« ネット投資家 「儲けの極意」セミナー in大阪 | Main | ネット投資家 「儲けの極意」 »

May 01, 2005

ププタン

ププタンをご存知でしょうか?

ご存知の方は、歴史に詳しい方か、浜島 昭平さんの「ネット投資家の儲け方」を読まれた方でしょう。


詳細はインターネットで検索するか、「ネット投資家の儲け方」を読んでいただきたいのですが、
あるサイトには

「ププタン (puputan) 」
 それは「死への厳粛な行進」である。
 だが、それは、「玉砕」ではないし、「死を賭した最後の抵抗」とも違う。
 なぜなら、それはもはや戦闘行為ではないからである。

それは、一言で言えば「バリ風・滅びの美学」と言ってよいのではないだろうか

とあります。

浜島さんは本の中で、次のように書かれています。

個人投資家も情け容赦のない環境にいる! 相場に参入する個人投資家は、誰の援けも期待できません。 資金量も乏しく、周りは重装備の機関投資家や証券自己、そして、死に向かう女どもや子供たちにも 情け容赦なく銃弾を浴びせ、カメラをむけるオランダ兵や米兵のような外国人投資家に囲まれています。  みなさんには、万一の場合は、「ププタン」にいたる覚悟はおありでしょうか?

非常に含蓄のある言葉だと思います。
長年、投資を経験され痛い思いもされてきながら、勝ち残っておられる方の本音だと思います。
私のような投資経験が短い者はまだ大きなダメージを受けたことはありませんが、
なぜ、短期売買をされるのかもわかるような気がします。

「悲観的に考え、楽観的に行動する」、という言葉を耳にしたことがありますが、投資の世界でもいざという時のことを考えておかないと心が動揺し、あわてふためきとんでもないことをするかもしれません。

強烈な下げ局面において、耐えることができるか、そこで我慢が出来なくなるか?という違いに現れると思います。4月中旬程度の下げで心理的に揺らいでいるようではだめなのでしょう。心理的な強さが本当に大切だと痛感します。

「覚悟を決める」、「頼るのは自分だけ」という浜島さんの忠告を胸に刻んで5月の相場に臨みたいと思います。


|

« ネット投資家 「儲けの極意」セミナー in大阪 | Main | ネット投資家 「儲けの極意」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/3941014

Listed below are links to weblogs that reference ププタン:

« ネット投資家 「儲けの極意」セミナー in大阪 | Main | ネット投資家 「儲けの極意」 »