« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

パソコンが、、、、

昨日、パソコンが動かなくなりました。

今時、98MEのぼろいマシンですが、それなりに役立っていたのに、、、、

今も動きません。重症というか、重体です。

今は別のところから書き込んでいますが、あー、バックアップしておけばよかった、と後悔しています。

とりあえず、今晩復旧作業してみます。悲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

お金のEQ-1

昨晩、NHKで「うつ病」の特集をしていました。
数多くのサラリーマンがうつ病で苦しんでいる実態を見て、大変な世の中だと感じました。
私の部署でも、昨年からうつ病で休んでいた人がいるので他人事ではありません。
(夜に見ると自分まで暗くなるので、ビデオをとって今日見ました。)

会社もカウンセラーを配置したり、いろいろな休暇制度を設けて、メンタルヘルス対策をとっています。
しかし、その一方で、益々成果主義が強まり、短期間で成果を出すことが求められています。
裁量労働制という名の下に事実上の残業代カットも行われようとしています。

うつ病で苦しんでいるのは本人だけでなく、家族も大変な苦労をされていることが特集を見て分かりました。
復職をいそいで、病状が悪化する例も多くあるようです。

なぜ、復職を急ぐのでしょうか?やはり、経済的な問題が大きいと思います。

お金がすべてではありませんが、お金でかなりの問題が解決できる、また不安を取り除くことが出来るのもまた事実です。
サラリーマンは一定の安定した収入を得ることが出来ますが、会社に収入を(ほぼ)100%依存しているのが最大のリスクだと思います。うつ病になって、会社を長期間休むことになっても、十分な経済的基盤があれば、ゆっくりと心身ともに休めることが出来るのではないでしょうか。イヤなら転職することもできるでしょう。

だから、サラリーマンでもファイナンシャルリテラシー、お金の勉強をして、経済的独立を目指したいと思います。

ちょっと、暗くなりました。本題に戻ります。

今回はおかねのEQです。

お金のIQが高いとお金持ちになることが出来ます。経済的独立が達成できるでしょう。

しかし、お金がいくらあってもお金のEQが低いと幸せな豊かな人生をおくることは出来ません。
それはお金や豊かさを楽しんだり、感謝したり、分かち合ったり出来ないからです。


現代人の多くが、私も含めて、お金にとりつかれています。

住む所をどうして決めましたか?
持ち物(車、カバン、時計)の購入理由は?
最近行った旅行先は?

などの質問の答えていくと、すべて自分のお金に対する考えが結果を左右しているとわかります。
上の質問で、”お金に制限をつけなければ”という項目を付け加えたとしたら、答えは同じになっていたでしょうか?おそらく違うのではないでしょうか?

私達は、日常的にお金に大きく影響を受けています。知らないうちに、お金を基準に物事を考え、感じるようになってしまっています。お金に制限されずに自由に生きると決意することがスタートです。


お金持ちになるだけならIQを高めてどんどん投資しましょう。
「お金と健康につきあう」ために、お金のEQも高めて、幸せな小金もちになりましょう。
具体的なステップは次回以降に紹介します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2005

普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる!

sarari-mann2okutukureru
週末の3時間株投資で、8年間負けなし。年率平均26%
四谷 一 (著)

普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる! 週末の3時間株投資で、8年間負けなし。年率平均26% 価格: ¥1,470 (税込)
書籍データ
単行本: 191 p ; サイズ(cm): 19
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478630992 ; (2005/03/11)


角山さんと同じバリュー個人投資家として有名な四谷さんの本です。
タイトルがどうも気になりますが、売れるためには目立つタイトルが必要なのでしょう。

バリュー投資で8年間勝つ続け平均26%の運用利回りを確保し、500万円を6000万円にされた実績はさすがです。勝ち続けるのは言うは易し、行うのは、、、ですね。

四谷さんの本を読んで印象深かったのは何よりも時間の使い方です。

四谷さんは週3時間しか、株式投資に時間を使わないそうです。
これは非常に大切なことではないかと思います。

投資に使っている個人の資源は「お金」と「時間」です。
普通は、「お金」の方に気持ちが行くことが多いはずです。
朝から晩まで板とにらめっこして稼ぐのと、週末3時間で稼ぐのとでは同じ金額であれば効率が違います。
「時間」はお金では買うことが出来ません。

投資をするのは自分が幸せになるためです。

経済的独立、つまりサラリーマンと違って、自分の自由な時間を欲しいために投資をしているのに、その投資のために時間をとられてしまうのはいかがなものか?と感じます。

毎月、投下資本とそのリターンを記録にとるようにしていますが、本当はそれに費やした時間も記録する方がいいのかもしれません。
そういう意味では、デイトレードよりもバリュー投資がサラリーマンにあっていると思います。
(デイトレードできない悔しさもちょっとありますが)

勤務中にヤフーの株価をチラッと見る方も多いと思います。
常に株価が気になるような投資手法は健康的に良くありません。ストレスをできるだけ避けるためにも四谷さん運用方針は非常に参考になります。


もうひとつ、タイトルの2億円という数字が目に付きますが、横に小さい時で「15年で」と書かれてあります。
四谷さん自身の投資成績、資産推移状況がのせられていますが、1年で500万円を6000万円にされたわけではありません。資産の上昇カーブも最初はそんなにすごいわけではないのです。
コツコツと繰り返すことの大切さと複利の効果を確認しました。
(自分も頑張れば出来る?!)

多くの資産がある人は別にして、少額でバリュー投資を継続しようと思うと、「健全な投資手法」と「地道な種銭作り」を継続することが非常に大切です。

以前、inatoraさんの掲示板でも書かれていたことですが、

現在30歳で貯蓄がない人が来年から毎年100万円貯蓄してそれを年率20%で運用することができれば、47歳で1億円の資産を築くことができます。この数値上は間違っていない理屈を現実のものとするためには、資金運用において「致命傷を食らわないこと」はもちろんですが、それ以前の問題として「地道に種銭を作り貯蓄できること」も重要です。

この、「地道に種銭を作り貯蓄できること」の大切さを四谷さんもかかれています。

タネ銭が少ないのに○億円稼ぎたい、と考える人はどのような行動を取るでしょうか?

「複利の効果」を享受するために、少ない種銭を一気に増やしたいという誘惑に駆られてしまいます。そして、一発逆転的な投資手法を狙わざるを得ず、大抵の場合、勝算の薄い勝負に出てどこかで撃沈してしまいます。

本屋でついつい、○億円稼ぐ丸秘トレード手法、なんていう類の本についつい目が行ってしまうのはまだまだということですね。

四谷さんはお金の使い方のスタイルを変化させ、仕事と家族を優先させながらストレスなく投資を行い、結果を出しています。サラリーマン投資家の見本のような方です。
私も投資に心や時間を奪われることなく、健康的にお金と付き合い、継続的に結果を出し(市場から退場させられるような致命傷を負うことなく)、幸せな小金もちになりたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2005

0934 中石化冠徳 シノペック カントンズ 

ユナイテッドワールド証券から配当のお知らせが着ました。

ほったらかしの中国株ですが、配当の時期に見直してみようと思います。

第一陣は 0934 中石化冠徳 シノペック カントンズ です。


業務内容
中国での原油貯蔵・輸送設備の開発・経営、広州市でのガソリンスタンド経営、原油・石油製品の貿易。

沿革
シノペックの傘下会社。主要業務は原油、石油及び化学工業製品の取引、恵州埠頭の経営、石油埠頭サービス及び周辺施設、ガソリンスタンド経営。特に広東省での石油関連業務に注力、備蓄タンク新設に余念がない。2000年度には『フォーチュン』誌により中国上場企業100社の第20位に選ばれている。


すごく将来性があるなー、と簡単に考えて購入しました。

以前のニュースで04年12月基本決算は11%増益と報じていたのを記憶しています。

発信:2005/03/18(金) 20:27:17   主に広東省で業務展開するシノペック系の中石化冠徳控股有限公司[香港上場、中石化冠徳(シノペックカントンズ)、0934]が18日の大引け後に発表した2004年12月期決算は、売上高が84億元、純利益が前年比約11.2%増の1億5400万元だった。

  EPS(1株当たり利益)は0.1486元、配当は0.015香港ドル。株式の名義書換停止期間は4月19日から22日までで、配当支払日は5月18日を予定している。(編集担当:石井一三)


その記事のとおり、配当は0.015香港ドルでした。
株数も少ないので、たいした金額ではありません。無いよりいいのですが、それよりも、購入価格より現在すこしおちています。勝ち組なると思っていましたが、いまいちぱっとしませんね。

親分を買ったほうが良かったかもしれません。日本株のように簡単に損切りできないのはなぜでしょうか?
心のそこでもうじきあがるぞ、と思っているからかもしれません。そのほかの銘柄と比べて整理を検討することにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2005

株の自動売買でラクラク儲ける方法

kabunojidoubaibai

ザイ編集部
価格: ¥1,575 (税込)
単行本(ソフトカバー): 157 p ; サイズ(cm): 26 x 19
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478630887 ; (2004/01/29)

