« 日本人のためのオフショア金融センターの知識 | Main | 自分の考えを文章にまとめること »

April 11, 2005

コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万

コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万―シリコンバレーで学んだプロの仕事術 WISH BOOKS
kotukotunennshuu300


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/434400339X/qid%3D1113053716/249-2919099-8977120


「稼ぐ人、安い人、余る人」などの著作があるキャメルヤマモトさんの本です。

もし、あなたがずっとやってきた仕事について「私なら半分の値段で、品質も同じか、ちょっと上のレベルのものを提供しますよ」という競争相手が現れたら、あなたはどんな手を打てばいいのでしょうか?

という、問いかけに対して「そんなバカなことなんて」、と笑われる人も多いかもしれません。しかし会社の仕事でもソフト関連はすでにインドの会社に発注すれば日本の半額以下、簡単な製造関係なら中国に発注すれば3割は安くなります。社内の仕事でも、すでに部署単位の仕事ではなくなり、個人名で仕事をすることが多くなっています。私も仕事をお願いする時は○○さんにお願いします、と多少値段が高くても信用のある出来る人に頼みます。著者の言う、給与を下げざるを得ず、年収300万に「安い人」になるか、競争から脱落して「余る人」になるか、それが嫌ならこの本に書いてある62のヒントを参考に「稼ぐ人」になりましょう。

内容はビジネス成功本の類だと思いますが、著者の経験も多く語られており、理解しやすく納得する面も多々あります。
・興味の順番を優先する。
・やりたいこと優先人生
・今やっていることの中にやりたいことがある。
など、私の尊敬する本田健さんや邱先生と言葉は違えど同じような内容も多く語られています。成功している人の考え方は似たようなものなのでしょう。

本は、見開き2ページでひとつの話になっているので読みやすい本です。通勤時間など細切れ時間の活用にいかがでしょうか?

|

« 日本人のためのオフショア金融センターの知識 | Main | 自分の考えを文章にまとめること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90446/3663536

Listed below are links to weblogs that reference コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万:

« 日本人のためのオフショア金融センターの知識 | Main | 自分の考えを文章にまとめること »