« 先輩から学ぶ | Main | アルクの「中国語マラソン」1月目 »

August 29, 2005

賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか


kasikoihazunoanataganaze

ゲーリー ベルスキー (著), トーマス ギロヴィッチ (著), Gary Belsky (原著), Thomas Gilovich (原著), 鬼沢 忍 (翻訳)

価格: ¥1,575 (税込)
書籍データ
単行本: 255 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 日本経済新聞社 ; ISBN: 4532163587 ; (2000/09)


目次

プロローグ 賢いはずのあなたがなぜ無駄づかいするのか
1 「心の会計」
2 五十歩百歩
3 正体のわかっている悪魔
4 数字への無関心
5 錨をあげる
6 自尊心の落とし穴
7 それは噂で聞いた
エピローグ それでどうなるのか

幸せな小金持ちになるにはお金のIQだけでなく、お金のEQが必要です。特に、メンタル面の強さが大事だなと常日頃感じています。メンタルタフネスについては行動ファイナンスでいい本が出てきています。

この本はすこし古いし、訳が多少堅苦しく読みづらいと感じる部分がありますが、株式投資をしている人は一読の価値があると思います。


心の会計:出所や使い道に違いによってお金の使い方を変えてします

損失の嫌悪:利益を好む感情よりも損失を嫌う感情のほうが強いこと

つぎ込んだ費用をめぐる誤り:すでに使ってしまったお金を惜しむあまり、無駄を重ねてしまうこと

などなど、ちょっとわかりにくい日本語も出てきますが、具体的な質問が出て、読者は自分ならどのように行動するか、回答するようになっています。わかりやすい質問によって、自分がどのような性格か、どのようなわなに陥りやすいのかが理解できるようになっています。

また、その対策もきちんと提示してくれていますので、本代は十分元が取れると思います。


わたしも、ある程度著者が言いたいのはこうだろうと予測できるものもありました。
ただ、実際の行動でどうかというと、つらいなーと思う点もありました。

先日受けた本田さんの10億稼ぐセミナーの話の中でも、
「人は知性で行動していると思っているが実は感情で動いている」
という説明がありましたが、まさにそのとおりですね。

行動経済学、行動心理学という分野は知っている、わかっている人は当たり前でも知らない人にとってはいい勉強になると思います。

また、知っていても実際に行動できるか?はなかなかむずかしいはずです。
文庫版も出ているようですので、通勤途中にでも読まれることをお勧めします。

|

« 先輩から学ぶ | Main | アルクの「中国語マラソン」1月目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/5685994

Listed below are links to weblogs that reference 賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか:

« 先輩から学ぶ | Main | アルクの「中国語マラソン」1月目 »