有名なザイ編集部の本です。
オンライン証券口座を使った株取引の基本から、チャートの読み方、自動注文の上手な使い方、リスク管理方法までをわかりやすい図表などで解説してあります。
色使いも見やすく初心者にとって思わず手に取りたくなる本です。

具体的に個別証券会社の宣伝も兼ねているようですが、

1 心構え編―ネット取引で儲かる人/儲からない人の違いは?
(株で成功している人と失敗している人の違い)
などの最初の部分は初心者から中級者の復習まで、目を通しても損はない内容だと思います。

逆指値とかはサラリーマン投資家にとって本当に便利な機能の紹介もあります。
証券会社選びの参考にもなるのではないでしょうか。

信用取引などをわりと気軽に紹介しているのはどうかと思いますが(そのあたりは個人的な判断だと思います)、これから株取引を始める人で紹介されている証券会社に口座を開こうという人は手元にあっても良いと思います。


残念ながら私はすでにヤフーオークションで売ってしまいましたが、、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

40歳からの1日10分間科学的「株」投資法

40saikarano1niti10funkabutousi

増田 正美 (著)
価格: ¥1,470 (税込)
書籍データ
単行本: 244 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062641860 ; (2002/05)


以前、幸運にも東京出張が重なりパンローリング感謝祭に参加したときに増田 正美さんのMM法をしりました。著者のイニシャルでMMかと思ったら、自分の名前をつけるようなことはしない!、と怒っておられたのが印象に残っています。

具体的根拠を示さず、感情的な取引を推奨される方の本に比べ、著者は理系の大学教授というだけあって、具体的に実践的に説明してあるところが、理系の私にとって、好印象でした。内容も大変分かりやすく、40歳からとありますが、何歳でも読むべきと思います。

個人投資家がなぜ短期売買なのか、著者が60歳で大学を退官後、証券会社の勧めるままに退職金を株に投じ大失敗した経験も踏まえて、大変理解しやすく、書かれています。

私もこの方法を知ってからボリンジャーバンド、RSI、DMI、MACDなど見るようになりました(バリュー投資の先生には怒られそうですが、2σなど、日常会話で出てきてしまうので親近感が沸くのです。理系という以上、これくらい出来ないと、というあせりもありますが、、、)

最後の方に書かれてある株式投資で失敗しない10原則です。手法は別にして、多くの成功されている方と共通項があります。やはり損切りやメンタルタフネスの重要さに触れられています。
個人的には7がいいなあ、と思います。

1.「ストップロス」を設定せよ。
2.優良企業でも「減益」が発表されたら直ちに売る。
3.「9時30分」に気をつけろ。
4.待つのも取引のうち。
5.日記をつける。
6.体の調子が悪ければ休め。
7.「男の美学」にこだわるな。
8.銘柄にほれるな。
9.怯えてトレードするな。
10.ロボットに徹する。

いろいろな投資法を勉強している私にとっては、チャート重視の短期売買についてはこのMM法は自分にとって理解しやすいのでもう少し突っ込んで勉強してみようという気になっています。

バリュー投資との兼ね合いはどうしましょう?
という自分への突っ込みについては、「ネット投資家」の浜島さんがバリュー手法を取り入れているように、うまく融合させればいいかな、と今のところは単純に考えています。

重要なのは一発大もうけではなく、長い目で見て儲け続けることですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

お金のIQ-1

お金に成功している人に共通することは何でしょうか?

高学歴でしょうか?違います。

それはお金のIQです。金持ち父さんの言う、ファイナンシャルインテリジェンスです。

株式投資など、特定分野で知識の高い人は多いですが、多くの分野について体系だって習得する必要があります。一緒のお金の知識、知性を高めていきましょう。

自分の現在の資産や負債、収入や支出をどれだけ把握しているでしょうか?
お金のIQを高めるためには、まずお金との付き合い方を客観的に知ることが必要です。

自分の現在地を知るのは次回にして、その前に人生を遅らせる要因について述べます。
(これは自分への戒めです。)


人生を遅らせる3つの要因

1.誰かを責める
お金について真剣に向き合おうとすると、ついつい誰かを責めたくなります。
それは、お金のことを教えてくれなかった親や学校かもしれないし、給料を上げてくれない会社、低迷している日本経済かも知れません。
しかし、誰かを責めているうちは人生を変えることはできません。

2.もっともらしい言い訳
学歴が無い、専門知識が無い、仕事が忙しい、など言い訳はいくらでも出来ます。
しかし、言い訳をしているうちは、人生を変える方向に目を向けることすら出来ないのです。

3.罪悪感、無価値感
自分が金持ちになったら誰かが貧乏になる、と考えること。また、自分は金持ちになれないと信じたり、自分には無理だとあきらめること。そう考えていれば人生を変えることは出来ません。

神様は自ら一歩踏み出した人の背中を押してくれます。
最初の一歩だけは自分が踏み出さなければいけません。
不平、不満、愚痴、泣き言、言い訳はやめて、さあ、自分の意思で踏み出しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

幸せな小金持ち-1

幸せな小金持ちになろう

幸せな小金持ち-1

これから少しずつ、幸せな小金もちになるために自分自身が教わったことを書いていこうと思います。もともとそのための日記だったのですが、遅くなってしまいました。

本田さんにならって、幸せな小金持ち、お金のIQ、お金のEQの3つに分けて少しずつ整理していくつもりです。それぞれ、幸せな小金持ちの生き方、知識・知性、感情・感性についてです。自分自身の復習、現在の見直し、将来の再確認の意味です。

もし、いいなー、なるほどな、と思ったことがありましたが、日常生活に取り入れてみてください。


いま、幸せで豊かに生きていると実感できますか?
人生を幸せに豊かにワクワク楽しく生きること、それが自分が生きている証だと思います。


今の日本では、若い人に元気がありません。元気のない大人が多いから仕方がないかもしれません。
子供には幸せになって欲しい、と言いながら、家族との時間も無く、朝から晩まで働きづめの人を知っています。

「お父さんやお母さんのことはいいから、お前は幸せになれ」、と子供にいったらどうでしょう。
子供は責任を感じてしまうのではないでしょうか。

大人が幸せになって、ワクワク楽しい人生を歩むことが、子供を幸せにする近道だと思います。
まず、自分が好きなことをして、幸せになれば、周囲の人も幸せになれると思います。身近にお手本となる人がいるからです。
幸せに豊かに生きている人が周囲に多くいる人は、自然と見習ってそうなるのでしょう。
そういう生き方をしてもいいんだと勇気付けられると思います。

周囲に手本になる人がいない場合、手本を求めるか、勉強すればいいのです。
勉強が分からない時、分かっている先生に聞いたり、先輩に教えてもらったりします。それと同じ事です。


「幸せに生きる」ことと「豊かに生きる」ことを両立することは難しいかもしれません。
お金がすべてではないとは思いますが、お金があるほうが良い面も多くあると思います。
幸せに成功している人に近づくために、またそれに導いてくれるすばらしいメンターと出会うためにも、日頃から少しだけでいいので自分のために時間を少しとってみましょう。


今日はひとつだけです。

幸せな小金持ちになろう!

と決意することです。
(自分の目標に置き換えてみてください。日記や手帳、紙に書いておくといいですよ)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 22, 2005

上司とストレス2:悪玉ストレスを産む「管理職のこの一言」

昨日はストレスを抱えている後輩のことを考えていました。

私も数年前は本当にどん底でした。当時の上司はまだ会社にいます。社内的な役職はさらに上がっていますが、誰も口を聞きません。

はっきりいってかわいそうです。一日会社にいても、話すのは電話だけ。

もともと話し好きなのか、一日中はなしています。
外線電話で社外からかかってきてもだれもとりつがないので、自分専用の携帯電話で話しています。
ここまでいくと哀れでもありますが、そうなるまで、後輩に我慢しろともいえません。

昔、私自身、周囲の先輩方が何も助けてくれないのをうらんでいた時もありました。
サラリーマン世界では権力を持っている上司が何かと強いのは当たり前で、あえて自分を犠牲にして他人を助けるのはめったにないでしょう。助けるのがいいか悪いかも、後になれば変わるかもしれません。
ただ、少なくとも自分だけはストレスを撒き散らさないようにするつもりです。
昨日のプレジデント誌からさらに抜粋します。


悪玉ストレスを産む「管理職のこの一言」

1.「数字を出せ」といっていないか?
業績指向型上司。⇒数字も重要だが、目に見えないような努力も評価する人間味も必要。
「難しい顧客だが、よくやった」などと理由をつけて励ますことも重要。

2.しばしば成功体験を口にしていないか?
自己完結型上司⇒部下から注目されたい、尊敬されたいという自己顕示欲の表れ。
人と人が好意を深めるのは、社会心理学で言う「自己開示」によることが大きいが、自慢話よりも失敗談の方が自己開示をしたと受け取られ、好意を生むことになる。

