« 本田健著作シリーズ100万部突破記念 感謝講演会in大阪 | Main | 人生のピンチにどう対応するか? »

May 08, 2005

ピンチはチャンス!

本田健著作シリーズ100万部突破記念 感謝講演会in大阪で、本田さんは皆さんの人生は「きっと、よくなる!」と静かに、しかし内面は熱く語っていました。

あなたにとって、最悪のことは何でしょうか?

本田さんの最新刊『きっと、よくなる!』では、
「最悪だと思った出来事が、長い目で見れば、今の幸せにつながっている」
とあります。

私自身も、経験上、そう思います。

その当時は、えーなんで?と思うようなことが、後から思えば、よい経験になったということがありました。”後から”というのがポイントですね。イヤイヤやったり、落ち込んだり、つらくどうしようもないことも、何とか乗り切ると、その経験を生かす機会がやってきました。

よく、会社の訓示などで社長が、「ピンチはチャンスです。これをばねに頑張りましょう」などといわれます。どこまで深い意味があるか解りません。

本田さんは「最悪なこと」が、いかに幸せにつながるか、について私見を述べられていました。
1.不健康なパターンが崩れる。
2.悲しみ、絶望が人を大きくする。
3.本物の愛情、友情を知る。
4.自分にとって何が大切かがわかる。
5.大切なことを中心に生きる人生に変われる。

事故や事件で身内の方をなくされた方の話をされて説明されていました。

私の仕事先でも、うつ病にかかって何ヶ月か休まれていた方がいました。性格もまじめで上司の言うことに最大限答えようといつも頑張っていました。家庭の事情もよく知っていただけに、家族も大変だったと思います。

結果的に、家族や周囲の人の協力でカムバックされています。以前よりも、明らかに重要視しているものが変わっています。確かに、同世代の方よりも社内の出世レースでは一歩遅れをとっていますが、優しい家族に囲まれて幸せそうです。かもし出す雰囲気が違うのではっきりわかります。

うつ病で会社を長期間休めば、有給休暇を使い果たし、欠勤扱いになっているからボーナスに響く、などという方も社内にいます。しかし、私は、最悪だと思った出来事が、長い目で見れば、今の幸せにつながっている、と将来この方は感じると思っています。

私たちは、何も最悪なことを経験しなくても、幸せにつながる道を教えてもらっています。人生は一度きりです。自分にとって大切なものを中心に生きるようにしましょう。

|

« 本田健著作シリーズ100万部突破記念 感謝講演会in大阪 | Main | 人生のピンチにどう対応するか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/4046051

Listed below are links to weblogs that reference ピンチはチャンス!:

« 本田健著作シリーズ100万部突破記念 感謝講演会in大阪 | Main | 人生のピンチにどう対応するか? »