« 3時間熟睡法 眠りのリズムを身につける! | Main | 3時間睡眠とは言わないけれど、、、、 »

July 04, 2005

誰にでもできる短く深く眠る法

誰にでもできる短く深く眠る法―頭と体を100%活性化する最高の眠り方 知的生きかた文庫
藤本 憲幸 (著)
価格: ¥520 (税込)
書籍データ
* 文庫: 245 p ; サイズ(cm): 15 x 11
* 出版社: 三笠書房 ; ISBN: 4837902642 ; (1988/08)


目次は次のようになっています。

1 睡眠は「時間」ではなく「質」で決まる!
2 これであなたも「眠り上手」になれる!
3 不眠症はこれで治る
4 深く熟睡して、さわやかに目覚める秘訣
5 この眠り方がビジネスに強くなる決め手だ!
6 短時間熟眠を実現するこの方法
7 頭のよくなる眠り方Q&A

一番気になるのはもちろん、
6 短時間熟眠を実現するこの方法
ですよね。

2週間で3時間睡眠が出来る様になるには下記のスケジュールを実践します。

1日目 8時間睡眠
2日目 0時間睡眠
3日目 6時間睡眠
4日目 6時間睡眠
5日目 6時間睡眠
6日目 4時間睡眠
7日目 4時間睡眠
8日目 3時間睡眠
9日目 0時間睡眠
10日目 3時間睡眠
11日目 3時間睡眠
12日目 3時間睡眠
14日目 3時間睡眠

この本のとおりに一週間目まで実施しましたが、週末に挫折しました。

やはり睡眠不足のためいつもより多めに寝てしまいました。
急激に睡眠時間を削るのはよくないですね。

著者は「片目睡眠法」も実践しているそうなので、このやり方は万人向けではないかもしれません。

「眠りを減らせ!」にあったように、2-3ヶ月で徐々に減らすようにしないとつらいです。
しかし、睡眠に関してなるほどと思う点も多くありました。

熟睡するには3つの条件が欠かせないそうです。
1)頭脳を休める。
2)肉体を休める。
3)内臓を休める。

そのために食事や呼吸についての記述もあり、健康についての知識も得られます。
適度な運動は副作用のない理想的な睡眠薬、ということですので私も明日からなるべく歩くようにしようと思いました。


睡眠に関して一番大切なのは、読書と一緒でその目的だと思います。

3時間睡眠が目的ではないのです。それによって「何が得られるのか?」
最初の意図が重要です。

朝寝坊の人でも趣味のつりやゴルフの日は早起きできるといいます。
目的意識をもたないと、手段が目的に変わってしまいます。
これも「眠りを減らせ!」にありましたが、自分のライフスタイルを見直して、考えれば良いことだと思いました。私は仕事以外に趣味や勉強などに時間を使いたいのでもう少し早起きして、自分だけの時間を捻出するようにしようと考えています。2-3ヶ月であと1-2時間減らすことが出来ればすばらしいです。

自分の時間、人生を楽しくワクワクすることに使いましょう。
今日は土砂降りでびしょぬれになりましたが、明日はきっといいことがあるでしょう。
威張らない、怒鳴らない、怒らないの3ない運動をしましょう。
そして、「ついてる」、「ありがとう」を実践しましょう。
言うのはただです。言い続けるとうれしいことやよいことがいっぱいおこります。
まわりのこと、人のもの、現象がみんな、「幸せに思える」ようになります。なってしまうのです。

だまされたと思って言い続けましょう(笑)
明日もいいことがありますように!

|

« 3時間熟睡法 眠りのリズムを身につける! | Main | 3時間睡眠とは言わないけれど、、、、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/4829496

Listed below are links to weblogs that reference 誰にでもできる短く深く眠る法:

« 3時間熟睡法 眠りのリズムを身につける! | Main | 3時間睡眠とは言わないけれど、、、、 »