3.「君に任せた」と言っていないか?
責任回避型上司⇒成功は自分の決断、失敗は部下の能力不足のせい、とする都合のいい考え。
失敗の原因は自分にある。成功は部下の努力の結果だと肝に銘じることが、部下のやる気を育て、ひいては自らの評価を上げることになることを忘れないことが必要。

4.「責任は俺が取る」と言っていないか?
タテマエ型上司⇒部下を動かしたいと思うのであれば、上司がチャレンジ精神の大切さを説くのではなく、実際に実行して見せることが必要。
また、チャレンジして失敗した人を非難したり、降格せず、チャレンジ精神を賞賛し、昇格させればチャレンジ精神を発揮するようになる。

5.夢や理想を語っていないか?
現実逃避型上司⇒具体的目標として夢を設定し、その目標に向かって作戦を立てることはいい意味での緊張感を与える。
しかし、夢や理想が漠然として、そこに至る方法論が全くかけていると、部下はついていけなくなる。

6.「子供は元気か?」と聞いていないか?
人間関係依存型上司⇒上司は部下とのコミュニケーションのつもりでいても、最近の若い部下にとっては、プライベートなことにまで首を突っ込んでくる上司は単にわずらわしいだけである。
ビジネスライクな人間関係の中にも、暖かい人間関係を築く努力が大切だ。

7.「期待しているぞ」と言っていないか?
エコヒイキ型上司⇒上司が特定の部下に好意を示すと他の部下から強烈に嫌悪される。それは上司が権力を持っているからである。
人間の心の奥に眠っていた権力欲が目覚め、人が変わったように権力を振るう上司は、部下を命令ひとつで動かせる魅力にはまり、自分の行為の悪影響に気付かない。
自らの行動をチェックすることが必要である。

8.部下よりも長時間働いていないか?
ワーカホリック型上司、達成動機型上司⇒ただ長時間働くのではなく、部下であった時とは頭を180度転換しなければならない。
組織を活かしながら部下の長所を伸ばしていかなければならないたちばにあることをわきまえるべきである。
例えば、率先的行動、親密化行動、親分的行動、人身掌握的行動、組織化行動、支配的行動、情報伝達的行動、賞罰的行動、業績奨励的行動

9.「心を鬼にするのも必要」と思っていないか?
パワハラ・ボスハラ型上司⇒上司の立場にある人間は、上司というのは存在するだけで部下のストレスになることを肝に銘じ、いつも自分で自分の部下への行動に気をつけるようにしなければいけない。


いずれもセクハラと一緒で、簡単に○バツをつけることは出来ず、時と場合によると思います。

ただし、「不況のどん底の時は上司も本当に落ち込み、ストレスを与えることも少ない。危険なのはどん底から少し上向いた時だ。上司はエネルギーを持ち直し、上向き具体の遅れの不満を特定の部下に向かってぶつけ、発散させることになる。そのため、数年前よりはむしろ刑期に上向き間が出てきた最近特に上司のストレス問題、パワハラがおきている」という箇所が気になりました。

まさに会社の状況と同じです。サラリーマンにとって仕事に使う時間は大変長いものです。
その時間をどのように過ごすかで大きく人生が変わってくるはずです。
なんとか、幸せにたのしく仕事をしたいものです。上司の存在そのものがストレス、と忘れないようにしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

上司とストレス

昨晩は(というか朝方まで)飲んでいたので、ブログを書くことが出来ませんでした。
毎日書くと決めていたのに、、、残念です。

飲んでいたのは別に酔っ払っていたのではなく、有望株の若手がかなりまいっているようだったのでガス抜きもかねてとことん付き合ったからです。

もともと業務のお手伝いに来ていただいていた方の慰労会だったのですが、途中から若手のストレス発散の場になってしまいました。一緒に仕事をしているわけではないので、はたから見れば忙しいけれど、やりがいがあって、社内でも注目されているので順風満帆のような感じを受けていたのですが、、、

実態はかなり大変だったようです。

彼の上司の方は大変やり手でマネジメント能力を高く買われている方です。上層部からの評価もすこぶる高く、さらに上に行くともっぱらの評判です。

しかし、上からの評価と下からの評価、特に利害関係のある部下からの評価はこうも違うのか!ということを思い知りました。会社なんていろんな人がいて、たいへんなこともあるのが当たり前なのですが、なるべく楽しく仕事をしたいものです。

この上司の方のグループでは去年、うつ病でしばらく会社を休んでいた人がいますし、その前は入社1年ちょっとの新人も退職しました。仕事が大変なのかやり方がまずいのか、当事者ではないので真偽はわかりかねますが、このままで昨日一緒に飲んだ彼も倒れるのは時間の問題のようでした。

私も昔は不平不満口泣き言、上司の悪口ばかり言っていました。今は言いませんが、若いうちはある程度のガス抜きも必要かな、と思っていますので、たまには飲みに誘って、話だけでも聞いてあげたいと思いました。

たまたまプレジデント誌に上司とストレスという特集記事があったので、その一部を引用します。

部下、同僚の「意欲減退度」判定シート
同じ部内で働く人のメンタル面が悪化していないかを判断するには、どこを見ればいいのだろうか。それを見極めるチェックポイント紹介しよう。

1.元気がない
2.口数が少なくなる。
3.冗談を言ったり笑ったりしなくなる。
4.会議などで自発的に発言しなくなる。
5.人と会ったり行動を起こすことがおっくうそう。
6.昼食をあまり食べなくなる。
7.新聞、本などを読まなくなる。
8.ちょっとしたこともすぐに決断できなくなる。
9.イライラしている。
10.仕事がはかどらない。
11.理由のはっきりしない休みが多くなる。
12.よくため息をつく。
13.疲れたと深刻な表情で訴える。
14.よく眠れない(夜中や早朝に目が覚める)と訴える。
15.気弱なことを言う。
16.仕事に自信を失い自己卑下する。
17.頭が重いと訴える。

さて、皆さんの周りの同僚、部下の方は大丈夫ですか?
もちろん、自分のこともチェックしてください。ワクワク楽しい人生を送れるようにしましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

資金100万円で月30万円ラクラク稼ぐ山本有花式クイックトレード

yamamot3quicktrade

山本 有花 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
書籍データ
単行本: 186 p ; サイズ(cm): 19
出版社: あっぷる出版社 ; ISBN: 4871772438 ; (2005/02/15)


ファンダメンタルズ分析必要なし、チャート分析必要なし、銘柄選び必要なし、取引時間たったの1日15分で月30%のリターンを目指す、というものです。月3%を目指す私とは大違いです(月3%もかなり強欲だと思いますが、その10倍です)。

値上がり率ナンバーワンの銘柄を自動で選択し、デイトレードのようなスカルピング(1円抜き)のような手法を、毎朝実行する手法です。

買っては見たものの、サラリーマンでリアルタイム取引が出来ない私はまず不可能な手法です。

リアルタイムトレードは楽しいですが、たぶん精神的に強くないと出来ないだろうなーと思います。
「損切りは迷うな」、「一秒一万円に目がくらむな」、「1円上がったら即売り」とか、以前の本とは調子が異なっています。もちろん、変化し、いろいろな手法を活用することがいいとは思いますが、この方の読者は初心者の方が多いと思いますので、やけどしないか心配です。

以前も書きましたが、この方は、教えたり本を書いたりするのが上手なんだと思います。この方のようなトレードをされている方は全国に多くいると思いますが本を書いて印税をもらえる人はわずかです。私もデイトレードするよりは本を書いて印税収入を得たいです。

話がそれましたが、この本の手法を真似ることは出来ませんが、学ぶ所はあります。例えば、損切りルールを作る、売買メモをつける、などです。特に売買メモ、取引ノートなど成功している人は多くの方が実行されています。私も記録だけはつけていますが、やはり損切りは悩みますね。

人まねから実践を重ねて独自の投資法を確立、された山本さんのように、私も経験をつんで自分の投資スタイルを早く確立します。今、いくつかの投資法を勉強していますが、結果どれが良くなるのだろう。どれになるにしても、正々堂々と胸を張っていえるように、説明出来るようにしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

フォトリーディング

ってすごいらしいです。

本田健さんは一日に40-50冊読書されるらしいですが、その手法の一つがフォトリーディング。

いわゆる速読法とはちがうらしいのです。

私は昔から本を早く読みたいという思いが強かったと思います。本屋さんで速読の本を何冊か買って試したことがあります。呼吸法やら目の動かし方やら、残念ながらマスターできませんでした。

普段読書しない方よりも早いかもしれませんが、一日に何冊もというのは無理ですね。

とりあえず、本は積読でもいいから買っておこう、という考えで買ってはいますが、机の上に山積ですね。
先日も邱先生の本を30冊まとめて買ってしまい、箱ごと机の横においてあります。
どうしよう、、、


限られた時間で本を多く読むには読むスピードを上げるか、時間を捻出するか。

短時間睡眠法を試みても、やはり昼間眠いし、、、

こんな軟弱な私に、このフォトリーディングという方法は救いになるかもしれません。


先日、フォトリーディングを受講された方のブログを拝見しました。

早川圭さん


伝説の芹沢さん

すごくよさげな感じです。

ツキや運は信じているし、脳の潜在能力も信じているのですが、やり方はよく解らないです。
でも、読書以外にもすごく役に立つそうです。

仕事もあるし、会社で資格試験も受けなくてはいけないし、読みたい本もたくさんあるし、


とりあえず、試してみよう!

