« 早く起きる秘密の方法 | Main | 眠りを減らせ »

July 01, 2005

6月の日本株成績

睡眠の話の間に日本株の成績です。

日本株の目標は、前も書きましたが、

「1ヶ月で投下資金の3%以上の利益を上げること」

月に3%の複利で、2年で資金は2倍になる、ということです。(72の法則を使えばすぐに計算できます)


株式残高(簿価)+現金残高=損益+投下資本
の式に基づいています。

2月の成績は4.92%でした。
3月の成績は3.05%でぎりぎりでクリア。
4月は幸運にも17.54%でした。3ヶ月連続3%以上を目指すという当面の目標はクリアしました。
5月は7.23%でした。

6月はなんと、、、、0.30%でした。残念。

でも、プラスだけ良かったのかもしれません。

毎月プラス継続しているなんて、始めた頃からしたら本当に上出来です。

先月買い増ししたダヴィンチ・アドバイザーズ (4314)が結果的に超高値掴みだったことが敗因です。


でも、プラスです。結果オーライとしましょう。
毎月3%は途切れましたが、4月、5月で稼いだので、トータルで計算したらまだ毎月3%ペースよりも上回っています。


本当についています。ラッキーです。
多くの先輩方から教えてもらっているおかげですね。感謝感謝です。ありがとうございます。

中国株の配当もまた来ましたが、今月は中国株を整理して、日本株の割合を増やす予定です。
選択と集中ですね。

では、すばらしい週末を、ワクワク楽しい週末をすごしましょう。

|

« 早く起きる秘密の方法 | Main | 眠りを減らせ »

Comments

中国株について伺いたいのです。あるサイトで、元商社マンの方で今はコンサルタント会社経営の方が、日本の商社が中国関連の大プロジェクトを軒並み中止させているとおっしゃっているのを読みました。欧米勢も直接投資をなるべく避け、ロイヤリティ収入に特化する方向だとか。政治リスクを考慮してのことです。

中国株にもいろいろあると思うのですが、中国当局がいざとなったら、海外の投資家の利益など守ろうとするはずがないと思いますが、管理人さんはその辺のリスクをどのようにお考えでしょうか。

わたしは日本株に投資するにあたっても、中国に直接投資する企業は避けているほどです。もちろん、中国経済がクラッシュすれば日本も影響は避けられず、株式市場もその波を受けるでしょう。でも、できる範囲での防衛策は取るつもりでおります。

Posted by: アッシュ | July 02, 2005 at 11:50 AM

アッシュさん、こんにちは。

「中国株のリスク」っていっぱいありますよね。
私も、「欧米勢のロイヤリティ収入に特化」という記事を何かの雑誌で読んだ記憶があります。大手は今更中国に進出せず、東欧やトルコ、ベトナムに進出するらしいですね。

私の中国(株)に対する考えは、北京オリンピックまでは結構楽観的です。

中国は商人国家なので株式市場に損になる政策は採らないはずです。発展途上の市場だからこそ、リスクはあっても大きなチャンスが隠れていると思います。

投資先としてはやはり成長の止まった大人よりも成長著しい若者のほうがいい、
パイの奪い合いをするより、パイ自体が大きく成長している方が分け前がもらえる、と考えています。ただし、宝の山には虎も潜んでいます。

私もアッシュさんと同じく、いざという時、海外の投資家の利益など守ろうとするはずがないと思います。銘柄は国際的な会計法を取り入れている会社のものにするとか、中国・アジア圏に投資するオフショアファンドを買ったり、少額ですが元をもっていますが、いざとなったらすべて紙くずになるかもしれません。ましてや個人零細投資家が買っている個別銘柄なんてどうなるかさっぱりわかりません。

そんな事態が起これば勤め先が心配になります(笑)ので、起こらないことを祈ります。


ですので、大切な資金を突っ込まないことが大切かと思います。答えになっていませんね。すみません。


ちなみに、安間伸さんのコラムを読むと、中国から撤退したくなりますよ(笑)。
http://www.amma1.com/
中国市場から撤退せよ(第二次冷戦の構造)

でも、邱先生の6月中旬のコラムをよめばやはり中国に投資をしたくなるかもしれません。http://www.9393.co.jp/moshiq/kako_mos/2005/05_06_moshiq.html

時間があればお二人のコラムにお目通しください。


私も思うところがあり、今週B株数銘柄売りました。来週はH株を整理するつもりです。
今はイロイロと思案中です。再来週、中国に行くのでその後何かしら行動を起こすかもしれません。
売ったお金でダビンチ買い増しとか(笑)

Posted by: いつもニコニコ | July 03, 2005 at 01:11 AM

邱先生の本は、以前わたしも熱中して読んだ覚えがあります。金持ち父さんシリーズが登場する前には、日本国民を啓蒙する書き手だったと思います。しかしもう日本における役割は終わったようですね。

中国に直接投資するようになってから、発言のスタンスが叙々に変わっていきました。今では中共政府のスポークスマンのような役割を果たされています。昔は台湾の独立運動にも関わって、国民党政府の圧制から逃れ、間一髪で香港に逃れた熱血漢でもあったというのに。氏の変わりかたには、時代の流れを感じますね。

Posted by: アッシュ | July 06, 2005 at 07:15 PM

アッシュさん、こんにちは。

邱先生とは長いお付き合いなのですね。

私はまだ本を読み始めて2-3年です。
金持ち父さんやゴミ投資家の後ですね。
先輩方から昔は本当にすごかったということをよく聞きます。億単位のお金を稼がせた貰ったといって、本当に神様扱いされている方もいますが、長い目で見れば変化していっているのですね。古本いっぱい仕入れて勉強します。

残念ながら、昔の熱血漢ぶりを知らないのですが、80歳を過ぎても精力的に活動されている姿はすごいなと思います。元気なうちにお会いしたいと思っていますが、チャンスがなくて残念です。

Posted by: いつもニコニコ | July 06, 2005 at 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/4787525

Listed below are links to weblogs that reference 6月の日本株成績:

» 第4回ベトナム証券口座開設サポート 申込者募集開始! [ベトナム株投資で作ろう3億円 [元祖・ベトナム株専門]]
お待たせしていました。 第4回ベトナム証券口座開設サポートを開催いたします。 どうか皆様の参加をお待ちしています。 今回は19日(火)1日で口座作成をすべて終わらせます。 19日だけで申し込みは完了しますので、お帰りいただいても構いませんし 20日に行... [Read More]

Tracked on July 03, 2005 at 12:29 PM

« 早く起きる秘密の方法 | Main | 眠りを減らせ »