« 中国語の早口言葉 | Main | ファンドと個別株 »

May 14, 2005

超カンタン!ウイークトレードでラクして儲ける山本式投資法

yamamot1weektrade
山本 有花 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
書籍データ
単行本: 190 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: あっぷる出版社 ; ISBN: 4871772349 ; (2004/07)


一世を風靡しているカリスマ主婦の山本さんの本です。

株で儲けるためのチャートの見方・よみ方、信用取引を利用した大儲けなど、1日40分、半年で1000万円稼いだ投資術を紹介されています。

1000万(別の本では3000万)儲けるのはすごいことです。でも、今は印税の方がすごいのではないでしょうか(笑)

さて、本の中では、
・選ぶ、買う、売る、の株ですることは3つしかない
・株で必要なものは自信、判断力、実行力の3つだけ
とかかれています。まさにそのとおりなのですが、なかなかそれが難しいのも事実です。

山本さんは割安株の逆張り投資、信用取引を使って儲けられているようです。
新聞や雑誌はみずに、インターネットの無料情報で前日夜のうちに作戦を練るという、効率の良いやり方をされています。ファンダメンタル分析はほとんどせず、チャートを重視し、とくにその形をみるとのことです。指標はRSIに着目されています。

山本さんの損をしないための5つの売買ルールは以下です。
1.絶対指値で売買する。
2.最小売買単位で買わない。
3.見せ玉でも強行突破。
4.損切りは気前よく。
5.一週間で手仕舞いを心がける。

私は買うよりも売るほうが難しいと思いますが、山本さんは売るほうが楽と言っています。
損切りルールをきちんと決めて、1円でも儲かれば売って、利益を確定するそうでう。
家計簿を例にとって1ヶ月のトータルで成績を判断したりするのは、説明されているのはさすが主婦ならでは、ということでしょうか。

アマゾンなどの書評では厳しいものもあります。
確かに私も株をはじめたばかりの友人にはこの本を一番に進めることはしないと思います。
おそらく、この本では言いたいことが伝わっていないのではと思っています。東京出張の時に、パンローリングの感謝祭で一度、生の山本さんの話を聞きましたが、非常に頭がいいという印象でした。

いまは主婦といっていますが、理学部出身で研究員をされ、学会誌に論文も投稿されていたそうです。学会誌に論文を投稿するには、どんな分野でも論理力や分析力が必要です。頭悪いと論文なんて書くことは出来ません。

チャートをチラッと見るだけ、の投資法といわれていますが、イロイロなことが頭の中で計算されていると思います。いずれにしても、文章や投資法の平易さではなく、投資対象の見つけ方、損切りなどの考え方なりを学び取る方が大切だと感じました。

|

« 中国語の早口言葉 | Main | ファンドと個別株 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/4126463

Listed below are links to weblogs that reference 超カンタン!ウイークトレードでラクして儲ける山本式投資法:

« 中国語の早口言葉 | Main | ファンドと個別株 »