おすすめの入門書

「あなたもいままでの10倍速く本が読める」ポール・R・シーリィ著 神田昌典 監訳

を、今週読んでみます。

セミナーも東京まで行かなくても大阪でやっているみたいです。
本を読んで解らなければ行ってみようかな。

お気に入りのダヴィンチ・アドバイザーズ (4314)が暴落しているので、今週株は一休みして、フォトリーディングについていろいろ調べてみることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 17, 2005

「株」のオートメーショントレードで儲ける本

今日は出張でした。帰宅して株価を見てみると、ダヴィンチえらいことになってる!
ま、いいいか。
どたばたしているので今日も本の紹介です。

「株」のオートメーショントレードで儲ける本
yamamot2autotrade
価格: ¥1,575 (税込)
単行本: 161 p ; サイズ(cm): 26
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478630941 ; (2004/11/27)

先日に引き続き、山本さんの本です。
(オークションでまとめて買いました。)
研究員、教員、心理カウンセラーを経て、主婦業(二児の母)もこなしており、「株式トレーダー」としても実績を残すカリスマ主婦の方です。

今回はインターネット投資サイトを利用したオートメーショントレードの紹介です。


投資サイトの宣伝だ!とアマゾンの書評ではこっぴどく書かれています。ただし、いわゆるシステムトレードをしらない初心者のヒトにはいいのではないでしょうか?

株式の本は難しい本が多いですが、山本さんの本は初心者向けに分かりやすくかかれてあると思います。それが初心者にとって結果的に良いかどうかは別ですが。
初心者にとってはわかりやすい本がとっつきやすいのです。山本さんは、株よりも印税の方が多いとどこかの記事で読んだことがあります。やはり教員もされていたことがわかりやすいことに役立っているのでしょうか?

紹介されている投資サイトは実は無料でも非常に役に立つサイトです。私もちょくちょく見ています。たぶん、有料の会員になるといい情報がもらえると思います。確か、マネー雑誌のザイに有料情報に一部が載っていましたが、有効に使うことが出来れば十分もとは取り返すことが出来ると思います。

私も以前は情報にお金を払うのはもったいないと思っていましたが、ある程度本物の情報を買うことが実は効率が良いと考えるようになっています。自分がしなくてもいいところは他人に任す、お金で時間や専門家の知識・経験を買う、システムを組み上げる、などということは投資に限らず、仕事でも同じです。

ただし、この本を買うようなヒトが毎月一万円はなかなか払えないんじゃないかなーと正直思います。この本を読んでその情報をどう活かすか、そこが投資の面白いところですからね。

前回の本では、投資にお金を使うのはもったいない、無料サイトを活用しよう、と力説されていたのに今回は有料サイトを利用しようということで、突っ込みを入れている人がいるのかもしれません。

臨機応変にスタイルを変える、というのがいいのではないでしょうか?
ダーウィンの進化論でも生き残ったのは強いものでも賢いものでもなく、変化したものだった、と言われていますので。私も、成功している方のいいところはドンドン取り入れていくつもりです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 16, 2005

本田健さんのQ&Aセミナーその後、質問力を鍛える方法?

今日はついついダヴィンチ・アドバイザーズ (4314)を買い増してしまいました。
その後急落し、結構損しました。こんなもですね。押し目を買うはずが、高値を掴みました。
でも長期的に見れば、安く買えたなーと思う時が来るかもしれません。
気持ち的には全然痛くないです(笑)


さて、最近「質問力」という言葉をよく耳にします。
質問力を鍛えたい方は是非読んでいただきたいコラムがあります。
昨日の邱先生のQ&Aです。
http://www.9393.co.jp/hihiq/kako_hiq/2005/05_0515_hihiq.html

目的意識を持つことの大切さを説明されています。
読書でも、セミナーでも、何でもその意図を放つ、質問することは
目的意識がはっきりと反映されてしまうと思います。


毎日、のほほんと生きていたら流されるだけだなー、と思っていたら、
今日、本田健さんから手紙が届きました。
これまた、ちょっとしたシンクロニシティーです。

一週間前のQ&Aセミナー参加者向けの手紙でした。
セミナーで時間の都合上、答えられなかった質問への回答集です。

一部を抜粋させていただきます。

「質問力を鍛えられる、エクササイズみたいなものがあれば教えてください」 という質問がアンケートにありました。鍛えることだけに関して言えば、質問してみることです。 こんな風に聞いたら、こんな答えが返ってきた。それは、自分の欲しい答えだったのか。 違ったら、どうして欲しい答えがもらえなかったのか検証する。そして、違うアプローチの質問をするのです。

本当にそのとおりです。目的意識と繰り返しの検証。両方とも欠かすことが出来ません。株でも日常の仕事でも、失敗(というか成功しなかっただけと考えましょう)はいくらでもあります。問題はなぜそのような行為をしたか、その後、その経験をどう活かすか?

なぜ?、なぜ?、なぜ?と3回繰り返せば問題の本質に近づくことができるといわれています。
それの結果を反映させ、違う方法をとれば道は開けるはずです。あきらめなければ。
(ちなみにトヨタのカイゼンではなぜ?を5回は繰り返すそうです。さすがトヨタ!)

そのようなアプローチを試み、何を聞きたいか、どんな答えを欲しいか明確にした上で発すれば自ずとその答えが手に入るのでしょう。頭ではわかっても実行は難しい。でも、ある程度は繰り返し、練習することが必要です。

本田さんは、そのコツを披露してくださっています。これも、抜粋させていただきます。

本当に欲しい答えを得るには、何が聞きたいのか、その本質を自分で掴むことが基本です。 最終的には、自分が何を求めているのかをしっかりキャッチする感性を磨くことです。 それには、普段から自分をよく知る、何を考え、何を感じて、何を欲しがっているのかに敏感になることです。

何事もまず、自分をよく知ることが大切なんですね。他人の性格分析、行動分析は出来ても、自己分析は難しいです。少しずつ、自分の感性を高めていきたいです。

目の前に与えられた情報や現象は同じですが、そこから何を受け取るかは千差万別です。
その人の考え方次第、意識の問題と言ってしまえばそうなのかもしれません。
質問力を磨き、感性を高め、自分で答えを見つけることが出来るようになりましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 15, 2005

ファンドと個別株

一昨日、3週間ぶりに中国語の勉強をしていた時に、ふと思い出していました。

中国語を勉強して中国株の情報を自分で入手する、という大それた考えを。

海外投資については知識も技術も情報も限られているのでおもにファンドを利用しています。
ただし、中国についてはそれなりに情報もあるので、ファンドとは別に個別株も自分でやっていました。
よくファンドはパフォーマンスがよくないので自分がやるほうがよい、と本に書いていたので挑戦しようとしていたのです。相手は海外のファンドです。

中国株はJFのEquity FundsのChina Aファンドを購入していました。
1年以上前の好調な時の基準価格は
2003 11 $17.33
2003 12 $17.82
2004 01 $19.61
2004 03 $20.90
2004 04 $21.65
と順調でした。毎月のレポートを見るのが楽しみでした。

一緒に買っていたJFのMoney FundsのJPMF GBPよりもどんどん上昇するのでやはり中国だ!と思っていました。しかし、その後、最安値として$16.27をつけ、昨日届いたレポートは
2005 04 $16.91でした。

トータル欄しかみていなかったので、あまり気にしていなかったけど、このファンドの最近のパフォーマンス悪いですね。購入時が$15.17なので、マイナスにはなっていませんが、Money Fundsが着実に残高を増やすのに比べると気分的に残念です。上記の時代はファンドに運用成績負けていましたが、今となっては自分で運用している方がパフォーマンス良いですね。

もともとMANなどの元本保証ファンドを買うのに日本からやり取りするのが面倒で、購入金額に足りないとか、端数のお金を運用するために購入したものでした。パフォーマンスが良いはずだから、元本保証ファンドを買えるくらいにすぐ増えると思っていました。残念ながら、まだまだ当分だめそうです。自分で出来ない東欧やインドに切り替えた方がいいかもしれません。

それはそうと、米国市場ではGMとフォードの格下げをきっかけに信用収縮がおき、株、原油先物、商品先物市場で益出し売りが出て、英系ヘッジファンドが巨額損失を出したとの噂があります。今のところ、MANの買っているものは大丈夫そうですが、最近パフォーマンス悪いので結構心配です。

たまたま自分の買っている株が好調であれば気持ちが大きくなりファンドの成績に不満が出ますが、海外のファンドはある期間をまたげばきちんとプラスになっているのはさすがです。
現在、通貨はドル、ポンド、円が基本でユーロがほとんどないのも気になっているので、個別銘柄も重要ですが、その前に、通貨と投資先を再度見直す必要がありそうです。大前先生はBRICsはもう古く、VTTとか言っているので、スイッチングをまじめに考える時期かもしれません。昔は日本よりも海外で、という気持ちが強かったのですが、今はややこしい海外よりも好調な日本株に浮気しそうですね。でも情報が入手しやすい分、時間がとられるのが個人的にはマイナスになります。
そろそろ仕事も忙しくなるので、いい銘柄を仕込んであとは週末チェックというバリュー投資家の先輩のようになりたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

超カンタン!ウイークトレードでラクして儲ける山本式投資法

yamamot1weektrade
山本 有花 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
書籍データ
単行本: 190 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: あっぷる出版社 ; ISBN: 4871772349 ; (2004/07)


一世を風靡しているカリスマ主婦の山本さんの本です。

株で儲けるためのチャートの見方・よみ方、信用取引を利用した大儲けなど、1日40分、半年で1000万円稼いだ投資術を紹介されています。

1000万(別の本では3000万)儲けるのはすごいことです。でも、今は印税の方がすごいのではないでしょうか(笑)

さて、本の中では、
・選ぶ、買う、売る、の株ですることは3つしかない
・株で必要なものは自信、判断力、実行力の3つだけ
とかかれています。まさにそのとおりなのですが、なかなかそれが難しいのも事実です。

山本さんは割安株の逆張り投資、信用取引を使って儲けられているようです。
新聞や雑誌はみずに、インターネットの無料情報で前日夜のうちに作戦を練るという、効率の良いやり方をされています。ファンダメンタル分析はほとんどせず、チャートを重視し、とくにその形をみるとのことです。指標はRSIに着目されています。

山本さんの損をしないための5つの売買ルールは以下です。
1.絶対指値で売買する。
2.最小売買単位で買わない。
3.見せ玉でも強行突破。
4.損切りは気前よく。
5.一週間で手仕舞いを心がける。

私は買うよりも売るほうが難しいと思いますが、山本さんは売るほうが楽と言っています。
損切りルールをきちんと決めて、1円でも儲かれば売って、利益を確定するそうでう。
家計簿を例にとって1ヶ月のトータルで成績を判断したりするのは、説明されているのはさすが主婦ならでは、ということでしょうか。

アマゾンなどの書評では厳しいものもあります。
確かに私も株をはじめたばかりの友人にはこの本を一番に進めることはしないと思います。
おそらく、この本では言いたいことが伝わっていないのではと思っています。東京出張の時に、パンローリングの感謝祭で一度、生の山本さんの話を聞きましたが、非常に頭がいいという印象でした。

いまは主婦といっていますが、理学部出身で研究員をされ、学会誌に論文も投稿されていたそうです。学会誌に論文を投稿するには、どんな分野でも論理力や分析力が必要です。頭悪いと論文なんて書くことは出来ません。

チャートをチラッと見るだけ、の投資法といわれていますが、イロイロなことが頭の中で計算されていると思います。いずれにしても、文章や投資法の平易さではなく、投資対象の見つけ方、損切りなどの考え方なりを学び取る方が大切だと感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

中国語の早口言葉

今日も「うれしい、楽しい、幸せ、愛している、ありがとう、大好き、ついてる」と唱えていました。(笑)
気がつけば、ダヴィンチ・アドバイザーズ (4314)すごいことになっていますね。ついてるのはついてますが、
押し目待ちに押し目なし、とはこのことですね。


とろこで、毎週金曜日は中国語を勉強しています。

ただし、きちんとした外国語教室ではなく、中国からの留学生の方が先生をしている市民講座です。
といっても、先生は中国の大学で日本語を教えているので日本語も大変上手です。
今年度の受講生も大半が引退して暇そうなおじいちゃん一歩前の人です。それとおばちゃん。ほとんどの人が中国に行った経験があり、初心者講座とは言いながら、ペラペラの人が多いのでついていくのに必死です。


なぜ、中国語か?
表向きは旅行(北京オリンピックの頃にはある程度話せるようになりたい)と言っています。
仕事で中国と関係するようになったのもあります。

しかし、本当は尊敬する邱先生の影響です。
中国株をやっている以上、中国語を話せたほうが企業訪問した時にかっこいいし、コミュニケーションが取れるから、という理由もあります。日本の企業訪問すらした事のない人間が何を言う、って感じですが。
別に中国語を話せなくても、もちろん中国株はできます。


今日は中国の早口言葉を少し教えてもらいました。
中国語では「繞口令」(Raokouling)といいます。
ろくに発音も出来ない私に、早口言葉なんて到底無理です。

少し紹介しようと思いましたが、中国語ってどう入力していいかわかりません。
困りましたが、さすがはインターネットですね。検索したらすぐ出てきました。

http://www.cuc.ac.jp/~zhao/raokouli.htm
千葉商科大学中国語教室です。
今日、ちょうど教えてもらったのが出ています。
音声も聞くことが出来ます。発音が苦手の私にはすごく役に立ちそうなHPですね。
みなさんも、ためしに聞いてみてはいかがですか?


http://chinaexpert.web.infoseek.co.jp/rkl/
中国語の早口言葉専門のブログです。


http://sasugakiya-hit.way-nifty.com/blog/2004/12/post_8.html
翻訳で面白おかしく遊ばれている方もあります。

http://www.geocities.jp/raoraokujiang/
中国語の早口言葉【ラオラオ】のメルマガです。
早速、登録しました。
中国語の表記は発音(ピンインや四声)もあるので、なかなか難しいですね。

金曜日は毎週、中国語の話をしようと思いましたが、やはり前途多難です。
中国株よりどうも日本株のほうが楽しそうですし、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2005

株で月30万円稼ぎトレードで生活する田村式投資法

株で月30万円稼ぎトレードで生活する田村式投資法kabudetuki30man

田村 孝 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
単行本: 189 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: あっぷる出版社 ; ISBN: 487177208X ; (2002/07)


この本はオークションで株関係の本を購入した時に付録でつけていただいたものです。
あまり期待していなかったのですが、内容はわかりやすいもので、私の好きな精神面についてかかれてありました。

1週間で5%は誰でも儲けられる、と豪語する著者ですが著者なりのポイントが明快にかかれています。
基本は値下がりした銘柄で出来高が急増したものを狙う逆張りです。

1.債務のある銘柄は極力避ける。
2.買う当日の出来高は直近5日間の平均に比べ2倍以上であること。
 ・出来高の増加率が大きいほど底値に近い。
 ・買う当日の出来高が急増していなくても、前日に出来高が急増して3%以上値下がりしていれば駆ってもOK。
3.出来高が急増した日の値下がり率が前日終値に比べて3%以上下落してから買う。
4.直近の高値(3-5ヶ月が目安)の値下がり率が20%以上であること。
5.前回の安値を下回っていること。

4月の下げの局面では上記の満たす銘柄は結構あったと思います。機械的にトレードしてもよかったということになります。著者はこのほかに確実に5%でよいので利益を取ることと、損切りをきちんとすることが大切と述べています。

私がこの本で共感したのは、お金に対する考え方です。
株投資の本なのに、「金運」とか「お金の神様」が出てきます(笑)
通常なら笑われると思いますが、私はこの考え方は結構大切だと思います。言葉の使い方は難しいと思いますが、健康的で儲かっている投資家の方、幸せな小金持ちの方は自然に身についているのではないかと思います。私もお金の神様に好かれるような振る舞いを心がけたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

「きっとよくなる」を日常生活でどう活用するか?

ピンチにどう対応するか、「心の平安」を手にいれる方法など、本田健著作シリーズ100万部突破記念感謝講演会in大阪で、
本田健さんが話された考え方を紹介してきました。今日で一区切りです。

今日は、「きっとよくなる」を日常生活で活用する、5つの方法です。
この方法を知るだけで、人生ハッピーになること間違いなしです。

では、その方法とは?

1.自分の好きなことをする。
2.人生のすばらしさを自分らしく、周りに伝える。
3.周りの人たちの幸せを願う。
4.夜寝る前に、今日一日起きたことに感謝する。
5.何かを日常的に分かち合う。

どれも本田健さんが、常々言われ続けていることばかりです。

自分の好きなことをする、は本当に大切で、幸せな小金持ち、というよりも、幸せな人生をおくる基本だと思います。
そのような姿や、人となりが、周りに人生の楽しさ、ワクワク、すばらしさを伝えていくのだと思います。
そして、心に余裕や平安があり、好きなことをしている人は他人を蹴落としたりすることなく、周りの人の幸せを願います。私は時たま、他人の幸せを羨んでしまいますが、、、、

”欲しいものを人にあげる”という教えもあるように、人の幸せを願うのが幸せになる近道だと思います。

愛情が欲しい人は愛情を、友情を欲しい人は友情を、お金が欲しい人はお金をあげる、シェアする、分かち合うことが先なのです。
本田さんが言う、分かち合いとは何もお金やモノだけではありません。
「目配り、気配り、声配り」でもいいのです。最近元気?と、ちょっとした声をかけたり、手紙を出すだけでもいいのです。

元気?と聞くより、ついてる?と聞くほうが良いと思います(これは私の個人的意見ですが、)

そして、意外にバカにされるようですが、「感謝する」ことは本当に大切です。
自分の置かれた環境にまず感謝しましょう。今の日本人は普通のサラリーマンでも、世界の多くの人に比べたら、かなりいい暮らしをしているはずです。何百年前のどこかの王様よりもいい暮らしをしているはずです。まず、平和に暮らせるだけでも感謝です。

思っていることや、口に出していることは、数年後にそのとおりになります。

私の好きなことばですが、

「うれしい、楽しい、幸せ、愛している、ありがとう、大好き、ついてる」

といい続けていると、1年後もまた、

「うれしい、楽しい、幸せ、愛している、ありがとう、大好き、ついてる」

と思わず言ってしまうような状況になるでしょう。

逆に、イヤだ、嫌いだなどの不平、不満、愚痴、泣き言、恨み言葉などを言っていると
1年後もそのような言葉を発する状況に陥っているでしょう。

寝る前に今日一日起きたことに感謝する、もしくは朝起きた時に昨日一日起きたことに感謝しましょう。(今日一日ラッキーなことが起きると口にするとなお良いです)

そして、元気で明るい笑顔でいつもニコニコしましょう。
家族におはようと挨拶し、通勤バスの運転手さんにもにっこりと、ありがとうといいましょう。
コンビニで朝食を買う人は、ありがとうと笑顔でお金を払いましょう(また、友達を連れて帰っておいで、というとなお良いです)。

感謝することで、あなたの心に平安が訪れます。
あなたの素敵な笑顔を見た人は、素敵な笑顔が伝染します。そして、周囲の人にどんどん幸せの小さな輪を広げていくはずです。

だまされたと思って、明日ありがとうと、にっこり微笑んで言ってみてください。
言うのはタダです。世の中にはリスクにあったリターンがあるといわれていますが、
この方法は、ノーリスクハイリターンです(笑)


本田さんの言葉です。
「考え方一つで、どんな人の未来も必ずよくなっていくのです。
自分のすばらしい未来を信頼してください。」

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。あなたはとてもツキと運のある幸せな人です。
明日はきっといいことが起こるでしょう。是非、そのいいことを周りの人と分かち合いましょう。

そうすれば、すべてのことが今よりも、きっとよくなります!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

心の平安を手に入れるには?

5月に入って、大変忙しく株価を見ていませんでした。
しかし、知らぬ間にダヴィンチ・アドバイザーズ (4314)がすごく上昇していました。
ラッキーです。本当についています。持っている株が少々するのはいい気分ですね。


さて、一昨日は、ピンチはチャンス!
昨日は、ピンチにどう対応するか、
本田健さんの考え方を紹介しました。

今日は、その後の心の平安を手に入れる方法です。
「心の平安」も幸せな小金持ちにとって、とても大事なことです。

いつも、お金や心、時間に余裕、平安があれば、自分にも他人にも優しくなれるとおもいます。
株価が上がるとなんとなく、心に余裕が出てくるのは私だけでしょうか?
イライラ、ガミガミ、不平、不満、愚痴、泣き言、恨み言葉などのマイナスのエネルギーを発することがなくなるはずです。その結果、周りの人を不快にさせることもなく、自分も楽になります。

では、その平安を手に入れるために知っておくこととは?

1.自分のストレスのパターンを知る。
2.問題がない状況はありえない。
3.人生は不平等でも、公平に出来ている。
4.人生の出来事に良いも悪いもない。
5.すべては選択で変わること。

どれも本田さんらしい言葉です。
4については、以前のセミナーでコップ半分の水について話をされていました。
コップに半分水が入っている状態を
・半分しか水が入っていない
とみるか、
・半分も水が入っている。半分も残っている。
とみるか?の話です。
よく、ポジティブシンキングの話で話題になります。

だけど、本田さんはコップに水が半分入っている、という事実をまずきちんと確認しよう、と話をされていました。

その後で、5の自分の選択で変わるということです。

今日、私は会社でプレゼンについて、発表の仕方について厳しい指摘を受けました。
配布資料の内容、書き方についてもけちょんけちょんに言われました。
昨晩、残業して、家でも深夜まで頑張って作ったのに、、、

思い切りへこみましたが、悪い所を指摘していただいている、これを直して次回は良くしよう、と思うと不思議に最後は「ありがとうございます」と言っていました。
この前に、誰かと喧嘩していたら、私も切れていたかもしれません(笑)
やはり、このように言うためにも、心に余裕、平安が必要です。

「人生は選択の積み重ね」です。
一回一回、一つ一つは小さな選択ですが、それが積もり積もれば大きな差になります。社会や親、会社などから意識、無意識に関わらず与えられたものに流されず、自分の意思で選択しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

人生のピンチにどう対応するか?

昨日は、ピンチはチャンス!ということで、
本田さんの「最悪なこと」が、いかに幸せにつながるか、について紹介しました。

では、その人生のピンチ、「最悪なこと」にどのように対応すればよいのでしょうか?

1.最悪と思った時に、そのイヤな感情を感じつくす。
2.過去に同じような最悪だった時を思い出し、何とかなったことを思い出す。
3.想像できる最悪を覚悟して、そうならないように行動する。
4.周りに出す気を求める。

ピンチの時にはよく、最悪のことを思えば、なんとかなる、と言われます。
悲観的に考え、楽観的に行動する、ことは私も賛成です。

上記の4つのなかで、私は1番が本田さんらしいと思います。

さまざまな感情を感じつくす。そして、(これが一番大事ですが)その感情を手放す。

この手放すことが大切ですが、実はむずかしいです。
いろいろな考えにとらわれて自分を見失ったり、混乱したりしてしまいがちです。

ちなみに、私の尊敬する邱永漢先生は「ピンチの法則」5か条を紹介しています。

「(1)ピンチというのは人生のリズムみたいなものであるから、周期的に必ずやってくる。
用心して予防策を講じていても、避けることはできない

(2)ピンチにおちいるときは、身辺におこることがいずれもマイナスに働くから、八方塞がりの感じになる。

(3)ピンチにおちいると、奈落の底にでもおちるような不安に襲われるが、それは心理的なものにすぎず、必ずどこかで底に足がとどく。ただし、必ず一定の時間の経過を要する。

(4)ピンチの折り返し点は、恐怖におちいって想像したよりもかなり上のところにある。つまり人間は自分で考えたところまでは、なかなかおちこまないものなのだ。

(5)ピンチから這いあがるキッカケは、ピンチにおちいる前に考えていたようなことからは生まれてこない。苦しみにきたえられ、それが薬になってはじめて次の対策が生まれてくるものである。」
(『朝は夜より賢い』)


「ピンチの法則」5か条は、邱先生自身がピンチに陥り、そしてそこから這い上がる過程で発見したことをまとめたものです。そして「成功毎在窮苦日、敗事多因得意事」という中国の諺が紹介されています。

「貧乏して苦しんだときに何を考えたか、またどんな手を打ったか、がやがて成功につながっていく」という意味の言葉です。これこそ、ピンチはチャンス!と、いうことではないでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

ピンチはチャンス!

本田健著作シリーズ100万部突破記念 感謝講演会in大阪で、本田さんは皆さんの人生は「きっと、よくなる!」と静かに、しかし内面は熱く語っていました。

あなたにとって、最悪のことは何でしょうか?

