いついたのかもしれません。

今の仕事と自分のやりたいことが違っても(普通違うと思いますが)、何も悩む必要がないんじゃないか、と思いました。

その接点を見つけてもいいし、組み合わせてもいい。自分がやりたいようにやればいいんだな、と感じました。


実は、駐車場からサーカスに向かう途中、車の扉で人差し指をつめてしまいました。

今でも指がはれ上がって、ジンジン痛いです。つめは2/3が血で紫になっています。

人差し指が痛いと文章打つのも困難です。お箸ももてません。

いつもなら、狭い駐車場だとか、なにか腹を立てていたと思います。

でも、今日は違いました。

これは母親(=人差し指)を大事にしなさいというメッセージかもしれません、と思いました。

なぜかはわかりませんが、そう思いました。


痛い思いをしましたが、それ以上にいい気づきを得た一日でした。
(しかし、痛いです。ほんと、今晩眠れそうにありません)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2005

スピリチュアル幸運百科

supirityuarukouunnhyakka
―幸せになる不思議な力がいっぱいの人生の救急箱 一家に一冊!たましいの声が幸運を招く
江原 啓之 (著)
価格: ¥1,000 (税込)
書籍データ
* 単行本: 127 p ; サイズ(cm): 26 x 19
* 出版社: 主婦と生活社 ; ISBN: 4391127849 ; (2003/04)


目次

第1章 スピリチュアル日常生活
(食生活では 健康でいるために おしゃれについて ほか)

第2章 スピリチュアル・コミュニケーション術
(基礎編 応用編 実践編)

第3章 冠婚葬祭シーンのスピリチュアル知識
(年齢にまつわるお祝い 結婚 子どもの誕生 ほか)


「スピリチュアルカウンセラー」の江原さんは多くの本を出されていますが、一番基本的でわかりやすいのがこの本だと思います。

私は理系の大学を出て、現在の職業も研究職なので、一般的に言えばスピリチュアルとか精神世界は科学で解明されず、理系人間とは相容れない基されています。

しかし、私は運やツキもそうですが、この手の話は大好きですし、本当のことだと思っています。

信用していない人には何を言ってもだめだと思いますが、少し興味を持っている、とか、最近どうもおかしいなー、と思われている方はこの本から読まれるといいのではないでしょうか?

難しい方角、生まれの年数から求める数などはほとんどかかれてありません。取り組みやすい事柄ばかりです。

書かれてあることは本当、当たり前というか、古きよき日本では普通に行われてきたことが多いと思います。
ただ、現代の日本人を取り巻く環境が大きく変わってきて、忘れられつつあることをわかりやすく、解説してくれています。

たとえば、言霊については忌み嫌う人も多いですが、ツキの研究でもその効果は十分認められているものです。

私がいつも「ついてる、ついてる」とポジティブな言葉をはっすればそうなる、といっていますがこれも言霊の力をつかっています。(そこまで高尚な考えはないはずだ、とつっこまれたらまずいですが、、、)

いってきます。
いってらっしゃい。気をつけてね。

ただいま。
お帰り。

いただきます。
めしあがれ。

ごちそうさま。おいしかったよ。
お粗末さま。おなかいっぱいになった?

あたりまえの会話ですが今の日本で果たしてどれくらいの家庭できちんといっているのでしょうか?

子供の非行や夫の浮気など家庭の問題は、突然降りかかるように思いがちです。けれども、私が思うに、こうした当たり前のコミュニケーションをおろそかにし続けてきた結果起こったのではないかと思います。

ポジティブな言霊の持つエネルギーは相手を守る力があるそうです。
「いってらっしゃい、気をつけてね」こうした言葉が、実は、出かけていく人を守るバリアのエネルギーになるそうです。

親しき仲だからこそ言葉を交わさずともお互いわかってくれる、またそれを美徳とする日本人の習慣もありますが、やはりここは面倒くさがらず、言葉の力を信じて言葉を発しようと思います。

だから挨拶のことばはもちろんのこと、「うれしい、たのしい、しあわせ、ついてる」と口にだしてみましょう。

きっと、ラッキーなことがどんどん起こりますよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 03, 2005

中国語会話(初級)に申し込み

中国株に興味があるので、中国語の勉強をしています。

発音が難しいのでネイティブに教わるのがいいと思いながらも、駅前留学は高いし、家庭教師なんてもってのほかなので市民講座に通っています。

会社が田舎にあるので会社を定時になると駆け出して、バス、地下鉄、駆け足、と乗り継いで、なんとか開始に間に合う状況です。(間に合わないことも多いですが)

市民講座なので、ほとんどが定年退職したおじさん、おばさんです。ですが、留学経験もあったりあちこちの講座をはしごしたりしている方も多くレベルがかなり高いのです。今のクラスは中国語会話(初級)ですが、田舎の市民講座で受講生が少ないので中級も上級クラスもありません。結果的に、上手な方も初級クラスになるのでレベルがだんだん高くなるというわけです。

出張で北京に二度行ったことがある程度の私は、ほんと下っ端です(笑)

金曜日の夕方、チャイムと同時に会社を出るのは結構勇気が要りますが、一人かわいい女子大生と、もう一人とってもきれいなOLさん(外資系の受付をされているそうで、とっても素敵な方です)がいるので、なんとか行っています。(笑)

モチベーションを高める動機は何でもいいんです(笑)続けることが大事です。


実は今日で上半期が終わりました。

初級といっても難しいので、基本的なもう少しやさしいクラスを作ってほしいとお願いしていたら、下半期から新たに
中国語会話(入門)ができることになりました。

ラッキー、日ごろから思いを口にするとかなう、といっているだけあって、実現した、と喜びました。
でも、土曜日の昼間です。残念ですが、参加できません。

結局、下半期もこれまで同様、上級者のおじさん、おばさんがいっぱいいる中国語会話(初級)に申し込みました。

ついていけるでしょうか?

