« 問題な日本語 | Main | 4月の日本株成績 »

April 27, 2005

週末「株」投資で大儲け!

週末「株」投資で大儲け! shuumatukabu-dejima

出島 昇 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
単行本: 272 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478630933 ; (2004/07/02)

以前、本屋の株投資関連コーナーで見つけた本です。
週末株投資、という言葉に惹かれました。

サラリーマンの私には、デイトレードはまず無理だろうということで、週末にする方法であればよさそうだと思ったことがきっかけです。中身は著者独自のテクニカル手法が主体で私には多少難しく、結局この方法は使っていません。
ただし、株投資への基本的な考え方は非常に参考になります。

1、決して人任せにしない。
2、「総強気は売り」を基本に考える。
3、何を買うのかの前に、いつ買うかを見定める。
4、買うべきタイミングは、調整で株価が下がった時。押し目買いが基本。
5、そのためにはまず、全体相場の位置とその意味を知る。
6、全体相場の位置により、テクニカル分析を使いこなす。
7、年2回か3回、必ず訪れるチャンスに集中する。
8、買い一辺倒はだめ。株式投資は「買う、休む、売る」
9、利益確定のための「利食い」基準は重要。
10、損切りのテクニックを知る。

小手先のテクニカルではなく、全体を見渡した上で現在の状況を把握し、休むことも重要とされているのが、大切なことで、どのような手法にも当てはまるのではないでしょうか。無理にトレードする必要がない個人投資家の利点なのに、ついつい自分の射幸心をみたすため、物色している時がある私にはいたい言葉です。

最近、成功している人のやり方を勉強していますが、個人投資家にとっては
”投資スタイルの確立”
が特に重要であることに改めて気付かされます。

この本でも生き残るには「自分の投資スタイルを確立するしかない」と明言されています。株式投資にはデイトレードからウイークトレード、長期投資、バリュー投資など百人百様ですが、自分にあった得意なやり方を極めるのが一番ではないかと思います。その方法を模索するためにイロイロな本を買ったりして勉強していますが、他人の銘柄を参考にする場合でも、情報収集を怠らず、自分なりのストーリーをきちんとつくり行動するなど、先人の知恵のいいところはどんどん取り入れていくつもりです。

試行錯誤の中にある私としては、やり方・手法を真似するだけではなく、自分にあった投資スタイルの確立もあわせて考えてきたいと思っています。

|

« 問題な日本語 | Main | 4月の日本株成績 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/3887544

Listed below are links to weblogs that reference 週末「株」投資で大儲け! :

« 問題な日本語 | Main | 4月の日本株成績 »