本田さんの最新刊『きっと、よくなる!』では、
「最悪だと思った出来事が、長い目で見れば、今の幸せにつながっている」
とあります。

私自身も、経験上、そう思います。

その当時は、えーなんで?と思うようなことが、後から思えば、よい経験になったということがありました。”後から”というのがポイントですね。イヤイヤやったり、落ち込んだり、つらくどうしようもないことも、何とか乗り切ると、その経験を生かす機会がやってきました。

よく、会社の訓示などで社長が、「ピンチはチャンスです。これをばねに頑張りましょう」などといわれます。どこまで深い意味があるか解りません。

本田さんは「最悪なこと」が、いかに幸せにつながるか、について私見を述べられていました。
1.不健康なパターンが崩れる。
2.悲しみ、絶望が人を大きくする。
3.本物の愛情、友情を知る。
4.自分にとって何が大切かがわかる。
5.大切なことを中心に生きる人生に変われる。

事故や事件で身内の方をなくされた方の話をされて説明されていました。

私の仕事先でも、うつ病にかかって何ヶ月か休まれていた方がいました。性格もまじめで上司の言うことに最大限答えようといつも頑張っていました。家庭の事情もよく知っていただけに、家族も大変だったと思います。

結果的に、家族や周囲の人の協力でカムバックされています。以前よりも、明らかに重要視しているものが変わっています。確かに、同世代の方よりも社内の出世レースでは一歩遅れをとっていますが、優しい家族に囲まれて幸せそうです。かもし出す雰囲気が違うのではっきりわかります。

うつ病で会社を長期間休めば、有給休暇を使い果たし、欠勤扱いになっているからボーナスに響く、などという方も社内にいます。しかし、私は、最悪だと思った出来事が、長い目で見れば、今の幸せにつながっている、と将来この方は感じると思っています。

私たちは、何も最悪なことを経験しなくても、幸せにつながる道を教えてもらっています。人生は一度きりです。自分にとって大切なものを中心に生きるようにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2005

本田健著作シリーズ100万部突破記念 感謝講演会in大阪

今日の感謝講演会は本当に参った!という正直な感想です。


本田さんの講演やセミナーは非常におもしろく、笑いがあるかと思えば真剣な話もあり、非常に奥が深いです。透かし絵が入っているように、受け取る人のレベルでそれぞれの解釈が出来ると思います。
話し方もイロイロと工夫されており、わかりやすいと思います。

しかし、今日の講演会は映像と音楽を交えて五感に訴える本当にすばらしいものでした。
映像も奥様の歌声もすばらしく、心にスーッと入り込み、じわじわと思いがこみ上げてきました。常連さんが、全国から参加するのがよくわかります。

愛するためにきた、夢を生きよう、などの言葉が著作や講演とはまた違った感じで心の中に訴えかけてきました。

正直、2000人向けの講演会なのでセミナーに比べてたいした事はないと思っていましたが、いい意味で裏切られました。本当にいい講演会でした。

今後、アメリカから、映像と音楽と講演を交えた世界ツアーを開催されるそうです。今回の講演会はビジネス上の味見実験的な意味合いもあると思います。これから、さらに洗練され、このすばらしい講演やセミナーは、世界中に人に暖かく迎え入れられると思います。


実は、予想していなかった友人(しかも3人も)に会いました。お互いびっくり。ゴールデンウイークなのに、、、1年ぶりに会った友人もいて、また会いましょうと話が盛り上がりました。本田さんのセミナーや講演会は人との出会いも楽しみの一つです。

講演の内容の
・最悪なことがいかに幸せにつながるか、5つの仮説
・人生のピンチの時にどう対応するか、4つの方法
・心の平安を手に入れる、5つの方法
・「きっとよくなる」を日常生活で活用する、5つの方法
などについてはまた後日紹介させていただきます。

昨日のセミナーといい、今日の講演会といい、本当にワクワク幸せ感を味わうことが出来た二日間でした。心配することをやめ、人生を信頼しようと思いました。

最後にプロジェクターに映し出されていた文字は
「過去は変えられない。しかし、未来は選択できる。
今日からあなたの伝説が始まる。」

私を含め、皆さんの人生は「きっと、よくなる!」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 06, 2005

本田健さんの 「Q&A」セミナー in 大阪」

さきほど、大阪Q&Aセミナーから帰りました。

大変密度の濃い、充実した内容でした。

今日は会社を早退したため早く会場に着くことが出来ました。
6時15分から受付ということで、30分前の5時45分に会場に到着したのですが、すでに10人ほどの方が居られました。続々来られる方々はみなさんお知り合いのようで、「よう、ひさしぶり」、「元気にしてる?」なんて、気軽に声を掛け合っています。恐る恐る声をかけてみるとみなさん、東京や九州など遠くから参加されているようです。後で知りましたが北海道や沖縄、海外からも参加された方もいるそうです。

みなさん、何回もセミナーに来られたり、メンタープログラム参加者の方々で、顔なじみといつか同窓会の雰囲気をかもし出していました。すごく羨ましく感じました。

セミナーの内容は非常に内容が濃く、きちんと自分の中に落とし込まないといけませんが、さわりだけ少し書いておきます。

まず、本田さんの基調講演。
多くの人は3パターンに別れるということ。
・気合入りすぎ
・準備なさすぎ
・混乱しすぎ
それぞれ、イロイロなセミナーに出るが人生が変わらない、忙しいのに人生が変わらない、勉強するけど人生が変わらない、というパターンになるそうです。

自分の位置を明確にした上で、必要な情報を受け取ることが大切です。

セミナーに出れば何とかなる、というわけではなく、自分にあったやり方を学び、自分が放った意図に応じた情報、アドバイスと受け取ればいい、ということです。こうでなければならない、自分を洗脳する必要はない、ということもいわれていました。

Q&Aセミナーですが、「すべての答えは自分の中にある」と強調されていました。

その後、自己紹介など数人で行い、Q&Aタイムに入りました。
詳細はまた後日のお楽しみ。

今回は、セミナーで多くのQ&Aを聞くことが出来ただけでなく、メンタープログラムに参加されている多くの方にお会いし、具体的な話を聞くことができてラッキーでした。メンタープログラムは申し込みはしたものの、何度も東京に行くのは困難とあきらめた経験があります。でも、それはやはり自分には時期尚早だったのかもしれません。参加者の方の意見を聞いて、考えさせられたこともあり、本当に濃密な、幸せな時間でした。

お約束の本田さんのサインも講演後してもらいましたし、聞きたいこともそのとき聞くことが出来ました。結果はやはり、答えは自分の中にありました。想像していたとおりの答えでした。

本当に楽しいひと時でした。本田さん、アイウエオフィスの皆様、ご一緒させていただいた方々、本当にありがとうございました。明日は、尼崎で「感謝講演会 in 大阪」があります。幸せな時間が二日連続です。できれば来週にとっておきたい気分です(笑)

今日のところはこのあたりで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

きっと、よくなる!

きっと、よくなる!
kittoyokunaru
価格: ¥1,680 (税込)
単行本: 250 p ; サイズ(cm): 20
出版社: サンマーク出版 ; ISBN: 476319531X ; (2005/01/06)


いわずと知れた本田健さんの最新刊です。

娘さんの小学校入学に際し、アメリカへ渡米する前に書き残しておきたいことをまとめたそうです。
これまでのスタイルとは異なり、2-3ページでひとつの話ですので、読みやすいです。

出版時のイベントで小冊子を限定配布していました。幸いにも私は当選したので、日常使うカバンにいつも入れています。電車に乗ったときやタクシーで移動中など、ちょっとした時間にいつも目を通しています。出張先で知り合った人や知人にも差し上げたりしています。

これまで本田さん関係の書籍は日記に取り上げていませんが、明日、大阪でセミナーがあるので読み返してみました。

神様から「人生で後1冊だけ書いてもよい」と言われたら 私は迷わずこの本を書くでしょう (本田健)

と言わしめているとおり、本当に何度読んでも気付きのある本です。
落ち込んだり苦しい時には励まされ、慰められ、大丈夫だよ、と優しく声をかけられるようですし、これから勝負に出よう、挑戦しよう、という時には背中をそっと押して勇気づけられるような本当に温かみのある本です。

人生はよくなるように出来ているので、将来を心配しすぎたり、過去を悔やんでばかりいずに、瞬間、瞬間を楽しみましょうと、声をかけてもらっているようです。

本田さんの著書やセミナーでは一貫していることは、「お金持ちになることが大切」ではなくて、「お金と健康につきあうのが大切」だということです。いわゆる「幸せな小金持ち」ですね。


豊かさというのは、資産の額とか、収入とかにあるのではなくて、実は日常生活のふとしたところにあるのだと思います。それを自分の人生に生かすためには、どんなことをしたらいいのか。今回の本ではそのようなことを伝えていければと思っています。

確かに豊かさや幸せは得るものではなく、感じるものだと思います。足ることを知る、ことがわからないとマネーゲームや権力争いなどに身を投じてしまうのでしょう。株投資も楽しいですが、お金お金の金の亡者にならないようにしないといけませんね。

レベルの低いやつやなー、と以前いわれたことがありますが、日常の小さな出来事にもうれしい、たのしい、しあわせ、あいしてる、ありがとう、だいすき、ついてる!と感じる心を大切にしたいと思います。

明日は会社を早退して大阪でのセミナーに向かう予定です。本田さんに直接会うのは明日で3回目になりますが、いくつか教えていただきたいことがありますので、質問するのが今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

シティバンク香港

以前海外の銀行口座について面倒だと述べました。

アメリカのUnion Bank Of California 銀行です。
eBayなどの利用にドル小切手が便利なので口座を作っておきました。
しかし、ほとんど使っていないので休眠口座にされるというものでした。

今度はシティバンク香港から、
手数料が引き落とせないけどどうするの?
という手紙が来ました。

平均資産額を前月1ヶ月間で3万香港ドル以上維持し続けないと、たしか400香港ドルの口座維持手数料を取られるのです。最近は日本でも手数料を取る銀行がありますが、海外は結構シビアです。
というか、1000円でも預けるときちんと通帳を作る日本の銀行の方がおかしいのかもしれませんが。