テレビの中国語会話も仕事で見ることができないので、やはり通勤時間を利用してCDを聞く回数を増やすようにしてみます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 02, 2005

中国株の成績

日本株の成績は毎月チェックだけはしています。

でも、中国株はほとんどチェックしていませんでした。もともと長期投資のつもりなので日々の変化は関係ないと考えていました。Q先生風にいえば、波の揺れは関係ない、潮の流れが重要、という考えです。

しかし、元の切り上げ以降、結構変動があるようです。

ですので、日本株と同じく、月末にチェックだけするようにしました。

目標は日本株みたいに「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」ではなく、2年で倍を目指します。

中身は一緒ですね。まるで、金の亡者です。最初、お金の勉強を始めたころは年に7%でいいなと思っていたころが懐かしいです。

日本株と同じく

株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式に基づくつもりです。

しかし、いざやろうとして、結構大変です。日本株は実質ひとつの口座にしぼっているのですが、中国株は口座が複数あります。しかも、証券会社によって表示が違います。B株をやっているアイザワ証券が特に見難いし、使いづらいです。めったに使わないので勉強不足かもしれませんが、入出金履歴がわかりません。円とドルのレートも表示されません。

やめたいですが、H株をしているユナイテッド証券はB株を扱っていませんし、海外の口座は手数料が割高。悩みます。結局頻繁に売買しないことになります。

しかし、先月は20銘柄くらいあったのを今のところ8銘柄まで絞り込みました。損切りをした銘柄も結構あります。
売った後に値上がりするという、株の教科書に出てきた銘柄もありました。

0934 中石化冠徳 シノペック カントンズ 
0203 駿威汽車 (デンウェイモーター)などは売ってしまいました。売った後かなり上昇しました。
逆に、1065 天津創業環保 (テンシンキャピタル)などはかなりいい時期に売れました。
0882 天津発展 (テンシンディベロップ)
0598 中外運 (シノトランス)
900936 エルドスカシミアも我慢できず損切りですね。


でも残ったのはそこそこいい成績ですが、損切りもすべてひっくるめて、去年からで約+6%くらいです。残念ながら今手元に詳細データがありません。次回までにきちんと整理しておきます。

やはり、銀行や証券会社などかなり多く口座を持っているのでそれもすっきり整理しないといけないです。海外の口座なんて引っ越したらかなり面倒そうなのでいまから徐々に整理しようと思います。なにごとも選択と集中ですね。

9月になって、皆さんついてますか?

アー、疲れた。なんていってはだめですよ。
アー、つ(と口まで出ても、ぐっとこらえて)、いてる、と言ってください。

今日もあなたと私はラッキーです。ツイてツイてツキまくります。

うれしいから笑顔になるのではありません。笑顔を作るからうれしくなるのです。

だまされたと思って、「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、ありがとう、大好き、ついてる」と言ってみてください。

きっといいことが起こります。いいことは伝染します。つきの輪を広げて幸せな小金もちになりましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2005

8月の日本株の成績

8月の日本株の成績です。


日本株の目標は、前も書きましたが、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年で資金は2倍になる、ということです。
(72の法則を使えばすぐに計算できます)


株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本

の式に基づいています。

2月の成績は4.92%でした。
3月の成績は3.05%でぎりぎりでクリア。
4月は幸運にも17.54%でした。3ヶ月連続3%以上を目指すという当面の目標はクリアしました。
5月は7.23%でした。
6月は0.30%で残念。マイナスにならず、プラスだけ良かったのかもしれません。
7月は6月の反動か15.2%でした。超ラッキーでした。ついてますねー。

8月は-7.97%でした。大幅マイナスです。でも、先月大幅プラスだったのでしかたないかも。


主力のダヴィンチ・アドバイザーズ (4314)が下がった分、全体が下がってしまいました。


が、しかし、先ほど取引履歴を見たのですが、実は今月は1回も売買をしていませんでした。
8月の成績とはいうものの、ほったらかしだったわけです。

中国株の整理に気をとられていて日本株まで手が回りませんでした。ダヴィンチが下げたとき、買い増ししようと思ったのに忙しくてできなかったのが悔やまれます。

2月、3月は手数料が無料だったせいもあり、毎日取引していましたが、今月はゼロです。もう少し機動力を持ったほうがよかったかな。


先月も書きましたが、リスク分散のために多くの銘柄を所有するのはやめました。リスクを分散すると注意力も分散しますし手数料もかさみます。リターンも小さくなります。

投下資本が少ないうちは選択と集中し、ある程度成長株に突っ込むつもりです。

吉と出るか凶と出るか?

毎月3%でふえれば、正月時の100が、年末には143に、来年末には200、つまり2倍になっています。そうなれば、ラッキーです。

勉強を続けて、先人の知恵に学んで幸せになりましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »