« 中国株の状況(上海B株) | Main | iな上司―上司にふりまわされないための12のステップ »

April 20, 2005

中国株の状況(深センB株)

中国株の状況(深センB株)

今日は日経ビジネスの中国株特集を見ていたら、会社の人が寄ってきて「中国株やってるの?」といわれました。隠れ中国株ファンが身近にいることがわかりました。ラッキー。
皆さん、結構隠れてやっているのかもしれません。。

さて、中国株深センB株の状況です。
現在は、下記の2銘柄です。

200539 広東電力(カントン・パワー)
今日は4.04HKD

200022 深セン赤湾港航(チーワンワーフ)
今日は18.15HKD


200539 広東電力(カントン・パワー)

電力施設・変電設備の建設と経営、不動産、建材、石炭などの販売、タクシー業務 沿革経済成長著しい広東省で最大規模の電力会社。2001年末の時点で広東省全体の発電量の10%以上のシェアを持つ。三つの発電所を保有。予算管理、コスト削減強化などを通し収益は安定。典型的なB株優良企業として定評。「西電東送」(西の電気を東に輸送する)プロジェクトで恩恵。本業以外には二つのプロジェクトに株式投資を行い新たな収益構造を育成中。

最初に買ったのは、5.76HKD。その後、6.82、5.95、と買いまして、さらに今年下げている時に3.7で買いました。でも平均は5.3HKD。高い!


200022 深セン赤湾港航(チーワンワーフ)

港湾での積降、荷造り、貨物保税倉庫、陸海運輸、コンテナ輸送 沿革深センを拠点とする港湾サービス大手。本業は港湾での積降、在庫、運輸及び関連サービス。近年、本業以外に手掛けていた不動産業から完全撤退、11社の関連会社を中心に本業に注力する。近年、深センのコンテナ取扱量が増加傾向にあり、同社のコンテナ貨物部門も恩恵を受ける見込み。現在深センにおける港湾取扱量の20%前後のシェアを持つ。

これまでの3銘柄と違って、非常に順調に伸びている銘柄です。
最初に買ったのは13.4HKD、その後3割無償があって、さらに15.79で買いました。
高かったかなーと思いましたが、その後も株価は上昇していきました。平均は13.6HKDくらいです。
他の3銘柄の損を十分カバーしています。
高い株のほうが良く値上がりする、なんていわれますが、そのとおりです。

中国の車メーカーの中で、どれが未来のホンダ、トヨタだろうと考えてもわからないですが、経済が活発になればその分、モノの行き来も活発になるので、港湾での積荷業務を独占的に行っているこの企業はどんどん発展する、というストーリーは大正解でした。今後も成長すると思います。
余裕があれば追加でさらに購入したいです。

|

« 中国株の状況(上海B株) | Main | iな上司―上司にふりまわされないための12のステップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/3786320

Listed below are links to weblogs that reference 中国株の状況(深センB株):

« 中国株の状況(上海B株) | Main | iな上司―上司にふりまわされないための12のステップ »