いそいで口座を確認すると預金額は問題ありませんでした。不思議に思って調べたら、株式サービスの手数料のことでした。香港ではいわゆる銀行と証券会社がドッキングしたような口座を持つことが出来ます。香港株口座と米国株口座を持っているのですが、その維持手数料のことでした。銀行の普通の口座と違って、株取引の口座に金額がなかったようです。株取引をしなくてもたしか半年後とにいくらか費用がかかります。現在、手数料が高いので株取引はしていませんが、これも既得権ということで口座を閉じるのがもったいなくてそのままにしています。手数料を払うほうがもったいないかもしれませんが、一度閉じると次に開くのが面倒なのでこのままです。

浜島先生が日本に住む日本人は日本株が一番、といわれていましたが、海外は何かと手続きが面倒なので自分でするのは億劫になります。送金ひとつとっても確かに手続きが面倒です。
やはり日本株の割合を増やすように、ポートフォリオを見直したほうがいいかもしれません。

ちなみにBAIさんのホームページからシティバンク香港の口座の説明を抜粋させていただきます。
海外に興味なる方はご参考にしてください。

CITIBank, N.A.銀行,(香港)
立地: 香港
S&P格付け: AA(Stable) 
サービス名: International Personal Banking
口座開設難易度: A~C
最低必要資金: M

アジア地域のシティバンクは、シンガポールに統括本部があります。香港のシティバンクは、日本のシティバンクと同じくその統括下にあります。そのせいか預金サービスについては日本のシティのサービス内容ととてもよく似ています。ただし、銀行業と証券業の分離規制がないため、投資に関しては日本のシティよりも遥かに幅広い投資の選択子があります。

一般向けの郵送開設口座は、毎日の平均資産額を前月1ヶ月間で3万香港ドル以上維持し続けないと、400香港ドルの口座維持手数料を取られます。また各預金、投資サービスは、オンラインバンキング・トレードとテレフォンバンキング・トレードが可能です。預金口座としては、カレンシーマネージャー口座という3種類のサービスがセットになったものを開設できます。13通貨の預け入れが可能なマルチカレンシーのコールデポジット、タイムデポジット、スタンバイクレジットです。ATMカードが発行できます。定期預金口座は各通貨とも1週間から1年のものまで様々なものがあります。
これらの預金サービス以外にも、為替取引から債券、ファンド、株式取引まで、様々な投資サービスが用意されています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 03, 2005

お寺の経済学

oteranokeizaigaku
お寺の経済学
中島 隆信 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
単行本: 233 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 東洋経済新報社 ; ISBN: 4492313451 ; (2005/02)


ビジネス経済誌にも多く取り上げられ、話題の本ということで気になっていた本です。
個人的にお寺と関係がある上に、ゴールデンウイークにお墓参りにいくこともあり、興味を持って読んでみました。

序章から、いきなり

コンビニエンスストアが全国に4万あるのに、お寺は約7万5000もある。坊さんは約30万、信者は6000万人。これは日本の全法人のおよそ三十分の一、全従業者の二〇〇分の一、そして全人口の半分に相当する数字である。
とあり、本当か?と突っ込みを入れつつも気になり読み進めてしまった。

著者はお寺とは関係がない経済学者ですが、歴史に始まって、檀家制度や葬式やお墓のこと、宗教法人の税制など宗教に関係する人には興味深いことが数多く、しかも分かりやすく解説されています。

私の周りにもいわゆる葬式仏教だけが仕事の住職が複数いることは確かです。
檀家参りは気を使って軽自動車に乗るものの、平日はベンツに乗って住職仲間とゴルフに言っている人も知っています。本書の第6章のタイトルは「お寺はタックスヘイブンか」ですが、タックスヘイブンという言葉を知っているかどうかは解りませんが、宗教法人という制度を”うまく”利用している住職もいることはいます。税務署が来た、どこそこの事務所に頼むといい、などはよく聞く話です。

会社では「論文のかけない研究員は存在価値がない」といわれますが、それと同じで「説教(法話)が出来ない坊主は役に立たない」と思います。いったいどれだけの住職がキリスト教の牧師さんと対等に話し合えるでしょうか?どれだけ多くの若者の前で話を出来るでしょうか?

最近は結婚式をあげるカップルが減少し、ホテルでも葬式をするところがあると聞きました。
住職の中にも下記のように考えている人がいます。

結婚式は二人でひとつ。しかも、ジミ婚だのしない人もいる。
一方、葬式は一人にひとつ。本人は簡単に、と頼んでも遺族はそうしない。
どう考えても葬式はおいしい。坊主丸儲けと言われるが、本当にそうだ。

本書では葬式や戒名、墓石などにまつわるモロモロの話も紹介されており、すべてが真実ではないと思いますが、ある意味寺院関係者には厳しい指摘もあります。
今後、少子高齢化、若者の間で宗教離れが進む中で、どうするべきか、日本におけるすべての住職に読んでいただきたいものです。宗教の世界なので、そうやすやすとは透明性がなくなるとは思いませんが、お寺の世界も徐々に厳しい淘汰の世界になり、世間の企業、サラリーマンと同じく、勝ち組、負け組に分かれると思います。21世紀におけるお寺の役割とは何なのでしょうか?

明日、お墓参りに行く予定ですが、いろいろとお寺の人に聞いてみようかな?

個人的には大変おもしろく読みましたが、葬式の値段など「お寺」の「経済」に興味を持つ人は結構いても、仏教経済学などの「お寺」と「経済」に興味を持つ人は少ないと思います。宗教も経済も社会や人間を幸福にするもののはずなので、なんとなく今の荒れた日本がよい方向に向かうようになればいいなと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

ネット投資家 「儲けの極意」

有名なバリュー投資家の多くの方が、市場から撤退されないこと、
大怪我をしないこと、最悪の時にでもたえられること、
などが大切とよくいわれています。

先日、ネット投資家 「儲けの極意」セミナーに参加し、浜島先生に
メールでお礼をお伝えしましたが、お忙しい中返答をいただきました。
(ありがたい事です。サインをもらうことも出来たし、本当についています。)

その中でもやはり、

株式投資でも大怪我をしないこと、

が重要といわれています。また、
自分が正しいといった慢心が生まれると要注意

とも言われています。何事も順調に行くと最初の頃の謙虚な気持ちを忘れてしまうのでしょう。

株式投資でうまくいくと、最初の投資をする目的を忘れてマネーゲームに熱中してしまうのが良くないのでしょう。
金持ち父さんの本の中でも、お金を稼ぐことは単調な作業、という意味あいのことが書かれていたと思います。
じっと待つことや、単調な繰り返しを退屈と感じしまう私にとって、順調な今は要注意です。
サラリーマンで本業を優先しなければいけないから、株式投資に時間をかけることが出来ないはずなのに、株価に一喜一憂するようではだめですね。

投資のテクニックを磨く前に、メンタル面をもっと強化しないといけません。

ゴールデンウイークは、ゆったりと心の平安を感じながら
投資を始めた頃の気持ちを思い出しながら、のんびり過ごすことにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

ププタン

ププタンをご存知でしょうか?

ご存知の方は、歴史に詳しい方か、浜島 昭平さんの「ネット投資家の儲け方」を読まれた方でしょう。


詳細はインターネットで検索するか、「ネット投資家の儲け方」を読んでいただきたいのですが、
あるサイトには

「ププタン (puputan) 」
 それは「死への厳粛な行進」である。
 だが、それは、「玉砕」ではないし、「死を賭した最後の抵抗」とも違う。
 なぜなら、それはもはや戦闘行為ではないからである。

それは、一言で言えば「バリ風・滅びの美学」と言ってよいのではないだろうか

とあります。

浜島さんは本の中で、次のように書かれています。

個人投資家も情け容赦のない環境にいる! 相場に参入する個人投資家は、誰の援けも期待できません。 資金量も乏しく、周りは重装備の機関投資家や証券自己、そして、死に向かう女どもや子供たちにも 情け容赦なく銃弾を浴びせ、カメラをむけるオランダ兵や米兵のような外国人投資家に囲まれています。  みなさんには、万一の場合は、「ププタン」にいたる覚悟はおありでしょうか?

非常に含蓄のある言葉だと思います。
長年、投資を経験され痛い思いもされてきながら、勝ち残っておられる方の本音だと思います。
私のような投資経験が短い者はまだ大きなダメージを受けたことはありませんが、
なぜ、短期売買をされるのかもわかるような気がします。

「悲観的に考え、楽観的に行動する」、という言葉を耳にしたことがありますが、投資の世界でもいざという時のことを考えておかないと心が動揺し、あわてふためきとんでもないことをするかもしれません。

強烈な下げ局面において、耐えることができるか、そこで我慢が出来なくなるか?という違いに現れると思います。4月中旬程度の下げで心理的に揺らいでいるようではだめなのでしょう。心理的な強さが本当に大切だと痛感します。

「覚悟を決める」、「頼るのは自分だけ」という浜島さんの忠告を胸に刻んで5月の相場に臨みたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »